『思想初心者の館』「2時間目」例えばジャイアニズム



 思想初心者のための解説「2時間目」を始めます。

 1時間目で思想について簡単に説明しました。ここでは、一つの思想の例として、「ジャイアニズム」について考えてみます。

 ジャイアニズム(Gianism)とは、超有名作品『ドラえもん』に登場するガキ大将のジャイアンこと剛田武の思想のことです。作中のジャイアンの言動に対し、ギャグで名づけられたのがジャイアニズムという思想です。簡単に言うと、ジャイアンのセリフ「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」という考え方のことです。作中において、のび太という登場人物が、ジャイアニズムによって被害を受けて話が展開することが多々あります。

 ジャイアニズムは、エゴイズム(利己主義)とほとんど同じです。エゴイズムとは、自己の利益を重視し、他者の利益を軽視したり無視したりする考え方のことです。そのため、自分の所有権は当然のこととして主張し、他人の所有権を否定し、他人の所有権を自分の所有権として主張してしまうわけです。

 ジャイアンの母親、通称「母ちゃん」は、ジャイアンが恐れている人物です。母ちゃんは雑貨店を営んでいることもあり、息子であるジャイアンに店番をさせたりします。ジャイアンは、「俺はかーちゃんの奴隷じゃないっつーの!」というセリフを言ったりします。ジャイアニズムは、他人を奴隷化しようとしますが、自分が奴隷になるのは嫌だという、非情に自己中心的な思想なのです。

 ただ、ここで注目すべきポイントは、彼が自己中心的なことを「語る」ということです。他人へ向かって、おまえは俺の奴隷だぞ、でも、おれは自分が奴隷になるのは嫌だぞ、ということを語っているのです。相手に向かって何かを語るということは、一応は、相手が言葉の意味を理解しているということを前提にしています。言葉の意味が分かる相手に対して、自分の考えを示しているのです。ここに、思想のポイントがあります。

 つまり、思想は、自分ではない他人に「語る」ことで、相手との関係を築くという営みだということが分かります。ここ、ポイントですよ。

 例えば、何も言わずにいきなり他人の持ち物を取り上げたら、取り上げられた方は困惑します。気が触れたのか、意図的にそうしているのか分からないからです。しかし、「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」と語ることで、俺は意図的にお前の持ち物を、俺の所有物にするぞということを相手に理解させているのです。

 ジャイアンは、ジャイアニズムを実践するために暴力を使います。自分の腕力によって、相手を屈服させることができれば、あいての持ち物を自分のものとすることに成功します。一方、母ちゃんに対しては腕力でかなわないため、店番をさせられる、つまり、奴隷化させられてしまうわけです。

 さて、ジャイアニズムは、思想として、自分の思想にするに値する思想でしょうか?

 その答えは、YESでもあり、NOでもあります。ジャイアンは、のび太に対しジャイアニズムを振るいますが、のび太はドラえもんに助けを求めます。ドラえもんは不思議な道具をのび太にあたえ、ジャイアンは痛い目をみます。ついでに、調子に乗ったのび太も痛い目を見てオチとなるのが、この作品の特徴です。この展開を見る限り、ジャイアニズムは成功確率の低い思想だと言えそうです。

 もちろん、現実にドラえもんはいませんが、代わりに、現実には警察や軍隊などの(暴力に対抗するための)権力機構が存在します。そのため、一国の軍事力に匹敵するレベルの暴力を有していないと、ジャイアニズムを実践し続けることは非情に難しいと言えそうです。つまり、極めて強力な暴力を有していないなら、そう簡単にはジャイアニズムを実践することはできないのです。そのため、色々な工夫が必要になってくるでしょう。でも、色々と小細工を労するようになると、それはジャイアニズムとは別の思想になってしまう気がします。

 以上の考察から、本授業では、ジャイアニズムをあまりお勧めできない思想に分類することにします。



【補習】

 まあ、こんな説明読むよりも、『ドラえもん』を読めば分かるよ。





 3時間目 大切なことって何だろう? へ進む



 思想初心者の館 へ戻る

 論文一覧 へ戻る


コメントする

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本