TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

レオン・ワルラス『純粋経済学要論』


  レオン・ワルラス(Marie Esprit Léon Walras, 1834~1910)は、フランスの経済学者です。ローザンヌ学派の始祖でもあります。限界効用理論を提出し、ジェボンズやメンガーと並ぶ近代経済学の創始者の一人と呼ばれています。


第一節 『純粋経済学要論』の経済学
 『純粋経済学要論』は、ワルラスが1874年から1877年にかけて著したものです。

 

第一項 純粋経済学
 ワルラスは、純粋経済学について次のように説明しています。


 純粋経済学は本質的には絶対的な自由競争という仮説的な制度の下における価格決定の理論である。稀少であるために、いい換えれば効用をもつとともに量が限られているために価格をもつことができる物質的、非物質的なすべての物の総体は、社会的富を形成する。純粋経済学が同時に社会的富の理論でもあるのはこのゆえにである。


 この純粋経済学においては、〈交換の理論によって消費目的物と消費用役の価格を決定し、生産の理論によって原料と生産用役の価格を決定し、資本形成の理論によって固定資本の価格を決定し、流通の理論によって流動資本の価格を決定する〉と考えられています。

 

第二項 均衡市場価格
 ワルラスは、均衡市場価格について次のように考えています。


 需要が供給を超える財の価格は引上げられ、供給が需要を超える財の価格は引下げられる。このようにして叫ばれた新しい価格に対して各交換者は新しい量を供給し需要する。そして価格はまたもや引上げられ、あるいは引下げられて、遂に各財の需要と供給が一致するに至るまでこのことが続けられる。この場合に価格は均衡市場価格となり、交換が実行せられる。


 さらに、〈均衡市場価格は各用役または生産物の需要と供給が等しくなるような価格であり、これに加えて、各生産物の売価を生産用役によって構成せられる原価に等しからしめるような価格である〉とも説明されています。経済学で有名な需要と供給の関係が、均衡市場における価格によって示されているのです。


第三項 数学的理論
 ワルラスの手法は、数学的理論を経済学に持ち込んでいることに大きな特徴があります。そこには、単に数学を利用するというだけではなく、数学を使うことが良いことだという考えが示されているように感じられます。


 これらの理論のすべては数学的理論である。すなわち、たとえその説明は普通の用語ですることができるとしても、その証明は数学的になされなければならない。この証明は全く交換の理論を基礎としており、交換の理論は、市場の均衡状態における二つの事実にすべて要約することができる。それはまず各交換者が最大効用を獲得すること、つぎにすべての交換者にとっての各商品の需要量と供給量とは等しいということである。われわれは数学によってのみ効用の最大の条件を知ることができる。数学によって、各交換者に対し各消費目的物または消費用役についてそれらの満たされた最終の欲望強度すなわち稀少性を消費量の減少関数として表わす方程式または曲線を作ることができる。


 ワルラスの数学への信頼感は、〈そして数学によってのみ、交換においてだけでなく、生産、資本形成、流通においても、なにゆえにまたいかにして、需要が供給を超過するところの用役、生産物、新資本の価格を引上げ、供給が需要を超過するところのそれらの価格を引下げることによって均衡の市場価格に達するかを知ることができる〉と言うにいたるのです。
 数学と経済学を結び付けることに反対する意見に対し、ワルラスは次のように述べるのです。


 数学を知らず、数学とは何であるかということさえ正確に知らないで、数学は経済学の原理の解明に役立たないと決め込んでいる経済学者についていえば、「人間の自由は方程式で表わすことはできない」とか、「数学は精神科学においてはすべてである摩擦を捨象する」とか、その他同様の力しかない他愛もないことを繰り返していっているだけである。彼らは自由競争における価格の決定の理論が数学的理論ではないと主張することはできない。


 ワルラスは、〈純粋経済学は物理数学的科学と全く類似した科学である〉と述べ、〈純粋経済学すなわち交換価値と交換の理論、いい換えれば社会的富の本質を考察する理論が、力学や水力学のように物理数学的科学であるとするならば、数学の方法と用語を用いるのに躊躇する必要はない〉と語っています。
 ここで重要なことを指摘しておきます。〈数学は経済学の原理の解明に役立たないと決め込んでいる経済学者〉の言い分に対し、ワルラスの反論は反論になっていません。確かに、数学は経済学の原理の解明に役立たないと言うことも不可能でしょうし、価格の決定の理論が数学的理論ではないと証明することも不可能でしょうが、彼らが他愛もないことを言っているわけでもないのです。彼らの言い分にも重要な論点が含まれているのであり、少なくともそれを馬鹿にするだけの論拠をワルラスは提示できてはいないのです。
 社会的富の本質を考察する理論は、力学や水力学のような物理数学的科学と同じではないからです。力学や水力学では考慮しなくてもよい要素が、社会的富の本質には含まれているのです。

 

第四項 応用経済学と社会経済学
 ワルラスは純粋経済学に続いて、応用経済学と社会経済学を合わせて三部作の構想を持っていました。
 応用経済学については、まず、〈物質的または日物質的なもの(ものが物質的であるか非物質的であるかはここでは問題でない)であって稀少なもの、すなわち一方においてわれわれにとって効用があり、他方において限られた量しか獲得できないもののすべてを社会的富と呼ぶ〉と定義されています。その上で、〈社会的富の経済的生産の理論、すなわち分業を基礎とする産業組織の理論は応用科学である。われわれがこれを応用経済学と名付ける〉と説明されています。
 また、社会経済学については、〈一つの科学が各人に彼に属するものを取得させることを目的とするならば、それは確かに社会的富の分配の科学であり、私のいう社会経済学である〉と説明されています。
 結局のところ、ワルラスの生前には、応用経済学と社会経済学の本は完成しませんでした。

 

第五項 供給と需要の法則および生産費の法則
 アダム・スミスの『国富論』では、使用価値が高い水よりもダイヤモンドの方が交換価値が高いことが疑問視されていました。ワルラスなどの「限界革命」において、その答えは稀少性に求められることになります。
 まず、〈交換価値はあるものがもつ性質であり、無償で獲得せられることも譲渡せられることもなく、売買せられ、他のあるものに対して一定の割合の量で授受せられるという性質である〉と定義されています。さらに、〈価値があって交換せられるものはまた商品と呼ばれる。市場は商品が交換せられる場所である〉と定義されています。
 その上でワルラスは、〈交換価値は、自由に放任せられる限り、自由競争の支配を受ける市場において自然に発生する。交換者は、買手としては互いにより高く需要しようとし、売手としては互いにより安く供給しようとする。これらのせり合いから、あるいは上向きのあるいは下向きのあるいは静止する、商品の交換価値が生れる〉と述べています。
 ここに、ワルラスの言う〈市場における競争のメカニズム〉がどのようなものであるかが示されることになるのです。まず、〈二商品相互の間の交換における有効需要供給の法則または均衡価格成立の法則〉が示されます。続いて、〈価値尺度財を仲介として行なわれる多数の商品の間の交換の場合における均衡価格の成立の法則〉が定立化されます。さらに、〈均衡価格変動の法則〉が示されます。ワルラスは、〈これを均衡価格成立の法則と結合すれば、経済学において 供給と需要の法則 と呼ばれる法則の科学的な方式が得られる〉と述べています。
 ここにおいて、交換価値と稀少性の関係が次のように示されることになるのです。


 市場価格すなわち均衡価格は稀少性の比に等しい。
 他の言葉でいえば、
 交換価値は稀少性に比例する。


 
 さらにワルラスは、〈生産の均衡価格の成立の法則〉を示した上で、〈この法則を適当に一般化された均衡価格変動の法則と結合すれば、 供給と需要の法則および生産費の法則 の二つの法則の科学的方式を得るであろう〉と述べています。


第六項 時間・静態・動態
 ワルラスの純粋経済学のような数学的理論においては、時間をどのように取り扱っているかに注意が必要です。
 例えば、[第20章 生産方程式]でワルラスは、〈この遅れを純粋に単純に捨象する〉と述べています。この箇所から、ワルラスの均衡概念における時間の不在を指摘することができます。
 また、[第29章 流通および貨幣の方程式]においてワルラスは、〈問題の与件である所有量、効用曲線すなわち欲望曲線が時間の関数として変化すると仮定すればよい。固定した均衡は可変的すなわち移動的な均衡に変化するが、それは攪乱されても自然に均衡を回復する〉と述べています。ここから、静態から動態への移行の可能性を指摘することもできます。

 

第七項 自由競争の原理
 自由競争の原理について、ワルラスは次のように述べています。

 

 今日までの経済学者は彼らの自由放任を証明することをしないで、ただ国家の干渉をこれまた証明することなく主張した新旧の社会主義者に対抗して、これを主張するだけであった。このようにいえば、ある気短な人達に逆うことになると思われよう。しかし私に問うことを許されたい。経済学者が自由競争の結果がどのようなものであるかということを知らないとしたら、自由競争の結果が有益で有利であることをどうして証明することができようかと。そしてまた、定義も与えず、このことを証明するのに関係のある法則を形成することもしないで、どうして上のことを証明することができようかと。これが私の主張の先験的な理由である。その外に次のような経験的理由がある。一つの原理が科学的に確立せられたとき、その結果としてなし得る最初のことは、この原理が適用される場合と適用されない場合とを見分けることである。そして逆にいえば、経済学者がしばしば自由競争をその正しい領域を超えて拡張しているのは、この自由競争の原理が証明せられていないことのよい証明であることは疑いを容れない。

 

 ここには、ワルラスの経済観があからさまに示されています。〈自由競争は生産費を最小ならしめる〉と述べられている箇所も注目に値します。
 ワルラスは数学的理論によって証明されていることを重要視していますが、その根拠は不十分です。その理由は簡単で、数学的理論によって描かれたモデルと数学的理論によって描くことができてないモデルは、科学的には比較不可能だという当たり前の話です。そのとき、数学的に理論化できたモデルに優位性を持たせることは、科学的な態度ではないのです。 

 

第八項 絶対的自由競争の仮説
 ワルラスが『純粋経済学要論』で示したかったことは、次のような言葉に表れていると思われます。


 これまでのわれわれのすべての結論は、ただ一つのそして独自の仮説、すなわち交換、生産および資本形成に関する絶対的自由競争の仮説のもとに得られたものである。そこで、われわれが知り得たことは、自由競争の結果である。しかし、経済学者がしばしばいっていること、あるいはいっているように見えることが何であろうと、自由競争は産業組織の唯一の可能な形態ではない。その外に、統制、公定価格、特許、独占などの形態がある。自由競争とこれらの他の諸形態との間の選択を行なうために、そしてもし望むならば、自由競争をこれらの他の諸形態に優るものとするためには、そしてまた、その原因のすべてを知った上でこの判断をしようとするならば、それらの結果をも知ることが必要である。そして、さらにその上に、この応用上の理由からでなく、学問上の好奇心の理由からいっても、社会組織の可能な種々の形態の自然で必然的な結果を研究する必要がある。

 

 ここの言葉を参考に、ワルラスの経済学について考える必要があります。『純粋経済学要論』の記述だけだとワルラスが自由主義者のように感じられるかもしれませんが、ワルラス自身は自分のことを社会主義的民主主義者と呼んでいました。

 

第二節 『純粋経済学要論』の問題点
 ワルラスは、一般均衡理論を経済学ではじめて明確に定式化した人物だと言われています。一般均衡問題における数学的な解法は、方程式の数と未知数の数を一致させることで体系の解を導くというものです。
 例えば、需要と供給が価格の変動によって均衡するという性質が前提されています。方程式の数と未知数の数を一致させるという方法は、ワルラスの方程式のすべてに共通していますが、ここには大きな問題があります。
 まず、その方法が恣意的であるという批判は避けられません。これらの恣意的な前提を満たすために、かの悪名高き合理的な経済人が想定されることになるのです。その体系は閉鎖系であり、政府が不必要というか、政府が存在しないものになっています。時間の効果もほとんど無視されることになります。人間が貨幣に対して抱く心理も、人間の満足感についても、ほとんど考慮されていません。そもそも、不確実性が考慮されていません。
 さらに、無理矢理に方程式の数と未知数の数を一致させたとしても、意味のある均衡解が導かれるとは限らないわけです。
 経済を数学的に記述するためには、記述できなかったり、記述が難しかったりする邪魔な要素を排除するしかなくなるのです。そして、数学的な記述にとって邪魔な要素とは、人間にとって極めて重要なものがほとんどなのです。
 そうだとするなら、人間にとって重要なほとんどを排除した数学的な体系とは、いったい何なのかという疑問が浮かびます。

 

第三節 『純粋経済学要論』から学ぶべきこと
 経済学に限りませんが、現実の世界に数学を応用する場合には注意が必要です。
 世界は複雑なため、世界を数学的に記述することには困難がつきまといます。その困難を除去するために、世界の一部を近似するという操作が行われるのです。
 数学的理論を活用する場合には、特定の領域を近似するという設定について考慮しておくことが重要です。その設定をしっかりと考慮していれば、数学的理論は多大な利益をもたらしてくれることもあります。考慮が十分でない場合は、設定外の影響によって多大な被害を受けてしまうこともあるのです。
 どのような近似設定をどのように活用するかによって、数学的理論は人類に恩恵をもたらしたり厄災をもたらしたりするのです。そこには、科学的な考え方も重要になってきます。その際に注意すべきは、数学的理論が数学で表されていない理論よりも優れているなどという意見は、科学的ではありません。
 数学的理論により素晴らしい世界が描かれたとして、世界をその理論に適合するように変えようとする行為には、ある指向性が隠されています。その指向性は、数学的な理論化のために除外された要素です。除外した要素を密輸入することによって、数学的理論によって描かれた世界のように現実世界を変革すべしという意見が可能になるのです。そこには、大きな落とし穴が待ちかまえているように思えてならないのです。


 

 

 

 エコノミクス考察 へ戻る

 論文一覧 へ戻る


ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK