TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:熊沢蕃山『大学或問』の章

 

 熊沢蕃山(1619~1691)は、江戸前期の儒学者です。著書である『大学或問』から、蕃山の経済論を見ていきます。『大学或問』は、経世済民政策が論じられており、幕政批判を含んでいたため蕃山が幽閉される原因となりました。

 

第一節 仁政と富有
 蕃山は、〈仁政を天下に行はん事は、富有ならざれは叶はず〉と述べています。善き政治は、裕福でなければ不可能だというのです。このことは、〈問、政とは何ぞや。云、富有也〉と端的に示されています。

 

第二節 小富と大富
 富の考え方について、二つの場合が挙げられています。〈世間の富有は己を利すれば人を損じ、己よろこべば人うらむ。国君富有なれば国中うらみ、大君富有なれば天下恨む。小富有なればなり。大道の富有は、国君富有なれば一国悦び、大君富有なれば天下悦ぶ。大富有なれば也。天長地久んしいて子孫福禄を受、令名後世に伝へて、身安く心楽みあり〉と語られています。小富はゼロサムゲーム的に自分の利益が他人の不利益になる場合であり、大富はすべての人が裕福になるような場合が想定されています。

 

第三節 困窮の連鎖
 一つの階級の困窮が、悪循環で他の階級にも連鎖する可能性が指摘されています。〈諸侯不勝手にて、武士困窮すれば、民に取事つよくて、百姓も困窮す。士民困窮すれば、工商も困窮す。しかのみならず浪人餘多出来て飢寒に及びぬ。是天下の困窮也。天下困窮すれば、上の天命の冥加おとろへぬ。天命おとろへては、いかんともする事なし〉とあります。困窮が一定限度を超えると、うてる対策もなくなってしまうというのです。

 

第四節 農兵制
 具体的な政策の一つとして、農兵制が挙げられています。〈士を民間に入さまに成て、民に免一寸ゆるし給ふべし。此の如く自然に高免に成て、民の悴たるは、士とはなれたる故也。士の在々に在付やうにすべし。又士の心得にも、此後子々孫々生死を共にする譜代の民なれば、民の為あしからぬやうにたしなむべし〉とあります。武士が農民の間に入り、年貢の一割軽減する案です。武士と農民の分離が悪かったのであり、武士は農村に住むべきだというのです。そうすれば、子々孫々にわたって武士と農民が結びつくため、民を大事にするようになるというのです。

 

第五節 富有と天下
 〈富有は天下の為の富有なり〉とあります。裕福さとは、天下のための裕福さだというのです。
 そのため、〈仁君の貨を好むは大なり。富有大業をなす天下、君の貨を好む事をたのしめり。これ貨を以て身をおこすなり〉と述べられています。仁ある君主が財貨を好むのは偉大であるというのです。財貨によって経済をまわし、名声を得ることが奨励されています。
 その上で、〈聖賢なれざれば、天下を平治する事あたはざるには非ず。貨色を好むの凡心ありといへども、人民に父母たる仁心ありて、仁政を行ひ、其人を得て造化を助る時は仁君也。天職を務めて天禄を得る事久し〉と語られています。聖人君子でなくとも政治はできるのであり、財貨などを好んだ凡人であっても、人民の父母としての仁があり、部下をともなって万物の生成発展を助ける政治ができるというのです。天職を務めて、天の恵みを得るのです。

 

第六節 豊年と凶年
 年ごとに、さまざまな条件が異なります。そのため、〈豊年の時に行て凶年の備となすべき事なり〉とあり、〈凶年至りては富有大業の仁政もなしがたし〉と語られています。凶年には事業をし難いため、豊かな年に凶年の備えをすべきだというのです。

 

第七節 『大学或問』考
 熊沢蕃山の『大学或問』には、経済について論じられています。
 蕃山は、政治には裕福さが必要だということを率直に述べています。裕福な政治として、ゼロサムゲームではなく、皆が豊かになる経済が目指されています。そのために、困窮の連鎖を警戒し、農兵制などの案を提出しています。さらに政治における財貨の重要性を説き、豊かな年に備えをしておくことの重要性を指摘しています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK