TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:本居宣長『秘本玉くしげ』の章

 

 本居宣長(1730~1801)は、江戸中期の国学者です。
 宣長は、弟子を通じて紀州藩主から政治的助言を求められた際に、『玉くしげ』と『秘本玉くしげ』を執筆しています。『玉くしげ』には国学の理念が、『秘本玉くしげ』には実際的な政治や経済の具体策が書かれています。

 

第一節 時世と先規
 宣長は、〈惣體世の中の事はいかほとかしこくても、人の智恵工夫には及ひかたき所のあるものなれは、たやすく新法を行ふへきにあらす〉と述べています。世界全体に対しては、どれほど賢くても対応できないため、安易に新しいことに手を出すことを戒めているのです。
 続けて、〈すへての事、たた時世のもやうにそむかす、先規の有来りたるかたを守りて、これを治むれは、たとひ少少の弊は有ても、大なる失はなきもの也。何事も久しく馴来りたる事は、少少あしき所ありても、世人の安んするもの也〉とあります。時世に沿って、先人の規範を守れば、少しの弊害はあっても大きな失敗はないというのです。馴れている事柄は、少し悪いことがあっても世間の人は安心するというのです。

 

第二節 根本の道理
 道理については、〈根本の道理によりておこなふときは、まはり遠き如く、却て思ひの外に速に其験ありて、よく行はるる事も有〉とあります。道理に適っていれば、急がば回れになるというのです。
 続けて、〈或は當分はそのしるしみえされとも、つひにその験あらはれて、永久に行はれ、或は目に見えてはしるしなきやうにても、目に見えぬ所に、大なる益ある事なともあるなり〉とあります。すぐに効果が表れなくても、最後には効果が表れて続いたり、あるいは、効果が目に見えなくても、見えないところに効果が表れたりしているというのです。

 

第三節 百姓の困窮
 百姓の困窮については、〈近来百姓は、殊に困窮の甚しき者のみ多し。これに二つの故あり。一には、地頭へ上る年貢甚多きか故也。二つには、世上一同の奢につれて、百姓もおのつから身分のおこりもつきたる故也〉とあります。困窮の二つの理由として、年貢の多さと贅沢が挙げられています。
 宣長は、〈不便に思召て、有来りたる定まりの年貢の上を、いささかもまさぬやうに、すこしにても百姓の辛苦のやすまるへきやうにと、心かけ玉ふへき事、御大名の肝要なるへく、下下の役人たちまても、此心かけを第一として、忠義を思はは、随分百姓をいたはるへき旨を、常常仰付らるへき御事にこそ〉と述べています。百姓をいたわって、年貢を増やさないようにするのが上の役目だというのです。
 そのため、〈抑此事の起るを考るに、後にいつれも、下の非はなくして、皆上の非なるより起れり〉と語られています。下には非はなく、非は上にあるというのです。

 

第四節 民と国と天下
 利益について、〈平民の身一分のうへにては、いかにも何わさをしてなりとも、金銀を得る事の多きか利なれとも、上に立て民を治むる人の身にとりては、領内おしならして利益あることならては、損ある也〉とあります。平民にとっては金銀を得ることが利益ですが、治民の立場では領内全体に利益がなれば損だというのです。個人における経済と国家における経済には、差異があるというのです。
 さらに、〈天下と一國一國との差別あり。たとへは何にもせよ、世上に無益の奢のために用る物を多くつくり出す國あらんに、これは天下のうへよりいへは損なれとも、其國にとりては損にあらす〉とあります。国家経済と世界経済には、差異があることが示されています。
 その上で、〈天下と一國一國との上にて、その趣のかはる事、外にも多し。さて又、交易のために商人もなくてはかなはぬものにて、商人の多きほと、國のためにも、民間のためにも、自由はよきもの也。然れとも、惣して自由のよきは、よきほと損あり。何事も自由よけれは、それたけ物入多く、不自由なれは物入はすくなし〉とあります。交易には商人が必要であり、商人がたくさん居れば自由は広がるというのです。ただし、自由すぎることによって、不自由になることもあるというのです。便利だと出費が多く、不便だと出費が少ないということもあります。

 

第五節 貧富の動き
 富については、〈富る者はいよいよますます富を重ねて、大かた世上の金銀財寳は、うこきゆるきに富商の手にあつまること也〉とあります。富は富を生むことが語られています。世間の金銀財貨は、流通して富裕層へと集まるというのです。
 続いて、〈富める者、商の筋の諸事工面よき事は申すに及はす、金銀ゆたかなるによりて、何事につけても、手行よろしくて、利を得る事のみなるゆゑに、いやとも金銀は次第にふゆる事なるを、貧しき者は、何事もみなそのうらなれは、いよいよ貧しくなる道理也〉とあります。富裕層は、商売において有利な立場にあるのに対し、貧乏人はそうではないのでさらに貧しくなるというのです。
 ただし、〈惣して今の世は、大抵利を得る事は難くして、損はしやすき時節なるゆゑに、富商は随分金銀をへらさぬ分別を第一として、慥なるかたにつく故に、まつは減する事はすくなくて、とにかくにふゆる方おほき也。さてそれも少し不廻なる方に趣くときは、又万事みな右のうらへまはる故に、鉅万の金銀も消やすき事も、又春の雪の如し〉とあります。富裕層は、金銀を減らさないように確実な方を選ぶため、財産が減ることは少なく増える方が多いというのです。しかし、良くない方に傾くと逆へ働くため、巨万の富も雪のように消えやすくなることもあるというのです。

 

第六節 財産の配分
 財産については、〈世上の金銀財寳は、とかく平等には行わたりかたきものにて、片ゆきのするは、古今のつねにて、ほとよく融通するやうにはなりかたき事也〉とあります。世間の財産は平等ではなく、遍在しているのは古今の常であり、ほどよく流通するようにはならないというのです。
 そこで、〈上に立て治め玉ふ人の御はからひを以て、いかにもして、甚富る者の手にあつまるところの金銀を、よきほとに散して、専ら貧民を救ひ玉ふやうにあらまほしきもの也〉と語られています。為政者が富裕層の財産を分配し、貧困層を救うべきことが説かれています。
 続けて、〈但しその散しやうは、その者の歸服して、心から出すやうにあらては、おもしろからす。いかほと多く蓄へ持たれはとても、これみな、上より玉はりたるにもあらす、人の物を盗めるにもあらす、法度に背きたる事をして、得たるにもあらす、皆これ、面面の先祖、又は己か働きにて得たる金銀なれは、一銭といへとも、しひてこれを取へき道理はなし〉とあります。財産を分配するといっても、富裕層の納得のいく方法でなければならないとされています。蓄えが多いといっても、違法な手段で獲得したものではなく、先祖や自身の努力で得たものであるから、一銭も無理に取り上げてはならないというのです。
 さらに、〈とにかくに、しひてこれを召んことは、心よからす、又其金銀を他の事に用ひんも、心よからす、ひたすら貧民を救はまほしきこと也。上より民を救ひ玉ふ御仁政の専行はれて、貧民其御めくみを有かたく存し奉る様子を見は、仰付られす共、おのつから富人は、救ひの志出来へきこと也。さてもし志ありて、貧人を救ふ者あらんには、そのほとほとに厚くこれを賞美したまはは、いよいよ相はけみて救ふ者多かるべし〉とあります。無理に財産を没収してはならず、徴収した財産は済民に用いるべきだというのです。貧民が救われる様子を見れば、富裕層にも済民の志が出来てくるはずだというのです。その行為を称賛すべきことも勧められています。
 宣長は、〈貧民を救ひて賞せられんは、世の中の人の甚悦ふ事なれは、そねみにくむ者はなくして、これをうらやむもののみ多かるへし。此所をよく考へて、富人の金銀を散して、貧民を賑はすへき仕方はあるへき事也〉と述べています。済民に称賛が加われば、妬む者は減り、羨む者は増えるというのです。財産を分配して、貧乏人を潤す方法はあるはずだと考えられています。

 

第七節 人間の分限
 分限については、〈人は何事も、その身の分限相應にするかよき也。分限に過て奢るかわろき事は、申すに及はす、又あまり降して輕くするも、正道にはあらす。大名は大名相應に、御身を持玉ふよし〉とあります。人間は身分相応にするのがよく、地位に応じた振る舞いが求められるというのです。
 倹約についても、〈倹約を心かくれは、おのつから悋嗇きかたに流れやすきものにて、必すすへき事をも、止てせす、人にとらすへきものをも惜みてとらさす、甚しき者は、人のものをさへ、奪はまほしく思ふやうの心にもなりやすし。然に此所をよく心得て倹素にして、しかも悋嗇に流れぬやうには、ありにくきもの物也〉と語られています。倹約を心掛けるとケチになりがちで、必要なものも止めて心もすさむというのです。そのため、質素倹約で、かつケチにならないのは難しいとされています。
 続けて、〈殊に上にたつ人なと、此のわきまへなくして、悋嗇なるときは、下の潤ひかわきて、甚よろしからす。されは倹約も實には宜しき事のあらす。とかく上中下、各身分相應にくらすかよき也〉とあります。上に立つ者がケチであるときは、下の者が潤わないのでよくないというのです。倹約にも宜しくないことがあり、人間は上中下の各身分に応じて暮らすのがよいというのです。
 物事の限りについては、〈ものはかきり有て、のほりきはまる時は又おのつから降ることなれは、いつそは又、本へかへる時節も有へきに、されと此世上の奢りなとの、左様に自然と質素の方へかへるといふことは、まつは何そ變なる事なとのなくては、かへりかたきことなれは、その變の有て、自然とかへるを、安閑として待居るへきにもあらす〉とあります。物事には限りがあるので、上がりきれば自然に下がって本来の形に戻ります。しかし、世間の贅沢などは変化がないと戻らないため、変化を待って自然と戻るのをただ待っているわけにはいかないというのです。
 続けて、〈されは、上にたつ人は、随分なるへきたけは工夫をめくらして、自他奢の長せさるやうに、少しつつにても、質素の方へかへるやうに、はからひ玉ふへき也。すこしつつにても、質素の方にかへりて長することなけれは、起るへき變事もおこらすして、長久に無事なるへし〉とあります。上に立つ者は、自他共に贅沢にならず質素になるように計るべきだというのです。質素が長く続けば、無事がもたらされるというのです。

 

第八節 実体経済と資本経済
 商人の活動について、〈商人なから、物の交易をもせす、たた金銀のうへのみを以て世を渡る者も、おひたたしく、富人は別してこれによりて、ますます富を重ぬること甚し〉とあります。商人が実体経済に関わらず、資本経済で利益を上げることについて語られています。
 続けて、〈惣して、金銀のやり引しけく多き故に、世上の人の心、みなこれにうつりて、士農工商、ことことく己か本業をはおこたりて、たた近道に手早く、金銀を得る事にのみ、目をかくるならひとなれり〉とあります。資本経済が多くなれば、世間の人は楽に稼げると思って本業をおろそかにすると考えられています。
 さらに、〈世に、少しにても金銀の取引にて利を得る事あれは、それたけ、作業をおこたる故、世上の損也。いはんや業をはなさすして、たた金銀の上のみにて世を渡る者は、みな遊民にて、遊民の多きは、國の大損なれは、おのつから世上困窮の基となれり〉とあります。資本経済によって、実体経済をおろそかにするのは世の中の損だというのです。実態経済をせずに、資本経済にかたよれば自然と世の中は困窮していくというのです。

 

第九節 国政の対策
 世の中の害については、〈天下のため、國のために害なる事、世に多し。其中に、實は大に害あれとも、害と見えさる事もあり。又ここには?あれとも、かしこに害あることあり〉とあります。害があるか無いかは見えないこともあり、利益に害が付随することもあるというのです。
続けて、〈又當分は?あるやうなれとも、後日に大害となることあり。これら皆、人の惑ふこと也。國政をとらん人、つねに心を付らるへし〉とあります。短期的には害がなくても、長期的な害になることもあり、これらは人が惑わされるところなので為政者は注意すべきだとされています。
 善悪については、〈たたつねつね、善事はそのかたのくつれぬやうに、止ぬやうにはからひ、惡き事は少少つつも消するやうに、長せぬやうにと、心かけ、さて又新規に始めんとする事は、よくよく考へて、人人の料簡をもきき、他國の例なとをも聞合せ、諸人の歸服するかせぬかをよく勘へて、行ふへし〉とあります。善事は形が崩れぬように止まぬようにし、悪事は消えるように続かぬように心掛けることが説かれています。新しいことは、考慮し、他人の意見を尊重し、他国の事例を参照して、皆が納得するかしないかを考えて行うべきだというのです。
 緊急事態については、〈さしつまりてやむことを得さるときは御家中の禄を、年を限りて減じ給ふより外の上策はなし。これ、當然のあたりまへ也〉とあります。やむを得ないときは、給与を下げるしかないというのです。
 ただし、〈なるへきたけは、此事はなくてあらまほしきものなれとも、上の御身分につきたる御物入ともをも、なるへきたけ省略減少せられ、はしはしくまくままて、御手をつめられて、このうへやむことを得ぬときは、此法より外に、作略は有ましきこと也〉と語られています。なるだけ給与は減らしたくないが、あらゆる支出を抑えて、それでもやむを得ないときはしょうがないとされています。

 

第十節 意見
 宣長は、〈大小の事、何によらすよき料簡あらは、たとひ輕き人なりとも、少しも憚ることなく、申出るやうに、有たきもの也〉と述べています。良い考えがあれば、身分に依らず申し出るような環境が良いとされています。
 そのため、〈とかく御政務につきては、御前へ出たる人、あまりに憚り恐れす何事もうちくつろきては料簡を申上るやうにし、輕き役人をも近く召れて、心やすく何事をも申上るやうに、あらまほしきもの也〉と考えられています。政治の意見については、はばかることなく、身分の低い人でも気安く言えるようにすべきことが説かれています。

 

第十一節 賄賂
 賄賂については、〈すへて世中に此筋盛んなるゆゑに、おのつから國政正しくは行はれかたく、又上に損失ある事おひたたしく、下にも損害甚多し〉とあります。賄賂が盛んだと、国政が正しく行われず、上も下も損害が激しいというのです。〈國政の大害、下民の大害、此賄に過たるはなし〉というわけです。
 さらに、〈そもそも賄はつかふ者にはとかなくして、罪は取者にある事なれ共、取者をのみ制しては、止かたけれは、つかふ者をいましむるも、一つの權道なるへきにや〉とあります。賄賂を止める方法として、贈る者も受け取る者も罪に問うことが挙げられています。

 

第十二節 時代
 宣長は、〈諸事をいかやうにつめてなりとも、物入の少なきやうにして、是非とも御収納にて何事も事足るやうに相はたらかんそ、肝要なるへき〉と述べています。いろいろと工夫して、収入に見合った生活が肝心だというのです。
 そのためには、時代というものが関わってきます。〈時代のうつるにつきては、世中のもやう、人の氣質なともうつりかはるものなれは、昔の法のままにては今は宜しからさる事もあるへけれは、其時代時代の世中のもやう、人の氣分なとをよく辨へて、昔の法をもこれに引當て考ふへき也〉と語られています。時代が移ると、世の中の様子や人の気質も変わります。そのため、昔のままでは今に合わないこともあるため、その時代に合わせて昔のやり方を当てはめて考えるべきことが説かれています。

 

第十三節 『秘本玉くしげ』考
 本居宣長の『秘本玉くしげ』には、経済についての方策が示されています。
 宣長は、安易に新しいことに手を出すことを戒め、時世に沿って先人の規範を守り、道理に適うように急がば回れと説いています。効果が表れなくても、最後に表れたり、見えないところに表れたりすることが指摘されています。
百姓の困窮については、年貢の多さと贅沢が原因として挙げられています。年貢を増やさないようにするのが上の役目であり、下には非はないというのです。
 利益については、個人経済と国家経済と世界経済には、差異があることが認識されています。
 交易には商人が必要であり、自由が広がります。ただし、自由すぎることによって不自由になることもあると指摘されています。便利だと出費が多く、不便だと出費が少ないということもあるからです。
 富については、富が富を次々と産み出すことが語られています。金銀は流通して、富裕層へ集まるというのです。しかし、良くない方に傾くと逆へ働くため、巨万の富も雪のように消えやすくなることもあるというのです。
 世間の財産は平等ではないため、為政者が富裕層の財産を分配し、貧困層を救うべきことが説かれています。それには、富裕層の納得のいく方法でなければならないとされています。
 分限については、人間は身分相応にするのがよく、地位に応じた振る舞いが求められています。上に立つ者がケチであるとき、下の者が潤わないので宜しくないと考えられています。
 物事の限りについては、上がりきれば自然に下がって本来の形に戻ると考えられています。しかし、世間の贅沢などは変化がないと戻らないため、上に立つ者は自他共に贅沢にならず質素になるように計るべきだというのです
 商人が実体経済に関わらず、資本経済で利益を上げることが多くなれば、世間の人は本業をおろそかにし、自然と世の中は困窮していくと指摘されています。
 世の中の害については見えないこともあり、利益に害が付随することもあるため、短期的な害だけでなく、長期的な害も含めて為政者は注意すべきだと説かれています。
 新しいことについては、考慮して他人の意見を尊重し、他国の事例を参照して、皆が納得するかしないかを考えて行うべきだと説かれています。
 緊急事態には、あらゆる支出を抑えて、それでもやむを得ないときには給与を下げるしかないとされています。
 政治の意見については、良い考えがあれば、身分に依らず申し出るような環境が良いとされています。
 賄賂については、盛んなほど国政が正しく行われず、上も下も損害が激しいとされています。賄賂を止める方法として、贈る者も受け取る者も罪に問うことが挙げられています。
 宣長は、いろいろと工夫して、収入に見合った生活が肝心だと述べています。そのためには、その時代に合わせて昔のやり方を当てはめて考えるべきことが説かれています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK