TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:三浦梅園『価原』の章

 

 三浦梅園(1723~1789)は、江戸中期の思想家です。著作である『価原』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 六府三事
 梅園は、『書経』[大禹謨]の既述を参考にして、〈水火木金土穀、これを六府と云ひ、正徳・利用・厚生、これを三事と云ふ。後世の治、千術萬法有りといへども、此六府三事に出でず〉と述べています。
 六府については、〈古の聖人と云ふ者は、天下を有する人なり。これを王者と云ふ。王者の材とする所は、水火木金土穀なり〉とあります。世を治めるための材料として、水火木金土穀の六つが挙げられています。この六つの材料を用いて、正徳・利用・厚生の三事を行うことが世を治めることだというのです。

 

第二節 金銀と物価
 金銀などの貨幣と物価の関係については、〈金銀多ければ物価貴し。金銀少ければ物価賤し〉とあります。貨幣の流通量が、物価水準に影響を及ぼすというのです。貨幣数量説と呼ばれる考え方が示されています。

 

第三節 権柄
 梅園は、〈天下の勢をとる事を権柄といへり。権とは秤の錘なり。柄とは其錘を自在によくつり合はするなり〉と述べています。世の中の趨勢をつかむためには、秤(はかり)の錘(おもり)を調整して釣り合わせる技術が必要だというのです。
 具体的には、〈もし権柄を執るの人、米粟布帛、百の器財、費用と金銀と、其つり合を見て、多少其宜しきを得せしめば、増減に従つて平を得べし。此故に、秤錘をかへよとにはあらず、軽重に従ひてつり合ひをとる事なり。これを権柄を執るといふなり〉とあります。世の中の各要素の増減を勘案し、宜しいところへ調節することが、権柄(バランス)を執ることだというのです。

 

第四節 有用の貨
 〈今、金銀の通用を好むこと、独り日本のみならず、萬國同じく然り〉という認識において、〈天下の権を執りて、経済に心を用ゆる人は、有用の貨を日々に生殖し、無用の貨を貴ばぬ様に致すべき事なり〉と説かれています。金銀などの貨幣が流通していることは皆が好むことであるから、そこに有用な貨幣と無用な貨幣の区別をし、経世済民のために貨幣発行すべきだというのです。

 

第五節 経済と乾没
 豊饒について、〈天下國家を有する人の豊饒と云ふは、全く金銀の上にあらず。金銀を有して豊饒とするは、商賈のことなり〉という考え方が示されています。国家における豊饒と、商売における豊饒が区別されているのです。
 この国家と商売における区別については、〈乾没と経済と、同じく利を求むる者なり。其差別、商賈は利を以て利とす。経済は、義を以て利とす〉と説明されています。経世済民としての経済では、義こそが大事な利であり、商売においては、自分の利こそが大事な利なのだというのです。
 すなわち、〈國家を有する人は、國家を一身と見る時は、民にあると我にあるとの隔なし。商賈は人に有せらるゝを損とし、自ら有するを得とす〉というわけです。国家を運営する人は、皆のことを考え、商売をする人は自分の利益を考えるということです。〈治國者の利、商賈の利と同じからざる所なり〉ということです。

 

第六節 悪貨の弊害
 悪貨については、〈悪幣盛んに行はるれば、精金皆隠る〉と語られています。これは、悪貨は良貨を駆逐するというグレシャムの法則に通じる考え方です。
 貨幣における貴金属の含有量の違いにより、貨幣の額面価値と実質価値に乖離が生じる場合、実質価値の高い貨幣が流通過程から駆逐され、実質価値の低い貨幣が流通するのです。
 明和9年(1772年)に発行された南鐐二朱判は、一両当りの含有銀量が21.6匁でした。一方、同時期に流通していた元文丁銀は、一両当り27.6匁でした。このため南鐐二朱判が悪貨となり、広く流通することになったのです。

 

第七節 金銀の役割
 金銀に踊らされる人に対しては、〈金あれば成らざることなしと金を悦ぶ心は、吾儕(さなみ)小人、一身を安んずるの計にして、天下國家を有する人の悦びとすることにあらず〉と指摘されています。金があれば何でもできると思っている人は、ちっぽけな人間であり、国家にたずさわる人材ではないというのです。
 続いて、金銀などの貨幣の役割について、〈金銀の通用は、天地よりして観る時は、左の物を右に移し、右の物を左に移すに過ぎずして〉と説明されています。貨幣は、交換手段の役割を果たすものに過ぎないというのです。

 

第八節 廉恥礼譲
 梅園は、廉恥礼譲を貴びます。廉恥礼譲とは、清く正しく恥を知り、礼儀をつくして謙虚であることです。〈士上に廉恥礼譲の風を誘ひ、民下に華靡淫奔の俗を改めば、游手はいつしか少くなるべし〉というわけです。あくまで、〈用を利する者は、其生を厚ふせんが為なり〉という立場なのです。生の充実のために利用できるものがあり、利用するもののために生があるのではないというのです。
 廉恥礼譲がなければ、〈天下の良民、金銀の為に游手の奴隷となる〉のです。金銀の危険性については、〈用多ければ借る人多し。借る人多ければ、銭神足無ふして飛ぶ。用少ければ、借る人少し。借る人少ければ、銭権衰へて、飛騰の用殺(そ)ぐ〉と語られています。金銀などの貨幣の必要性が高くなると、人は金のための奴隷となるというのです。金を借り、金に振り回されて、破産してしまいます。金銀などの貨幣の影響力を抑えておけば、危険性は軽減されるというのです。
 ただし、梅園は、〈金銀を一切に除き去りて、治をなせとにはあらず〉と述べています。金銀などの貨幣をなくせという暴論ではなく、貨幣の危険性を認識せよということです。すなわち、〈何とぞ費用多き所の故如何んとたづね、借るべき天下の源を塞ぎ、有金の家をして、天下の百貨を網することを得ざらしめて、諸侯の國小康を得、四民其業を楽しむことを得べし〉ということです。金がかかるため借金につながるところを塞ぎ、金持ちの金を世の中にうまく流通させ、各地の経済状態を安定させ、各人が職業を楽しんで行えるようにすべきだというのです。
 そのため、〈民生厚ふして、然して後礼譲廉恥の風唱ふべし。民生厚しといへども、礼譲廉恥の風興らざれば、華奢放恣に赴く。華奢放恣なれば用足らず。用足らざれば又貪る〉と語られています。民の生活を保障し、それから廉恥や礼譲などの道徳を説くべきだというのです。生活が保障されていても、廉恥や礼譲などがなければ、贅沢に流れて貪欲に陥ると考えられています。

 

第九節 利用・厚生・正徳
 梅園は、〈各其分に応じ、殘をふせぎ賊をいましむべきことなり。其事乃ち経済なり。迺ち利用厚生正徳なり〉と述べています。経済は、各人がその分に応じて不正をしないようにすることであり、つまりは利用・厚生・正徳のことだというのです。この三つについては、〈三事、利用を初とし、厚生を本とし、正徳を主とす。徳正しき時は人感化す〉と説明されています。

 

第十節 『価原』考
 三浦梅園の『価原』には、経済についての考え方が示されています。
 まず、世を治めるために、水・火・木・金・土・穀という六つの材料と、それらを用いた正徳・利用・厚生の三事が挙げられています。
 貨幣と物価の関係については、金銀などの貨幣の流通量が、物価水準に及ぼす貨幣数量説に通じる考え方が示されています。
 世の趨勢をつかむためには、世の中の各要素の増減を勘案し、宜しいところへ調節する方法が必要だとされています。
 貨幣の流通については、有用な貨幣と無用な貨幣の区別をし、経世済民のための貨幣発行が説かれています。
 国家運営と個人商売は、明確に区別されています。国家における経世済民としての経済では、民と我の区別がないため、義こそが利だというのです。個人商売は乾没というものであり、自らの得が利であり、他人の利益は損であるため、自分の利こそが利だというのです。
 貨幣における貴金属の含有量の違いについては、悪貨は良貨を駆逐するというグレシャムの法則に通じる考え方が示されています。貴金属の含有量の低い悪貨によって、含有量の高い良貨が駆逐されることが語られています。
 金銀などの貨幣は、交換手段の役割を担うものとして考えられています。そのため、貨幣に踊らされることの愚が指摘されています。
梅園は、経済において廉恥礼譲を重視しています。恥を知って、礼儀をつくして謙虚であれば、金銀の奴隷になることはないというのです。廉恥礼譲を説くのは、民の生活が安定してからだとされています。生活が安定しても、廉恥礼譲がなければ贅沢に流れて貪欲に陥ると考えられています。
 貨幣の奴隷にならないために、貨幣の危険性を認識し、貨幣の影響力を抑える方法も提案されています。金が掛かって借金につながるところを禁止し、金持ちの金を世の中にうまく流通させ、各地の経済状態を安定させ、各人が職業を楽しんで行えるようにすべきことが説かれています。
経済については、各人がその分に応じて不正をしないことであり、つまりは利用・厚生・正徳のことだと考えられています。利用が初めであり、厚生が本であり、正徳が主だとされています。徳が正しく行われていれば、人は正しく感化されるというのです。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK