TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:林子平『海国兵談』の章

 林子平(1738?1793)は、江戸中期の経世家です。著書である『海国兵談』から、経済についての考え方を見ていきます。

 

第一節 経邦済世
 子平は、〈天下國家に主たる人ハ、経済の術を知へし。夫経済トハ経邦済世とて、経ハ筋道の事、邦ハ國也。國に筋道を附ルを経邦ト云也。済世トハ済ハわたす事にて、此(コヽ)を彼(カシコ)に渡シ、彼を此に遣ス事也。世ハ世の中也。世の中の人の、すまひ易キ様に世話するを済世ト云也〉と述べています。さらに、〈済とは、第一に人々其処を得ル様に世話する事也〉と説明しています。経済とは、国に筋道を付けて、世の中の人が住みやすいように世話をすることだというのです。
 子平は、〈國家を経済する者ハ、刑を設て非を禁ス〉とも述べています。国家の経済においては、刑罰を設けて為してはならないことを禁止することが重要だとされています。

 

第二節 文と武
 子平は、〈人主の本末を言フ時は、文を学て國を治メ、武を張て國を彊(ツヨ)クする事〉を述べています。文によって国を治め、武によって国を強くすることの重要性を説いているのです。特に武については、〈躬(ミヅカ)ラ心を用ル時は如何なる不経済も取直シ、金穀をも貯て、始て武を張べし〉と強調して論じています。〈多ハ少に勝、強ハ弱に勝ハ自然の理なり。然ル故に、一國一郡にも主たる者ハ人ヲ多クシ、人ヲ強クする術を知べき事、兵家第一の肝要也〉とあり、人を強くする方法を示しています。武備の重要性については、〈國家に武備なきハ、國其の國に非ずト云もの也〉とさえ考えられているのです。
 子平は、〈大将たる人は文武両全なる事を欲スべし〉と述べています。さらに、〈天度の寒暄、又は國土の経済、文武を励ス筋道迄能呑込たりとも、己レ一人知得ル耳(ノミ)にては、物の用に立難シ〉とも論じています。天候寒暖や経済や文武に通じるといえども、自分一人が知っているだけでは何の役にも立たないというのです。〈其國の上下万人、皆知得て皆勤ルにあらざれば、善の善に非ル也〉とあるように、国民が皆知って勤めるのでなくては、それは善ではないというのです。

 

第三節 難事と心掛
 子平は、考慮しておくべき難事とその心掛けについて述べています。〈人の世の中に五難あり。饑饉、軍旅、水難、火難、病難也。此五ツは変にして常式にあらざる故、何時到来するも計難ければ、此備を致ス事、一國一郡を領する人、第一の心懸なり。其心懸とて別の物にもあらず、金穀ノ二ツ也〉とあります。饑饉や戦争などは、いつ起こるか分からないため、いつ来ても良いように金銭と穀物の準備をしておかなければならないということです。

 

第四節 経済の九要点
 子平は、〈抑國家ヲ経済するの要九ツあり〉と述べ、〈食貨、禮式、学政、武備、制度、法令、官職、地理、章服也〉を挙げています。〈此九ツは経済の大趣意也〉というわけです。その中でも、〈人食無レば死シ、貨無レば物を通スル事能わず。此故に食貨を経済の第一トする事也〉としています。

 

第五節 『海国兵談』考
 林子平の『海国兵談』には、経済とは、国に筋道を付けて世の中の人が住みやすいように世話をすることだと論じられています。国家の経済では、刑罰によって、為してはならないことを禁止することの重要性が説かれています。
 子平は、国を治める文と国を強くする武を両方ともに重要視しています。特に、武備のない国は国とは言えないとすら考えているのです。大将が文武を兼ね備えているのは当然ですが、天候寒暖や経済や文武は、一人が知っていてもどうしようもなく、国民が皆知って勤めて善と呼べるというのです。
 饑饉や戦争など、いつ起こるか分からないことに対しては、金銭と穀物の準備を心掛けておくべきことが説かれています。
 経済の要点としては、食貨・禮式(礼式)・学政・武備・制度・法令・官職・地理・章服の九つが挙げられています。中でも、食べ物と貨幣が第一だとされています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK