TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:海保青陵『稽古談』の章

 

 海保青陵(1755~1817)は、江戸後期の儒学者であり経済学者です。著作である『稽古談』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 稽古と経済
 『稽古談』の「稽古」について、青陵は、〈稽古トハ、古ヘト今トクラベ合セテ見テ、古ヘノヌキンデヽヨロシキコトヲ、カンガヘテ用ユルコト也〉と述べています。今と昔を比べて、昔の秀でたところを今に活かすことが稽古だというのです。〈古ヘノ天下ノ治メ方ヲ考ヘテ、今ノ国ニテモ、家ニナリト、身ニナリト、カンガヘ合セテ見ルベキコト也〉というわけです。
 経済については、〈経済ノコトナゾハ、コトヲヽキコト〉とされ、〈ヌケ目ノナキデナケレバ、マコトノ経済デナキ也〉と語られています。〈上ヨリ言フテ出ルコトハ、至極ニ知レヨキ理ニテ、上ノスルコトハ、トント下ヘ知レヌガ経済ノ上手也〉ともあります。

 

第二節 君臣と市道
 市場については、〈古へヨリ君臣ハ市道ナリト云也〉とあります。君臣の関係が、市場における関係と結び付けて考えられています。続けて、〈臣ヘ知行ヲヤリテ働カス、臣ハチカラヲ君ヘウリテ米ヲトル。君ハ臣ヲカイ、臣ハ君ヘウリテ、ウリカイ也。ウリカイガヨキ也。ウリカイガアシキコトニテハナシ〉とあります。君臣の関係も、市井の商売のように、利があれば合い、利がなければ去ることが語られています。

 

第三節 利と理
 青陵は、〈天地ハ理ヅメ也。ウリカイ利息ハ理ヅメ也。国ヲ富サントナラバ、理ニカヘルベキコト也〉と考えています。利益も国富も、理を考えることから成り立つというのです。〈ウリカイ算用ハツキリキマレバ、天下静謐聖人ノ御世也〉とあるように、売買がはっきりと成り立つことで世の中が成り立つというのです。
 理を立てることで、〈上デ取リスギレバ下デクルシムコトデ、取リスギネバ上デ苦シム。上下トモニクルシムコトノナキガ天ノ理也〉という目的が成り立ちます。そのために、〈下ノ勝手ヲサヽヌガ仁也。上ノ勝手ヲセヌガ仁也。マンナカヲユクガ天理也〉という考え方が示されています。

 

第四節 取り立てと利息
 青陵は、〈兎角民ノ働コトガヨロシキ也。ユルヤカニ取リテヤレバ、ソレダケ民ガタクワヘレバ、算用ニアフコトナレドモ、民ハ不智ナルモノユヘニ、スクナフトリテヤレバ、ソノ余慶(よけい)ダケハムダニアソビテシマフ也〉と述べています。働くことを勧めて、蓄えることを称える一方で、取り立てを適切に行うことも説いています。
 青陵は、民のことを案じていますが、安易に民の味方をしているわけではありません。〈利息ナキ貨ヲカスベカラズ、民ズルケル也。利息アル貨ヲカシテ出精サスベキハヅノコト也〉と語っています。民はずるいものなので、財貨を貸すときには利息をつけて頑張るように仕向けるべきだというのです。
 利息そのものについては、〈利息ハ取ベキ筈ノモノ也。天地ノ理也。天地ノ理ト云モノハ、チョイト見(レ)バ、ドフカ不仁ノヨウナルコトモアリ、不義ノヨフナルコトモアリケレドモ、ツマル処ハ仁義ニ合フ也。ユヘニ兎角大目ノキク人デナケレバ、政事ノ相談ハデキヌ〉とあります。利息は天地の理に適っているので、仁義にも適合するというのです。こういった次第で、視野のひろい人でないと政治の相談はできないというのです。

 

第五節 売買と興利
 青陵は、〈物ヲ売テ物ヲ買ハ、世界ノ理也。笑フコトモ何モナキ也。世界ノ理ヲ笑フコト、勿体ナキコト也。人ノ物ヲタヾトルハ世界ノ理ニ非ズ〉と述べています。売買は世界にとって必要なことであり、強奪することと区別されています。
 そのため、〈古ヨリ興利ノ民ヲニクムコト、是又キカイノ論也。民ノトリカヲユルメヨフト思ヘバ、興利ヨリ外ナシ〉と語られています。昔から、民が利益になる事をくわだておこすことを憎む風潮があるが、それは奇怪なことだというのです。なぜなら、民の取箇(トリカ)、すなわち江戸時代に田畑に課した年貢をゆるめようとすれば、利益があることが前提になるからです。
 青陵は、はっきりと〈興利ハ町家デイフ金儲ヶ也〉と述べています。金儲けを肯定的に捉えているのです。

 

第六節 算用と学問
 算用については、〈算用ゴトモ治国ノ一ヶ条也〉と高く評価されています。ただし、〈算用ノコトヲ、上ヨリ触レルコト又下手也。自然ニ心ヅクヨフニスルコト法也。是則天ノ草木ニ花サカセルシカタ也。先方カラ心ヅキテ、先方ヨリ其心ニナルヨフニ鼓舞スル仕方也〉とあります。国を治めるのに必要だといえども、上から無理強いするのではなく、皆が自然と興味を持つように仕向けるのが良いとされています。
 学問については、〈学問ト云ハ古ヘノコトニクワシキバカリノコトニテハナキ也。今日唯今ノコトニクワシキガヨキ学問トイフモノ也〉とあります。学問は昔のことに詳しいだけでは役に立たず、今のことに詳しくてこそ良いものだと言えるというのです。

 

第七節 米切手という通用の財貨
 青陵は、〈米切手トイフモノヲ作リテ、是レヲ以テ金ヲカルユヘニ、真ノ金ノ外ニ米切手トイフ財貨アリ〉と提案しています。江戸時代に大坂などの蔵屋敷では、蔵米を入札で売却して落札者に米切手を渡し、その切手と引替に正米を渡すという方法がありました。青陵は、これを藩札などと同じ財貨の一種として活用すること説いています。〈是真ノ金・米切手・フリ手形・空米先納コレホドハ皆通用ノ財貨也。通用ノ財貨多キユヘニ、金フヘルハヅ也。財貨ハ財貨ヲウムモノナレバ、大坂ノ財貨ウムモノ沢山アレバ、ズツズツトフエル道理也〉と語られています。米切手などは、通貨の代わりになるというのです。流通する通貨が増えることによって、新たな財貨を生み出す仕組みについて言及しているのです。
 そのため、〈産物廻シノコトナゾハ大ヒナルモノナレバ、マワセバ利ノ大ヒニ得ラルヽコトナレドモ、金手マワラネバ産物ヲ買上ルコトナラズ。買上ルコトナラネバ、民ヘ利ヲトラスルコトナラズ。民利ヲトラネバ面白カラズ、民面白カラネバ、物沢山ニ出ヌ也。物ノ沢山ニ出ヌハ、是出ベキモノノ出ヌ也〉と語られています。産業製品を世の中に廻すことで利益が循環するのですが、通貨が出回らなければ売買が活発に行われないので、民の利益になることはないというのです。それでは面白くなく、製品もなかなか世に出ることがなくなります。それを防ぐために、流通する通貨を増やすことを提案しているのです。

 

第八節 鼓舞
 青陵は、〈民ト云モノハ己レガ腹サヘフクルレバ、ソレカラハ働ラカヌ心ニナル也。民ヲ働ラカサント思フニハ、甚(はなはだ)術ノアルコト也。民ヲ鼓舞スルヨリ外シカタナシ〉と述べています。民は怠け者だと見なされているため、働かせるためには鼓舞する必要があるというのです。続けて、〈鼓舞スルハウカス也。ウカレテ働ケバ働ク也。働ケト云テ働カズ、其上ヲ怨ル也。民ノ方カラ働ントスヽミテ働クガ、民ヲ働カス法也〉とあります。ウカスとは、ひき立てて陽気にすることです。働けと口で言っても、反感を募らせるだけで逆効果であるため、ひき立てて陽気にすることで、民が自発的に働くような政策をすべきだというのです。
 そのため、〈凡ソ百姓モ武家モ鼓舞セネバ動カヌ也〉とあり、〈ウマミヲミレバウカレルニ違ヒナキ也。ウカレサヘスレバ国ハキツト富也〉とあります。ひき立てて陽気にするには、働くことでうま味が生まれるようにすればよいというのです。そうすれば、国は富むようになるというのです。

 

第九節 国富と覇道と王道
 国富については、〈国ノ富ハ、土ノ出ノ多キガ其国ノ富也〉とあります。土地よりの産物が国の富だというのです。続けて、〈其国ノ富ハ天下ノ富也。隣国ノ貨財ヲ其国エヒキヨセ、他国ノ貨財ヲ自国ヘスヒトルナドヽ云コトヽチガヒテ、一体地ヨリ出ベキモノヲ、地ヨリ出スコトナレバ、天ノ意ニモ叶フテオルベシ〉とあります。自国の財貨について、自国からもたらすか、他国からひきよせるかという二つの方法が示されています。
 その上で、〈他国ノ貨財ヲ自国ヘスヒコムモ、覇道ニテ智ノ株シキ也。自国ノ土ヨリ物ノ生ズルコト多クナルハ、王道ニテ仁ノ株シキ也〉とあります。覇道は、武力・権謀を用いて国を治めることです。智ノ株シキとは、智能をはたらかせて得た富のことです。株式は収益の源泉である物権の意味ですが、ここでは身上のよさを「株がよい」という程の意味で用いています。王道とは、仁徳を本とする政道のことです。仁ノ株シキとは、仁愛をもって得た富を指します。

 

第十節 貨利の循環
 青陵は、〈田地・山海・市陌ヲ民ニカシツケテ、一割ノ利息ヲ滞ナフ取レバ、金銀ハグルリグルリトマワリテ、タリヒヅミナフ、メグリテオルヨフニシカケタルモノト見ヘテ、水ニハ潤下ノ理ヲ云ヒ、火ニハ炎上ノ理ヲ云フコトハ、全ク循環端ナキヨフニ、貨利メグルト云フコトヲ教ヘタルモノ也〉と述べています。田んぼや山や海、町の土地や道を市民に貸して一割の利息を取るなら、貨幣は巡り廻って、確実に貨幣を循環させる政策となるというのです。これは、水がしたたり火が炎上するように、貨幣が巡ることの教えだというのです。資本の貸し付けにより、貨幣の循環が生じて景気が良くなることが示されているのです。
 このとき、利息が重要な役割を果たします。そのため、〈諸(もろもろの)シロモノハ無利息ニテ売買スルコト、古法ニタガヘリ。無利足ニテ其土地ニ居ルモノアリテハ、是マキアゲベキ金銀ガアガラズ、ユヘニ循環ノ如クニ、グルリグルリトハユカヌ也〉と語られています。利息なしでは、貨幣の循環がうまく廻らないというのです。
 青陵は、〈富ハ金也。金ハ物也。物ハ下ヘサガルガ性也。ヒクヒトコロアレバ、其ヒクヒ処ヘ流レオツルコト水ノ通リ也。質朴倹素ハヒクイトコロ也。奢侈淫佚ハ高イトコロ也〉と述べ、〈金ニハ常住ノ所ナシ。ヒクキトコロヘユク也〉と語っています。富・金・物は、水が高きところから低いところへ流れるように、贅沢や遊興に耽ることから、律儀や質素の方へ向かうというのです。

 

第十一節 自国と他国
 国家については、〈一国一ト味方ニナリテ、他国ノ金ヲ吸ヒ取ルトイフ法、甚宜シカルベシト思フ也〉とあります。さらに、〈一国一ト味方ニナリテ、他国ノ金ヲ吸ヒ取ルトハ、産物マワシガ其機密也〉ともあります。他国のかねを自国へ吸い取るには、その土地の生産物を他へ売りに出すことが秘訣だというのです。
 政策として、〈上ニテ産物マワシノセワヲヤケバ、是民ト一ト味方ニナリテ、他国ノ金ヲ吸ヒ取ル也〉というわけです。
 さらに、〈自国ノ物ヲ他ヘウリ、他ノ物ヲ自国ヘカイ入ルヽノミニアラズ、他ノ物ヲ他ヘウリテモヨキコト也〉ともあります。多国間貿易が提唱されています。
 さらに景気については、〈国ノ一タビハ富ミ、一タビハ貧ナルハ国ノ情也。国ノ貧ナルトキヨリ、ダンダン富ムトキガ六ヶ敷也(むつかしき)也〉とあります。景気の良いときこそ経済運営は難しいというのです。また、〈貧ニナル始マリハ富ム日ニ起レリ。富ム日ニオルホド気味ノワルキ、オソロシキコトナシ〉ともあります。好景気が不景気に転じる可能性について示唆されています。

 

第十二節 『稽古談』考
 海保青陵の『稽古談』には、経済についての方策が示されています。『稽古談』の稽古とは、今と昔の比較により、昔の秀でたところを今に活かすことを意味しています。
 青陵は、経済には多くのことが要求され、抜け目無さが必要だと考えています。
 市場における売り買いの関係については、君臣における給与と労働の関係において捉えられています。そこには相互の利益が関わっています。
 利益や国富については、理を考えることが重要視されています。算数という理によって売り買いが行われ、世の中が成り立っていくと考えられています。税の取立ても、丁度良い具合があり、上も下も勝手をしないことが仁として尊重されています。
 青陵は、働くことをや蓄えることを勧め、取り立てを適切に行うことを説いています。民はずるくもあるので、財貨の貸し出しには利息が必要だとされています。利息によって民は頑張るようになるというのです。
 売買は、世界の理であり肯定されています。そのため、民が利益の追求することが勧められています。減税をするにも、十分な利益があることが必要だからです。お金儲けは、はっきりと肯定されています。
 治国については、算用が高く評価されています。そのため、自然と皆が算用に興味を持つように仕向けるべきであり、無理強いは良くないとされています。
 青陵は、米などの信用財を基に、流通する財貨を増やす方法を提案しています。流通する通貨を増やすことで、売買を活性化する方策が示されているのです。
 民が自発的に働くような政策の必要性も指摘されています。そのためには、働くことのうま味を示す方法があり、その政策が国富につながるというのです。
 国富については、自国から富を生む王道と、他国から富を引き込む覇道が区別されています。
 貨幣の循環を生じさせ、景気を良くする方法として、利息を伴う資本の貸し付けが提案されています。利息なしでは、貨幣の循環がうまくいかないことが指摘されています。さらに、金は贅沢や遊興から、律儀や質素の方へ向かうことが指摘されています。
 青陵は、自国製品の輸出や、多国間貿易によって自国へ利益を誘導することを勧めています。景気については、好景気の経済運営の難しさが指摘され、不景気に転じる可能性について注意を喚起しています。

 

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK