TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:佐藤信淵『混同秘策』の章

 

 佐藤信淵(1769~1850)は、江戸後期の経済学者です。学問の範囲は、農政・物産・海防・兵学・天文・国学などの広範に及んでいます。著作である『混同秘策』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 経済学
 『混同秘策』の[泉原法略説]には、〈此法ハ我家経済学ノ極意ニシテ、国家富盛ノ統ヲ子孫ニ垂レテ終古(とこしなえ)ニ衰微スルコト無カラシムベキノ大事ナリ〉とあります。国家を富ませて衰えることがないように、経済の極意について論じられています。
 信淵は、〈百姓一人ニテ勤ル所ノ業ハ其事小ナリト雖ドモ、国家数万人ノ心ヲ一ニシテ其力ヲ合セ、毎日舎(ヤム)コト無ク蓄積ヲ事トスルニ及テハ、些細ナル物貨ヲ積ムト雖ドモ、年数ヲ累(カサヌ)ルニ従ヒ漸々広大ノ蓄積ヲ致ス〉と述べています。一人ではできることも限られていますが、国家の人員が地道に積み重ねていけば膨大な蓄積になるというのです。

 

第二節 経済における六つの方策
 信淵は、経済における六つの方策を示しています。
 まず、〈第一ニ養育館ヲ立テ、遍ク貧人生所ノ小児ヲ此処ニ集テ此ヲ養ヒ、其父母ヲシテ家業ヲ勉強スルノ障害ナカラシム〉とあります。貧乏な家の子供にも、勉強の場を与えるために義務教育について語られています。〈宜ク此処ニ集メ置テ此ヲ養ヒ、存分ニ働カシムベシ〉というわけです。
 次に、〈第二ニ療病館ヲ立テ、遍ク国内ノ人ヲ病患ニ苦マシムルコト無レ〉とあります。病院の充実について語られています。
 〈第三ニ広済館ヲ立テ、遍ク国人ノ困窮ヲ救フベシ〉とあります。困窮した人を救済するための対策について語られています。具体的には、〈凡ソ貧乏ナル者ニハ銭ヲ賜リテ各自ノ家業ノ出来ルヤウニシテ遣ハシ、或ハ火難・水難等ニ罹リ住家ヲ失ヒタル者ニハ材木及ビ居家ヲ造ル米銭ヲ賜リ、或ハ諸処ノ橋ヲ修理シ道路ヲ便利ニシテ厚ク往来ノ旅人ヲ憐ミ、且厳ク博奕ヲ禁ジ、凡ソ遊惰ニシテ家業ヲ勤メザル者ヲバ諫励シテ勉強セシムベシ〉とあります。仕事を始めるための金の貸し出しや、災害時の救済金、道路や橋などの公共事業、博打の禁止、職業訓練などが提案されています。
 〈第四ニハ[開物館ヲ立テ]開物府ノ政ヲ助ケ、国内ノ平原郊野ハ論ズルニモ及バズ、山沢海河ヲ探索シテ開物ノ業ヲ創(ハジ)メ、天地ノ化育ヲ賛(タスケ)テ種々ノ物産ヲ興サシムベシ〉とあります。国内を開拓し、新たな産業を興すべきことが語られています。
 〈第五ニ製造館ヲ立テ、製造府ノ政ヲ助ケ、開物篇ニ説タル如ク、大ニ百工ノ業ヲ興シテ万物ノ製煉ヲ精妙ニシ、種々有用ノ貨物ヲ夥シク造出セシムベシ〉とあります。製造業について語られています。工業製品の精度向上や、有用な製品の増産などが提案されています。
 最後に、〈第六ニ交易館ヲ立テ、融通府ノ政ヲ助ケ、自国ノ物産ヲ以テ他国ノ物産ト交貿シ、天下ノ貨物ヲ輻凑セシメテ遍ク互市ヲ通ジ、諸国ノ物価ノ貴賤軽重ヲ校(ハカ)リ、有無相遷シ昴低相転ジテ交互換易ノ利潤ヲ収ムベシ〉とあります。交易について語られています。国家間において貿易を行い、自国へ利益をもたらすべきことが提案されています。
 これらの六つの方策について、〈此六館ヲ置テ各其業ヲ励ムトキハ、学館大ニ富ミ、境内安静ニシテ、人民漸々蕃息スベシ〉と語られています。

 

第三節 経済における心掛け
 信淵は、〈凡ソ永久ニ伝フベキノ業ハ、上下共ニ至誠ノ道ヲ尽シ、小利ヲ積テ大利ヲ致スノ策ヨリ良ナルハ無シ〉と述べています。身分の高い人も低い人も、小さなことを積み重ねていくことが大切だとされています。〈抑小利積テ大利ヲ成スノ永久ノ国益タルコトハ、誰人カ此ヲ知ラザラン〉というわけです。
 続けて、〈唯其此ヲ積ムニ法アリ、此ヲ守ルニ律アルコトニテ、此法律ノ極良ナル者ニ非レバ、此ヲ積立ンコトヲ欲スト雖ドモ広大ニ至ルヲ得ズ、皆散乱シテ消失スル者ナリ〉とあります。ただ積み重ねるといっても、積み重ね方やそれを守るためには法律が必要だというのです。法律が適切でないと、積み重ねても崩れて無くなってしまうというのです。
 信淵は、〈国家ニ主タル者ニ、我ガ家ノ経済学ヲ尊信シテ、学校ヲ設ケ講師ヲ敬ヒ、教化ヲ施シ百姓ヲ慈ミ、泉原ノ法ヲ行フ者アラバ、年数ヲ経ルニ従ヒ境内次第ニ富実充満シ、後ニハ無双ノ隆盛国ト為テ永ク衰微スルコト無カルベシ〉と述べています。信淵の経済政策を実施すれば、国富が実現でき、永く衰えることはないというのです。

 

第四節 『混同秘策』考
 佐藤信淵の『混同秘策』には、経済についての方策が示されています。
 信淵は、一人の力は小さいため、国家の成員が心を一つにして毎日積み重ねを続けることで、大きな力が得られることを説いています。
 その上で、経済における六つの方策が示されています。養育・療病・広済・開物・製造・交易の六つです。養育では、貧しい家の子供にも教育を受けさせることが提案されています。療病では、国内の病人を助けることが提案されています。広済では、困窮者対策として、金貸し・救済金、公共事業・博打の禁止・職業訓練などが提案されています。開物では、国内開拓と産業興しが提案されています。製造では、製品の精度向上や増産について提案されています。交易では、貿易によって自国へ利益をもたらすことが提案されています。
 経済における心がけとしては、小さなことの積み重ねを重視し、法律の整備が必要だと語られています。

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK