TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:大蔵永常『広益国産考』の章

 

 大蔵永常(1768~1861)は、江戸時代の農学者です。宮崎安貞・佐藤信淵とともに、江戸時代の三大農学者の一人です。『広益国産考』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 国富の経済
 永常は経済について、〈國を富ましむるの経済は、まづ下民を賑はし、而て後に領主の益となるべき事をはかる成るべし〉と述べています。経済は、民の賑わいをもって為政者の益となるようにすべきだというのです。続けて、〈第一成すは下にあり、教ふるは上にありて、定まれる作物の外に余分に得ることを教えさとしめば、一國潤ふべし〉とあります。為政者側からの指導により、余剰生産物によって国を潤すべきことが語られています。

 

第二節 土地と国産
 永常は、土地の重要性について論じています。〈土地に厚薄あり、山川に肥痩あり、猶更南北の寒暖異なれば、其事に委しき人を撰び習はざれば、徒に土地と人力を費すのみならず、損毛ありて土地に罪を負はすることあり。是を熟得して行ふときは、國富まずと云ふ事あるべからず〉とあります。土地に合った選択をし、労力を費やすことによって国は豊かになるというのです。
 その際、〈國産の基を発さんとなれば、其事に熟したる人をかゝへ入れて、其者にすべての事を任し、耕し種るならば、二三反或は四五反の田畑をあてがひ、心のまゝに仕立てさせ見給ひなば、農人おのづから見及びて其作り方を感伏せば、利にわしる世の中なれば、我も我もと夫にならひて仕付けるやう成るべし。始より領主の威光をもつて教令しては却りて用ひず弘まりがたきもの也〉と語られています。国家の産業を起こすためには、政府があれこれ命令するのではなく、その道の熟練者に任せるのが良いとされています。そうすれば、利益を求める人間の性向からして、民は自発的に動き始めるというのです。
 ですから、〈始より領主の益となさんと人数多くかゝりて行はせらるゝは、得る所すくなくして費す処多ければ、益となさんとてする事却りて損となる事も有るゆゑに、只その部下に作らせて其締をよくする時は、理に叶ひて其益また広大也〉と指摘されているのです。利益を得ようと焦る気持ちが、損益に結びつく可能性が示されています。

 

第三節 無私と国益
 永常は、無私の心によって益に至ることを説いています。〈心々の世の中なれども、寛恕なる重役の心入れにては追々為になる事は云出づるものなれば、其善悪を察して私しの贔屓偏頗なく取用ひ行ふときは、益あり。取用ふる人の目利一大事なるべし〉とあります。私心なく取り扱うことによって、益は生まれるというのです。
 その益とは、国産による国益のことです。〈國産となるべきものは國所により其品の相応すればよくできぬものなり。又寒暖土地の応不応にて出来ざる所あり。此考第一なるべし。先づ其所に産せずして諸國より調へてあたひを出す事を防ぎ、相応の物あらば作りて他國へ出し利益たる事をかんがふべし〉とあります。国土に合った産物を国産とし、他国からの輸入依存を防ぎ、他国への輸出により利益を得ることを考えるべきだというのです。
 このとき重要なのは、〈我國の醤油あしきとて他國より取り寄するは第一所の恥とも云ふべし〉という考え方です。国の製品を愛好すべきことが語られています。
 国産によって他国より利益を得ることは、繰り返し言及されています。〈國産は地に蒔植えて収納するものばかりを云ふにはあらざれば、先づ我住める國に出来ずして、他國より買入れて其代金を出す事をふせぐやうするを第一とし、我國に多く産じて、他國より金銀を取入れるやうにする事ならんか〉とあります。また、〈國産の事を考ふるに、國に其品なくして他國より求むるをふせぎ、多く作りて他國へ出し其の価を我國へ取入れ、民を潤し國を賑す事肝要ならんかし〉ともあります。
 永常は、〈國々の名産はみな國益と云ふべきなり〉と述べています。

 

第四節 『広益国産考』考
 大蔵永常の『広益国産考』には、経済についての考え方が示されています。
 永常は、国の豊かさは民の賑わいから生まれると考えています。そのために、国土の特性に応じた産物の重要性を説いています。そのとき為政者の役割は、無私の心によって適した熟練者を選ぶことであり、その後は利益を求める民の動きに任せるべきことが語られています。為政者が利益に拘泥すれば、往々にして損害につながることが示唆されています。
 さらに、国産品を愛用することで、他国からの輸入依存を防ぎ、他国への輸出によって利益を得ることが推奨されています。国の名産は、国益となるというのです。

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK