TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:石田梅岩『都鄙問答』の章

 

 石田梅岩(1685~1744)は、江戸中期の思想家であり、石門心学の始祖です。著作である『都鄙問答』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 商人の道
 『都鄙問答』には、商人の道が示されています。〈商人ハ勘定委シクシテ、今日ノ渡世ヲ致ス者ナレバ、一銭軽シト云ベキニ非ズ。是ヲ重テ富ヲナスハ商人ノ道ナリ〉とあります。商人は、精密に計算をして日々をおくる者であるため、一銭もおろそかにせず、利益を重ねて行くことが道だというのです。
 続けて、〈富ノ主ハ天下ノ人々ナリ。主ノ心モ我ガ心ト同キユヘニ、我一銭ヲ惜ム心推テ、賣物ニ念ヲ入レ、少シモ麁相(そそう)ニセズシテ賣渡サバ、買人ノ心モ初ハ金銀惜シト思ヘドモ、代物ノ能ヲ以テ、ソノ惜ム心自ラ止ムベシ。惜ム心ヲ止(ヤメ)善ニ化スルノ外アランヤ〉とあります。富の基は人々であり、人々の心は自分の心と同じであるから、自分が金を惜しむ心から推量して、売り物を大切に粗末にせず売れば、買う人もははじめは惜しいと思っても、役に立つので惜しむ心がなくなるというのです。惜しむ心がなくなれば、それは人々を善に導くことになるというのです。
 さらに、〈且(ソノウヘ)天下ノ財寶(ザイホウ)ヲ通用シテ、萬民ノ心ヲヤスムルナレバ、「天地四時流行シ、萬物育ハルヽ」ト同ク相合(アイカナハ)ン。如此(カクノゴトク)シテ富山ノ如クニ至ルトモ、欲心トハイフベカラズ〉と続きます。貨幣や物資が流通すれば、万民の心が満足するようになるため、春夏秋冬が巡り万物が健やかに育つような状態になるというのです。そのため、財産を築いても、欲深いとは言えないというのです。

 

第二節 時宜
 梅岩は、〈其所ニ時ニ宜キコト有テ、一々ニコト分ルヽナリ〉と述べています。その所と時に応じて適当なことがあって、それは場合によって違うというのです。
 その基準は、義や道と呼ばれるものです。梅岩は、〈君子ハ命ヲステ義ヲ取ル。木綿ハ軽キコトナリ。假令一國ヲ得、萬金ヲ得ルトモ、道ニタガハヾ何ゾ不義ヲ行ハン〉と述べています。

 

第三節 利
 梅岩は、〈商人ノ道ヲ知ラザル者ハ、貪ルコトヲ勉メテ家ヲ兦(ホロボ)ス。商人ノ道ヲ知レバ、欲心ヲ離レ仁心ヲ以テ勉メ、道ニ合テ榮ヲ学問ノ徳トス〉と述べています。商人の道を知らなければ、むさぼりによって家を滅ぼすことになるというのです。一方、道を知れば欲を離れ仁の心で努力するため、道に適い栄えることができるというのです。
 利については、〈賣利ヲ得ルハ商人ノ道ナリ〉とあります。物を売って利益を得ることは商人の道だというのです。〈商人ノ買利ハ士ノ祿ニ同ジ。買利ナクハ士ノ祿無(ナク)シテ事(ツカフル)ガ如シ〉というわけです。

 

第四節 正直
 正直については、〈商人ハ正直ニ思ハレ打解タルハ互ニ善者ト知ルベシ〉とあります。〈自然ノ正直ナクシテハ、人ト竝(ナラ)び立テ通用ナリ難シ〉というわけです。商人は人と付き合うため、正直でなければ商売が難しいというのです。
 正直と利は結びついて考えられていて、〈直ニ利ヲ取ハ商人ノ正直ナリ。利ヲ取ラザルハ商人ノ道ニアラズ〉と語られています。〈利ヲ取ザルハ商人ノ道ニアラズ〉というわけです。

 

第五節 相場
 相場については、〈賣物ハ時ノ相場ニヨリ、百目ニ買タル物、九十目ナラデハ賣ザルコトアリ〉とあります。売るものは相場により、百で買ったものに対し、九十でなければ売れないこともあるというのです。
 さらに、〈相場ノ高(アガル)時ハ強気ニナリ、下(サガ)ル時ハ弱気ニナル。是ハ天ノナス所、商人ノ私ニアラズ〉とあります。相場が上がれば商人は強気になり、下がると弱気になるというのです。これは天の差配であり、商人が自分勝手にできないとされています。
 そのため、〈其外何ニ限ラズ日々相場ニ狂ヒアリ。其公ヲ欠テ私ノ成ベキコトニアラズ〉と語られています。その他にも何にでも相場の違いがあり、その法則を無視して勝手にはできないというのです。

 

第六節 天下の用
 梅岩は、〈商人ノ賣買スルハ天下ノ相(タスケ)ナリ〉と述べています。商人の売買は世の中のためになるというのです。なぜなら、〈天下萬民産業ナクシテ、何ヲ以テ立ツベキヤ。商人ノ買利モ天下御(オン)免(ユル)シノ祿ナリ〉と考えられているからです。
 商人について、〈定リノ利ヲ得テ職分ヲ勉レバ、自ラ天下ノ用ヲナス。商人ノ利ヲ受ズシテハ家業勉ラズ〉と語られています。商人が利益を得て仕事の役割を果たせば、世の中のためになるのです。それは、商人の利益あってこそだというのです。

 

第七節 欲心と道
 梅岩は、〈欲心ト云テ道ニアラズト云ハヾ、孔子孟子ヲ始トシテ、天下ニ道ヲ知ル人アルベカラズ〉と述べています。欲の心を道ではないというのなら、孔子や孟子も含めて、道を知る人はいなくなるというのです。続けて、〈然ルヲ士農工ニハヅレテ、商人ノ祿ヲ受ルヲ慾心ト云ヒ、道ヲ知ルニ及ザル者ト云ハ如何ナルコトゾヤ。我教ユル所ハ、商人ニ商人ノ道アルコトヲ教ユルナリ〉と語られています。商人の利益や欲を非難する者は、間違っているというのです。商人には、商人の道があるからです。
 ただし、〈商人ノ道ト云トモ、何ゾ士農工ノ道ニ替ルコト有ランヤ。孟子モ、「道ハ一ナリ」トノ玉フ。士農工商トモニ天ノ一物ナリ。天ニ二ツノ道有ランヤ〉とあります。商人の道といっても士・農・工の道と違うことはなく、道は孟子の言うように一つだというのです。

 

第八節 我と先
 自身と商売相手との関係については、〈我身ヲ養ルヽウリ先ヲ、疎末(ソマツ)ニセズシテ真実ニスレバ、十ガ八ツハ賣先ノ心ニ合者ナリ。賣先ノ心ニ合ヤウニ商賣ニ情ヲ入勤ナバ、渡世ニ何ンゾ案ズルコトノ有ベキ〉とあります。買い手に自分が養われていると考えて、相手を尊重すれば、十に八は相手側の満足が得られるというのです。買い手が満足するように努力すれば、暮らしの心配もいらなくなるとされています。

 

第九節 倹約
 倹約については、〈倹約ト云ヲ世ニ誤テ吝コトヽ思フハ非ナリ。聖人ノ約トノ玉フハ、侈リヲ退ケ法ニ従フコトナリ〉とあります。倹約は、けちとは違うというのです。倹約とは、おごりを退けて、法に従うことだとされています。
 ちなみに、梅岩の『斉家論』には、〈倹約は財宝を節(ほどよ)く用ひ、我分限に応じ、過不及なく、物の費捨る事をいとひ、時にあたり法にかなふやうに用ゆる事成べし〉とあります。また、〈士の道をいへば農工商に通ひ、農工商の道をいへば士に通ふ。なんぞ四民の倹約を別々に説べきや。倹約をいふは他の儀にあらず、生まれながらの正直にかへし度為なり〉ともあります。
 『石田先生語録』には、〈倹約ト云コトハ世俗ノ説トハ異ナリ。我為ニ物ゴトヲ吝クスルニハアラズ。世界ノ為ニ三ツ入ル物ヲ二ツデスムヤウニスルヲ倹約ト云〉とあります。

 

第十節 『都鄙問答』考
 石田梅岩の『都鄙問答』には、経済についての考え方が示されています。
 まず商人の道として、利益を追求することが説かれています。富は人々あってのものであり、自分の心から相手の心を思うことで、惜しむ心によって惜しまない心を導くことができるというのです。惜しまない心によって、経済がうまく廻ることが示されています。貨幣や物資の流通によって、民の心は満足に至るため、財産を築くことも罪深いことではないとされています。
 梅岩は、時宜を重要視しています。その時や場所に応じたやり方があり、その基準として義や道という言葉があるというのです。
 商人の道における利は、むさぼり求めることではなく、仁の心で努力することであり、それゆえ栄えるというのです。商人の利は、武士の俸禄と同じで必要なものだというのです。
 商売においては、人付き合いの関係上、正直の大切さが説かれています。正直は、利と結びついてその大切さが説明されています。
 相場については、天の差配であり、商人の勝手にはならないものと認識されています。相場の法則を無視して、商売は成り立たないというのです。
 商人が利益を得て仕事の役割を果たすことは、産業によって世の中がうまく廻ることにつながるため、世の中のためになると考えられています。
 商人は欲の心によって動きますが、それは利潤や産業のために必要なものであり、他の職業が必要であることと同様に、必要なことだとされています。商人の道も、他の道と同じであるというのです。
 商売相手との関係については、相手あっての自分だと考え、相手を尊重すれば相手側の満足が得られ、そうすると自分のためにもなると語られています。
 倹約については、おごりを退けて法に従うことだとされています。それは自身の分限に応じて、過不足ないように財を適切に用い、物資の費用の節約を時に応じて法に適うように行うことです。倹約は、すべての職業において、生まれたままの正直にかなうことだというのです。倹約は、自分のためではなく、世界のために過分なものを取り除くことだとされています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK