TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:渋沢栄一『論語と算盤』の章

 

 渋沢栄一(1840~1931)は、近代日本における財界の指導者です。幕府の遣欧使節として西欧の産業設備や経済制度を見聞しました。日本の実業家には国家目的に寄与すべきことを説いています。著書である『論語と算盤』には、道徳と経済の関係が論じられています。

 

第一節 士魂と商才
 渋沢は、〈富をなす根源は何かといえば、仁義道徳〉と述べています。続けて、〈正しい道理の富でなければ、その富は完全に永続することができぬ。ここにおいて論語と算盤という懸け離れたものを一致せしめることが、今日の緊要の務めと自分は考えているのである〉と語っています。そのため、〈私は常に士魂商才ということを唱道するのである〉と言うのです。
 その詳細は、〈人間の世の中に立つには、武士的精神の必要であることは無論であるが、しかし、武士的精神のみに偏して商才というものがなければ、経済の上から自滅を招くようになる。ゆえに士魂にして商才がなければならぬ〉とあります。〈商才は道徳と離るべからざるものとすれば、道徳の書たる論語によって養える訳である〉ということです。

 

第二節 自己と国家社会
 自己と国家社会のあり方について、渋沢は、〈事柄に対し如何にせば道理に契(かな)うかをまず考え、しかしてその道理に契ったやり方をすれば国家社会の利益となるかを考え、さらにかくすれば自己の為にもなるかと考える。そう考えてみた時、もしそれが自己のためにはならぬが、道理にも契い、国家社会をも利益するということなら、余は断然自己を捨てて、道理のある所に従うつもりである〉と語っています。

 

第三節 真正の利殖
 利殖については、〈真正の利殖は仁義道徳に基づかなければ、決して永続するものでないと私は考える〉とあります。〈思いやりを強く、世の中の得を思うことは宜しいが、おのれ自身の利慾によって働くは俗である〉というわけです。
 そのため、〈とかくは空理空論なる仁義というものは、国の元気を沮喪し、物の生産力を薄くし、遂にその極、国を滅亡する。ゆえに仁義道徳も悪くすると、亡国になるということを考えなければならぬ〉と語られています。〈つまり利を図るということと、仁義道徳たる所の道理を重んずるということは、並び立って相違ならん程度において、初めて国家は健全に発達し、個人は各々その宜しきを得て、富んで行くというものになるのである〉ということです。

 

第四節 孔子の教え
 渋沢は、孔子の教えについて解説しています。〈孔子の言わんと欲する所は、道理を有た富貴でなければ、むしろ貧賤の方がよいが、もし正しい道理を踏んで得たる富貴ならば、あえて差し支えないとの意である〉とあります。
 他にも、〈「正当の道を踏んで得らるるならば、執鞭の士となっても宜いから富を積め、しかしながら不正当の手段を取るくらいなら、むしろ貧賤におれ」というので、やはりこの言葉の半面には「正しい方法」ということが潜んでおることを忘れてはならぬ。孔子は富を得るためには、実に執鞭の賤しきをも厭わぬ主義であった、と断言したら、恐らく世の道学先生は眼を円くして驚くかもしれないが、事実はどこまでも事実である〉とあります。

 

第五節 国家の恩恵
 国家と自らの関係については、〈要するに、人はただ一人のみにては何事もなし得るものでない。国家社会の助けによって自らも利し、安全に生存するもできるので、もし国家社会がなかったならば、何人たりとも満足にこの世に立つことは不可能であろう〉とあります。
 続けて、〈これを思えば、富の度を増せば増すほど、社会の助力を受けている訳だから、この恩恵に酬ゆるに、救済事業をもってするがごときは、むしろ当然の義務で、できる限り社会のために助力しなければならぬ筈と思う〉と語られています。国家社会の恩恵に報いるべきことが説かれています。

 

第六節 経済と道徳
 〈余は平生の経験から、自己の説として、「論語と算盤とは一致すべきものである」と言っている〉とあります。〈世に立って政(まつりごと)を行なうには、政務の要費はもちろん、一般人民の衣食住の必要から、金銭上の関係を生ずることは言うまでもないから、結局、国を治め民を済うためには道徳が必要であるから、経済と道徳とを調和せねばならぬこととなるのである〉というわけです。続けて、〈ゆえに余は、一個の事業家としても、経済と道徳の一致を勉むるために、常に論語と算盤との調和が肝要であると手軽く説明して、一般の人々が平易にその注意を怠らぬように導きつつあるのである〉と語られています。
 そのため、〈われわれの職分として、極力仁義道徳によって利用厚生の道を進めて行くという方針を取り、義理合一の信念を確立するように勉めなくてはならぬ〉わけです。義理同一の説が提示されています。

 

第七節 金の集散
 金については、〈金は社会の力を表彰する要具であるから、これを貴ぶのは正当であるが、必要の場合によく費消するは、もちろん善いことであるが、よく集めよく散じて社会を活発にし、したがって経済界の進歩を促すのは、有為の人の心掛くべきことであって、真に理財に長ずる人は、よく集むると同時によく散ずるようでなくてはならぬ〉とあります。つまり、〈よく散ずるという意味は、正当に支出するのであって、すなわちこれを善用することである〉ということです。
 散の方面については、〈金に対して戒むべきは濫費であると同時に、注意すべきは吝嗇である〉とあります。計画なしに費やすことや、無闇に金品を惜しむことが戒められています。

 

第八節 利殖と仁義
 〈利殖と仁義の道とは一致するものであることを知らせたい。私は論語と十露盤(そろばん)とをもって指導しているつもりである〉とあります。すなわち、〈飽くまで富を進め、富を擁護しつつ、その間に罪悪の伴わぬ神聖な富を作ろうとするには、どうしても一つの守るべき主義を持たねばならぬ。それは、すなわち私が常に言っている所の仁義道徳である。仁義道徳と生産殖利とは、決して矛盾しない〉というわけです。
 そのため、〈真に人を評論せんとならば、その富貴功名に属する、いわゆる成敗を第二に置き、よくその人の世に尽くしたる精神と効果とによって、すべきものである〉ということになります。
その上で渋沢は、〈自分は常に事業の経営に任じては、その仕事が国家に必要であって、また道理に合するようにして行きたいと心掛けて来た。仮令(たとい)その事業が微々たるものであろうとも、自分の利益は小額であるとしても、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで事に任じられる〉と語っています。

 

第九節 武士道と実業道
 渋沢は、〈今や武士道は移してもって、実業道とするがよい。日本人は飽くまで、大和魂の権化たる武士道をもって立たねばならぬ〉と述べています。続けて、〈商業にまれ工業にまれ、この心をもって心とせば、戦争において日本が常に世界の優位を占めつつあるがごとく、商工業においてもまた世界に勇を競うに至らるるのである〉と語っています。

 

第十節 『論語と算盤』考
 渋沢栄一の『論語と算盤』には、経済についての方策が示されています。
 渋沢は、論語と算盤の関係において、士魂と商才・道徳と経済・仁義と利殖・武士道と実業道の関係が調和することを、義理合一の説として述べています。このことは、孔子の教えにも適うというのです。
 自己と国家の関係においては、自己のことよりも、国家社会のためを考えるべきことが説かれています。己の利欲ではなく、仁義道徳に基づいた利殖が真正のものだというのです。なぜなら、国家社会によって自らは満足に世に立つことができるからです。その恩恵に報いて、社会のために助力すべきだというのです。その方が、心が楽しめるというのです。
 金については、社会の力を表彰する要具であるとし、よく集めよく散じて社会を活発にすべきことが説かれています。
 人の評価については、第一に世に尽くす精神と効果、第二に富貴功名の成敗を挙げています。

 

 

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK