TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:荻生徂徠『政談』の章

 

 荻生徂徠(1666~1728)は、江戸中期の儒学者です。著作である『政談』から、日本の経済論を見ていきます。
 『政談』では、さまざまな論点が散発的に述べられている箇所が多々あるので、個々の記述を私なりにまとめて紹介していきます。

 

第一節 困窮と富豊
 経済を論じるためには、困窮の悲惨さを考えておくことが重要です。
 徂徠は、〈太平久しく続く時、漸々上下困窮し、それよりして紀綱乱れてついには乱を生ず。和漢古今ともに治世より乱世に移る事は、皆世の困究より出る事、歴代のしるし鏡にかけて明か也。故に国天下を治むるには、まず富豊かなるようにする事、これ治めの根本也〉と述べています。平和が長く続くと、段々と困窮していき混乱が生ずるため、国を豊かにすることの重要性が説かれています。〈手前困究して衣食たらざれば、礼義を嗜む心なくなりて、下に礼義なければ、種々の悪事はこれよりして生じ、国ついに乱るる事、自然の道理也〉とあり、困窮が礼儀作法の喪失につながることが語られています。
 徂徠は、困窮を病気に例えています。〈国の困究するは病人の元気尽るが如し。元気尽れば病生じて死する事必然の理也。元気盛んなれば、いかようの大病をうけても療治はなるものなる故に、上医は必ず病人の元気に心を付け、よく国を治むる人は古より国の困究せぬようにと心を用ゆる事也。ここの境を会得して、国の豊かに富むようにする事、治めの根本也〉というわけです。

 

第二節 戸籍と路引
 国を豊かに富ますことが、治めの根本であると徂徠は考えています。その内容については、〈治めの根本にかえりて法を立て直すというは、三代の古も、異国の代々も、また我が国の古も、治めの根本は、とかく人を地に付くるようにする事、これ治めの根本也〉とあります。三代とは、古代中国の夏・殷・周の三王朝のことです。治めの根本は、人が土地に根付くことだというのです。
続けて、〈人を地に付くる仕形というは、戸籍・路引の二つ也。これにて世界に紛れもの無し〉と語られています。紛れものなしとは、為政者の把握から逃れ、社会の混乱にまぎれて生活するものがいないということです。
 一つ目の戸籍については、〈戸籍というはまずは人別帳の事也〉とあり、〈店替えを自由にし、他国へも自由にゆき、また他国より来りてその処にすむ事自由なれば、日本国中の人入り乱れ混雑し、何方も何方も皆暫くの住処というものになり、人に永久の心なし〉とあります。戸籍によって国民の所在をはっきりさせなければ、世の中は混乱するということです。
 二つ目の路引については、〈路引というは、総じて旅人道中の切手なり〉とあり、〈国境国境に関所ありて、切手をもってこれを越ゆる也〉とあります。つまり、路引とは旅券のことです。〈旅人、一泊も隔たる処より来らば、路引あるべし。路引なきは指置くべからざる也〉とされています。人の移動を、路引によってはっきりさせよということです。
 この戸籍と路引の二つによって、〈かくの如く法を立てる事は、日本国中の人を、江戸も田舎も皆所を定めて、これはいずくの人という事を極むる仕形也〉と語られています。国民の居場所を把握することの重要性が示されています。なぜなら、〈かくの如く法を立てたる時は、旅をする事余程不自由なるべし。当時は余り自由なれば害多き也〉と考えられているからです。自由すぎると、害悪が多くなるというのは重要な指摘です。

 

第三節 万民と土地
 戸籍や路引などの政策から分かるように、徂徠は人と土地との結び付きを重視しています。
 特に武士については、〈なかんずく武士という者は、元来土の上の業をするものなる故、田舎の住居にあらざれば武道廃るる事也〉とあります。〈身貴ければ身持も自由ならず、気の詰る事がち也〉とあるように、武士の気苦労がしのばれます。
 万民についても、〈古の聖人の治めの大綱は、上下万民を皆土に有り付けて、その上に礼法制度を立つる事、これ治めの大綱也〉とあり、土地と結び付けることの重要性が指摘されています。
 ただし、商人については少し違っていて、〈総じて商人は利倍をもって渡世をするもの故に、当時のありさまにても、一夜検校にもなり、または一日の内につぶれもするもにて、これ元来不定なる渡世をするもの故也〉とあります。商人は、急に大金持ちになったり、一日で没落したりして、定めなく世を渡る者だというのです。それに対し、〈武家と百姓とは、田地より外の渡世はなくて、常住の者なれば、ただ武家と百姓の常住に宜しきようにするを治めの根本とすべし。商人の潰るるというにはかつて構うまじき事也。これまた治道の大割の心得也と知るべし〉と語られています。武士階級や百姓は、土地との結びつきが強いため、それを考慮する必要がありますが、商人は勝手に商売してろということです。

 

第四節 風俗と制度
 徂徠は、風俗と制度についても詳しく論じています。〈御城下は諸事に付け自由なる所なる上に、せわしなき風俗と制度なきと、この二つを加ゆる故、武家の輩米を貴ぶ心なくなり、金を大切の物と思い、これよりして身上をみな商人に吸い取られて、武家日々に困究する事也〉とあります。武士は米を貴ぶ気持ちを無くしてお金に執着するから、商人にいいようにお金を吸い取られて困窮すると考えられています。
 風俗については、〈せわしなき風俗というは、元来政をする人治めの道を知らず、法度ばかりにて国を治むる事になりたる上に、上たる人の心の我儘より出来たる事にて下の思いやりなき故也〉とあります。落ち着かない風俗においては、法律も上のものが下を思いやることなく勝手に定めるため宜しくないというのです。
 制度については、〈制度なきという事は如何の事となれば、古聖人の治めに制度という物を立てて、これにて上下の差別をたて、奢を押え、世界を豊かにする妙術也〉とあります。制度とは、分限を立てて世界を豊かにするものなのです。詳細には、〈衣服・家居・器物あるいは婚礼・喪礼・音信・贈答・供廻りの次第まで、人々貴賤・知行の高下・役柄の品に応じて、それぞれに次第あるを制度という也〉と説明されています。〈制度を立つる仕形は、上大名より下小身の諸士に至るまで、衣服より家居・器物・食事・供廻り、役席・官禄等の限りをもって立つるべし〉ともあります。
少し注意が必要なのは、〈今の代にある格というようなる物は、古より伝わりたる礼にもあらず、また上より屹(きっ)と立てられたる格にもあらず〉とあり、風俗によって自然と成立したものは制度とは認められていないことです。

 

第五節 誠の制度
 徂徠は、誠の制度について記しています。〈誠の制度という物は、往古を鑑み未来を計りて、畢竟世界の安穏に末永く豊かなるように、上の了簡をもって立置き候事にて、往古を鑑みる事は、総じて人情という物は、時代の替りなく古今も同じ事也〉とあります。誠の制度とは、時代によって変わることない人情をもって、過去を顧みて未来を憂うことによってもたらされるのです。
 さらに詳細が語られ、〈未来をはかる事の制度は、その御代の伝わらん限りは永く守るべき物なれば、とかく質素なるがよきとて、質素過ぎて制度を立ておく時は、代の末になる程文華になるもの故、ついには制度を破る事になるによって、質素過ぎて立てたるは必ず久しく伝わらず。また、人情は文華を好むとて、制度を華美過ぎて立て置く時は、国中早く尽きてよろしからず。故に文質の程らいをば末へ伝うるべき程を考えてよろしく立置く時は、その御代永く伝わる事也〉とあります。その制度は、質素がよくても質素過ぎてはよろしくなく、華やかであっても華やかすぎてもよろしくなく、すなわち程度を考慮すべきことが示されているのです。

 

第六節 上と下
 制度と人の関係についても、徂徠は論じています。〈これ下たる物の情は、みな天下世界を苦にし世話にする心はなく、ただわが身の上ばかりを思う故也。故に上たる人天下世界を苦にし世話にし、代の久しく伝わりて万民の永く安穏ならん事を計りて制度を立つる事也〉とあります。下の者は、天下世界のために心身を労することがないと考えられています。そのため、上の者が天下世界のために心身を労して考え、末永く続き万民のためになる制度を立てるべきことが語られています。
 また、徂徠は、〈総じて天地の間に万物を生ずる事、おのおのその限りあり〉という考えに立って、〈衣服・食物・家居に至るまで、貴き人にはよき物を用いさせ、賤しき人にはあしき物を用いさするように制度を立つる時は、元来貴き人は少なく、賤しき人は多き故、少なき物を少なき人が用い、多き物を遠き人が用いて、道理相応し、行支えなく、日本国中に生ずる物を、日本国中の人が用いて事足る事也〉と述べています。各人の分限に応じて、限りある資源を配分すべきことが語られています。その上で、〈兼て制度を立ててこれを守らする時は、人々知る故、分にすぎたるおごりはおのずからなくて、世上に費えなし〉とあります。制度を立てることによって、分を守るようにするというのです。〈華美を好むは人情の常なるゆえ、制度なき故に世は次第におごりになりゆく也〉というわけです。〈とかく制度を立てずして、倹約は決して立たぬ事也〉と、徂徠は考えています。

 

第七節 法と道
 徂徠は、法と道について述べています。
法については、〈法立たずして、いたずらものの楽なる世界なる事、よろしからざる事の第一也〉とあります。法を立てずに何でも自由にできてしまうことを戒めています。さらに、〈土地を持ちて民を支配する時は、刑罰なくては法はたたぬ事也〉とあり、罰則を伴う法による支配を提示しています。
 法と人の関係については、〈総じて人と法との二つを分けて知るべき事也。法は仕形也。人とはそれを取扱う人也〉とあります。〈人さえよければ、仕形はあしく定めたりとも、人に器量ある故に、これをよく取扱いて国は治むる事也〉とあるように、法は人次第なのです。
 そして、人が法を取り扱うところにおいて、道があらわれます。〈国を治むる道は人を知る事を第一肝要なる事にする事、古より聖人の道かくの如し〉とあり、〈人を知る道はやはり人をつかう所にあり〉ということです。人を知り、人をつかうことにおいて道があり、その取り扱うものとして法があるのです。

 

第八節 徂徠によるまとめ
 徂徠は、結論を次のようにまとめています。
 すなわち、〈肝心の所は、世界旅宿の境界なると、諸事の制度なきと、この二つに帰する事也。これによりて、戸籍を立てて万民を住処に在り付くると、町人・百姓と武家との制度の差別を立つると、大名の家に制度を立つると、御買上げという事等のこれなきようにすると、田井台これらにて、世界はゆり直りて、豊かにもなるべし〉というわけです。国民の住処を把握し、それぞれに合った制度を立てることで、世界の流通が活発に動いて経済が正しく直り、豊かさがもたらされるというのです。そのとき、〈上にばかり御倹約のありて、御勝手直りたりとも、万民困窮せば宜しからざる御事也。上下ともに富み豊かになりて、御代の長久にあらんこと願い奉る御事也〉とあるように、上下ともに豊かになるというのです。

 

第九節『政談』考
 荻生徂徠の『政談』には、経済についての方策が示されています。
 徂徠は、困窮が社会の混乱の原因になるため、国を豊かにすることが治世の根本と考えています。そのために、人と土地との結びつきを、戸籍や旅券などによって把握することを提案しています。ただし、武士や百姓と土地の関係を重視する一方、商人の商売はそれとは異質であることも認めています。
 また、自然に発生する風俗と、人為によって定めた制度を区別して論じています。特に、誠の制度として、歴史感覚や程度問題を考慮すべきことが説かれています。制度において徂徠は、各々の分限や節度を重視しています。制度によって倹約も可能となるというのです。
 徂徠は、人を使う道と、人が取り扱う法をしっかりと区別しています。人があっての法であり、その上での法による支配を説いています。徂徠の考えでは、人の住処をはっきりさせて、適切な制度を立てることによって、経済は適切に動いて世界は豊かになるのです。

 

  

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK