TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:本多利明『西域物語』の章

 

 本多利明(1744~1821)は、江戸後期の経世家です。数学・天文学・蘭学などを学び、諸国を歴訪して見聞を広め、貿易振興による富国策を説きました。著書である『西域物語』から、経済についての考え方を見てきます。

 

第一節 窮理学
 利明は、究理学を勧めています。〈学問の本旨とする処は、衆人に背からず、頑愚(がんぐ)をも能(よく)容(い)れ、国家に益ある道を勉め守る外に有まじく、其最初は何より学(まなん)で其道に入んとならば究理学より入らんも近かるべし〉とあります。学問は、大勢の人々を取り込み、おろかで強情と思われるところも取り込んで、国家に利益のあることを勉め守るべきだというのです。その際、究理学から学び始めるのがよいとされています。究理学は事物の道理や法則を追究することであり、『易経』に由来します。究理学は当時の蘭学者の間では、具体的には物理学を意味していました。利明は、〈究理学と有、何といふとなれば、彼天地の学といへり〉と述べており、究理学に天文や地理を中心とする西欧の自然科学の意味を持たせています。
 その詳細は、〈天地の学は何を以て入らんとなれば、其最初は数理、推歩(すいほ)、測量の法より入んも近かるべし〉とあります。数理は物体の在り方・関係を数量で表わす学(自然科学の根本)と説明されています。推歩は天体の運行を観測する暦学であり、測量は物体や地形の高さ・深さ・長さ・広さ・距離を測り、地図を作成する技術のことです。いずれも天文・地理・渡海の基礎となる学問・技術のことです。
 それらの上で、〈是等を能(よく)透脱(とうだつ)の後、西域の学に入べし。西域の書籍も多しといへども、其内天文、地理、渡海の書を先とせんか、語路不分明之所有といへ共、数字は異体にても、一より十に至るの数は日本と相等し。因て数を以て推て知事多し〉と説明されています。数理・推歩・測量の法を理解した後に、天文・地理・航海の指針となる書を学ぶべきだというのです。

 

第二節 実事と虚事
 利明は、〈何事にても実事は難く、虚事は易く、焉(これ)を知ざるは、名を為し功を取事はならぬ也。故(ゆえに)先哲も先(まず)、虚事を以てなづけ、後に実事を布く〉と述べています。抽象的な理論で対象の全体像をつかみ、それから具体的に個別な事例へと進むやり方が示されています。
 例えば、〈日本は海国成(なれ)ば、是に備ふべき天文・地理・渡海の法を以(もって)当時の急務とし、是に仕向すれば、其器に当る者何程も出来、国家の要用に達る也〉とあります。究理学の法をもって、現在の問題に向かって行くことが語られています。そうすれば、国家の役に立てるというのです。

 

第三節 治道と撫育
 利明は、〈真実に有難く思ひて万民より治る道を勤て、治ざれ共万歳の基を開く風俗となれば、なんぼう目出度事に非や〉と述べています。万民より治る道とは、下庶民の間から自然に治まっていく道を意味しています。この道は、〈治道と云、農民の困苦を救ふを先とせり〉とあるように、農民を救う道です。治道の基本的政策は、撫育の道です。〈撫育の道。渡海・運送・交易にありて、外に良法なき事明か也。小に取ば我国内、大に取ば外国迄に係る、是国に益を生る密策なり〉と語られています。
 撫育の詳細については、〈飢饉といふも冬より夏の麦作に取付迄か、夏より秋の取付迄の間、一、二、三ヶ月の内なる者なれば、此間に食物になるべき売物の絶ざる様に手当するを以て、餓死人は出来ざる者也。此を号(なづ)けて撫育と云て、なくて叶はぬ制度也〉とあります。飢饉などの緊急時の対策をきちんとしておいて、餓死者などが出ないように制度を整えておくことを撫育というのです。

  

第四節 改革と君臣
 改革については、〈用心は則(すなわち)改革也〉とあります。心掛けることは、制度的改変だというのです。続いて、〈改革は何とすると云(いわ)んなれど、難き事の頂上なれば、容易に噴(ふき)難く、都(すべ)て善悪の大端よりせざれば、万民得心せざるもの也〉と説明されています。窮理における幕藩体制の改革ですが、実現しがたく述べがたいため、いくらか口をつぐんだ形になっています。
 ただし利明は、〈君と臣とは合体して時勢をよく知り、其風俗に随て其善に勧むべし〉と述べています。幕藩体制における提案であり、〈君臣の道立なり。是天下の達道也〉と語られています。天下の達道とは、古今東西を通じて政治のよるべき道であり、自然の治道のことです。 

  

第五節 子孫と夫婦
 利明は、子供の間引きを強く非難しています。〈養育・教示・制度といふて外になし。近く約(つづめ)ていへば、何程多く子孫ありても、一人も間引にせずに養育する共食糧に乏からず、成長の後、渡世産業に何也共支滞なき様、目当を仕向の教示あり。是又制度に因て立風俗也。此所、政務第一の肝要也〉というわけです。この問題解決こそ、第一の政務だというのです。
 さらに利明は、夫婦関係も重要視しています。〈其国の本は則(すなわち)夫婦也。其夫婦に子孫あり。是を善(よく)養ふを以て、国の本が立也。其国の本の増殖に行(ゆき)支(つか)へなく能(よく)養ひ遂る仕方あり。是を善政といふ。万民に父母たる道なり。其道則(すなわち)国の元にして、夫婦に始るなり〉とあります。

  

第六節 自国と他国
 利明は、自国と他国の関係について言及しています。〈自国の力を以、自国の養育をせんとすれば常に足らず、強てせんとすれば国民疲れて、廃業の国民出来して大業を破るに至る。爰(ここ)を以、他国の力を容れずしては、何一ツ成就する事なし〉とあります。そのため、〈他国の力を容んは、海洋を渉渡(しょうと)せざれば、他国へ至る事難し。海洋を渉渡するには、天文・地理・渉渡の法に暗くては、海洋を渉渡する事ならず。故に西域の風俗人情の事を呉々(くれぐれ)も述たる也〉と語られています。国用不足を補うためには、他国より力を抜き取ること(金銀を取り込むこと)が必要だというのです。そのためには交易が必要であり、交易のためには海洋渉渡が必要であり、そのためには針路方位を明らかにする天文・地理学、総じて合理的な西洋自然科学が必要という順序になるというのです。
 各国間で足りないものを融通し合うのです。〈手当と云て外になし。彼渡海・運送・交易を以て、豊作の国の米穀を、此凶作の国へ兼て前広に多く入置けば、自然と融通し、何不足ともしらずして豊作の年を迎るなり〉というわけです。豊作の国の米を、凶作の国に融通するのです。日本についても、〈万一も日本国中の凶作ならば、日本附周廻(しゅうかい)の島々より、夫食に成べき物を、何也共多く入置ば、国中融通し、何不自由ともしらずして翌年の豊作にも遇(あう)也〉とあります。日本が凶作なら、廻りの島から食べ物を輸入すべきだというのです。

  

第七節 金銀の通用
 利明は、〈夫通用金銀は、国産融通の為製作せしものなれば、多からず少からず、中分なる所に際限を立、諸物の価余りに高直ならば、通用金銀の多きを知て引揚、又余りに下直ならば、通用金銀の少きを知て放ち与へ、諸色の価を天下平均させしむ〉と述べています。貨幣は国の生産物の流通をなかだちする役目を果すために作られたものであり、それ自身に価値があるものではなく、貨物との関係や貨物に対する役目の故に価値があるというのです。その数量の多少が物価の高下を決定しますから、物価調節の為には通貨を伸縮させねばならないという、利明の基本的な貨幣説や物価政策論が見られます。
 続いて、〈通用金銀の多少差引は、国家第一の政務にして、常に密々差引せざれば、庶民の産業に勝劣出来、恨悔(こんかい)憤怒の遺念を蘊積(うんせき)し、終(つい)に刑罰の罪人多く成て、国民を失ふ事も多分に至るもの也。因て通用金銀の差引程大切成差引はなし〉とあります。通貨の量の多い少ないに応じて、その量を伸縮させ、物価を調節することが政府の大事な役割として説かれています。

  

第八節 国家興
 利明は、〈只其国より産(うまる)る所の物を用て、其国を養んとすれば常に足らず。強てせんとすれば、必国民疲れて成就せず、是に於て他の力を入れずしては、大業の成就する事は決てなし。此境を、開祖たる人能[諦]悟し、万国の力を抜取て我国へ入れざれば、此大業が決て成就せずと見究め、扨(さて)万国の力を抜取には、交易を用て抜取の外なし〉と述べています。自国のことを自国だけでまかなうことは困難であるという原理を理解し、さまざまな国の力を自国へ取り込むべきだというのです。そのためには、交易の他に手段はないというのです。続けて、〈交易は海洋渉渡するにあり。海洋渉渡は天文・地理にあり、天文・地理は算数にあり。此則国家を興すの大端也〉とあります。国家を興す発端は、交易の海洋渉渡であり、それには天文・地理が必要であり、その基礎は算数にあるというのです。

  

第九節 『西域物語』考
 本多利明の『西域物語』には、経済についての方策が示されています。
 利明は、物理学・天文学・地理学・自然科学などを総称した窮理学を勧めています。窮理学においては、天文・地理・渡海(航海)の指針となる書を学んで、国家の役にたつべきことが説かれています。その際に、抽象的な理論で対象の全体像をつかみ、それから具体的に個別な事例へと進むやり方が示されています。
 利明は、農民を撫育する道である治道も勧めています。治道においては、渡海・運送・交易が重要視されています。君臣が共に協力し、養育・教示・制度を整え、夫婦関係を大事にすることが説かれています。撫育には、緊急時の対策を立て、餓死者を出さない制度が必要とされています。
 国家間の関係については、足りないものを融通し合うことや、他国の力を抜き取り、自国へ取り込むべきことが語られています。自国だけではどうしても不足が生まれるため、交易によって国家を興すべきであり、そのために天文・地理などの学問、およびその基礎となる算数が必要になるというのです。
 政府の役割としては、貨幣を伸縮させて物価調節を行うべきことが大事な役割として説かれています。

 

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK