TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:会沢安『新論』の章

 

 会沢安[ 会沢正志斎 ](1782~1863)は、江戸後期の水戸藩士です。尊王攘夷の運動を推進し、水戸学の発展に努めました。著作である『新論』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 五論
 『新論』には、〈臣ここを以て慷慨悲憤し、自から已む能はず、敢へて国家のよろしく恃むべきところのものを陳ぶ。一に曰く国体、以て神聖、忠孝を以て国を建てたまへるを論じて、遂にその武を尚び民命を重んずるの説に及ぶ。二に曰く形勢、以て四海万国の大勢を論ず。三に曰く虜情、以て戎狄覬覦するの情実を論ず。四に曰く守禦、以て国を富まし兵を強くするの要務を論ず。五に曰く長計、以て民を化し俗を成すの遠図を論ず。この五論は、皆天の定つてまた人に勝つを祈る所以なり。臣の自から誓つて身を以て天地に殉ずるもの、大略かくのごとし〉とあります。
 会沢は、国家が依って立つべき点を論じています。すなわち、国体・形勢・虜情・守禦・長計の五つです。国体とは、国家の体制であり、国柄のことです。日本の国体が神聖であるのは、記紀神話に伝えられる神々のためであり、人民の生活を重んじることにつながっています。形勢とは、日本を取り巻く国際情勢のことです。虜情とは、外夷が非望を抱いて、神州である日本ををうかがう状況のことです。守禦とは、富国強兵のことです。長計とは、遠大なはかりごとのことです。

 

第二節 貨幣
 会沢は、〈穀なるものは、以て腹に充つるに取るのみ、これを銷するに限りあり。百物は新を競ひ奇を闘はし、いよいよ出でていよいよ窮りなし〉と述べています。穀物は腹を満たすものであり消費に限界がありますが、諸物品は新奇を競って限界がないというのです。
 その上で貨幣について、〈貨幣は軽重を権(はか)る所以にして、物多ければ、すなはち物軽くして金重し。金重ければ、すなわちその数寡(すくな)しといへども、また用に乏しからず〉と語られています。貨幣は価値をはかる基準であり、品物が多ければ品物の価値は低く金銭の方が高くなるというのです。金銭の方が高ければ、流通量が少なくても不自由しないというのです。
 さらに、〈貨幣多ければすなはち軽く、軽ければすなはち百物随つて重し。工商の生活に、用ふるところの物すでに重ければ、すなはち必ずその造作・貿易するところのものを貴くして、以て衣食の費を償ふ。故に百物いよいよ重くして、貨幣いよいよ軽し。いよいよ軽ければ、すなはち多しといへどもまたなお乏しきがごときなり〉とあります。貨幣の流通量が増えると貨幣価値が下がり、それにつれて物価が騰貴するというのです。工商の生活用品が高くなると、製造して販売するものをつりあげて生活費をまかなおうとします。そのため、物価はますます上がり、貨幣価値はいよいよ下がるというのです。貨幣価値が下がると、流通量は多くても足りなくなるというのです。
 会沢は、〈およそ天下の物は偏重あれば、すなはちその軽からざるものもまたなお軽きがごとし。故に百物の偏重にして、貨幣の偏軽あり、百物の偏貴にして、米穀の偏賤あり、これその勢の尤も見易きものなり〉と述べています。何かが偏って重ければ軽くないものまで軽く見られるというのです。そのため、諸物品が偏って重いと貨幣は偏って軽く、諸物価が高いと米穀だけが安いということは、その分かりやすい例だというのです。

 

第三節 米穀政策
 米穀については、〈海内の穀は、よろしく海内に蔵すべくして、まさにこれを海外に棄つべからざるは、理の知り易きものなり〉とあります。国内の米穀は、国内に貯蔵して、海外に放棄してはならないというのです。
 さらに、〈天下の穀いよいよ多くして、人困しまざるは、散じてこれを民間に蔵すればなり。故に穀を蔵せんと欲すれば、海内自(おのず)からその所あり、何ぞ必ずしもこれを海外に棄てて、しかる後に天下の困しまざるを見んや〉とあります。米穀を分散して民間に貯蔵することで、人民が困窮しなくなるというのです。その貯蔵場所は、海外ではなく国内であるべきだというのです。

 

第四節 改革四点
 会沢は、〈天下よろしく釐革すべきもの四あり〉と述べています。釐は改めるの意です。天下には、改革すべき点が四つあるというのです。
 まず、〈その一に曰く、内政を修む。その目(もく)四あり。士風を興すなり、奢靡(しゃび)を禁ずるなり、万民を安んずるなり、賢才を挙ぐるなり〉とあります。改革の第一に、国内政治の整備が挙げられています。その内容は、士風の作興・奢侈の禁止・民生の保障・人財の登用の四つに分けられています。
 次に、〈その二に曰く、軍令を飭(ととの)ふ、と。その目三あり、驕兵を汰するなり、兵衆を増すなり、訓練を精にするなり〉とあります。第二に、軍令を整えることが挙げられています。その内容は、驕兵を整理すること・兵員を増員すること・精兵を訓練することの三つに分けられています。
 次に、〈その三に曰く、邦国を富ます〉とあります。第三に、藩を豊かにすることが挙げられています。その方法については、〈今、貧を転じて富となさんと欲せば、固(もと)より習俗に拘るを得ず〉とあります。貧しい状態から富を得るためには、現在の風俗にとらわれてはならないというのです。さらに、〈斟酌(しんしゃく)損益し、虚文を去りて実功に就くも、また英雄、時を相(み)て弛張(しちょう)する所以の権衡(けんこう)なり〉と語られています。利害を斟酌し、うわべの形式を廃して実益を取るのは、英雄が時機をみて緩急自在に臨機応変に対応することだというのです。
 最後に、〈その四に曰く、守備を頒(わか)つ〉とあります。第四に、守備を分散することが挙げられています。その内容については、〈臣を以てこれを策するに曰く屯兵を設く、曰く斥候を明らかにす、曰く水兵を繕(おさ)む、曰く火器を練る、曰く資糧を峙(そな)ふ。この五者、以て創立せざるべからざるなり〉とあります。屯田兵をおくこと・斥候(敵情偵察)の組織を整えること・海軍を整備すること・火器を鍛えること・食糧を備蓄することの五つに分かれています。

 

第五節 利潤の適正化
 利潤の適正化については、〈軽重その権を得、米価その平を得、姦商猾賈をして専ら利柄を操(と)ることなからしめ、販夫・販婦をして独りその業を失ふことなからしめ、善く利を導きてこれを上下に布けば、すなはち邦君より以て士民に及び、その穀多く蔵すべくして、経費もまた以て給すべし〉とあります。軽重の均衡で米価が平均化され、悪商人が利益を独占することなく、行商人だけが失業することなく、利潤の適正をはかって上も下も指導すれば、皆の米穀の収蔵が増えて必要経費も足りるようになるというのです。
 さらに、〈士民倶(とも)に富めば、すなはち商賈もまた随つてその利を受く。糶糴(ちょうてき)制ありて上下倶に便し、利を導く所以のもの周(あまね)きなり〉とあります。武士も民も豊かになれば、商人もまた利益を得るようになるというのです。米穀の売買制度を整えると上も下も便利になり、利潤の適正化が全体に及ぶとされています。

 

第六節 時に臨む
 会沢は、〈およそ財穀を理(おさ)むるは、その術一端ならず。今、これを行はんと欲するに、一利を興せばすなはち一害随つて生ず。時に臨んでよろしきを制し、一を執りてこれを論ずべからず〉と述べています。米穀の財政管理は、方式が単純ではないというのです。有効な策を一つ行うと害も生じるため、その時その時で適宜な手段を取り、一つの方式にとらわれてはならないとされています。
 例えば、〈水土の産、人工の作、山獄の秘、米穀の儲は、その糜(び)を息(や)め、その生を広くし、害あるものはこれを除き、利あるものはこれを興し、深く謀り遠く慮り、時を相(み)て弛張(しちょう)し、これが権衡(けんこう)を設け、これが制度を立て、まさにその人を待ちてしかる後に行はんとす〉とあります。自然の産物・人工の作品・鉱物資源・米穀貯蔵などは、浪費を止めて生産を広げ、害のあるものは制限し、利のあるものは開発し、将来のことを考慮し、時機を察し、統制と放任により均衡をはかり、制度を立てて適材適所によってこれを実行すべきと語られています。
続けて、〈およそこれ皆資糧の峙(そなえ)にして、間暇に及びて審(つまび)らかにこれを議せざるべからざるなり〉とあります。つまり、資材・食糧の備えは、平時において詳細に議論しておかなければならないというのです。
 会沢は、〈夫れ天下の事、この利あらば必ずこの害あり、二者相倚らざるはなし〉と述べています。天下のことは、一の利があればかならず一の害がともない、両者は相関的であることが認識されています。

 

第七節 義と利
 義と利の関係については、〈苟しくも義を以て利となるにあらざるよりは、すなはち所謂、利なるものは、未だその利たるを見ざるなり〉とあります。義こそが利なのであり、義を伴わない利は、本当の利ではないというのです。

 

第八節 『新論』考
 会沢安の『新論』には、経済についての方策が示されています。
 まず、国家の依って立つべき五点として、国体・形勢・虜情・守禦・長計が挙げられています。分かりやすく言い換えると、日本の国柄・国際情勢・外敵状況・富国強兵・遠大な戦略のことです。
貨幣については、価値をはかる基準だとされています。品物が多ければ金銭の価値が上がり、金銭の方が高ければ、流通量が少なくても不自由しないと語られています。貨幣の流通量が増えると貨幣価値が下がり、それにつれて物価が騰貴するというのです。貨幣価値が下がると、流通量は多くても足りなくなるとされています。諸物品が偏って重いと貨幣は偏って軽くなるというのです。
 国内の米穀については、国内に貯蔵して、海外に放棄してはならないとされています。米穀を分散して民間に貯蔵することで、人民が困窮しなくなるからです。その貯蔵場所は、もちろん海外ではなく国内にすべきだと語られています。
 改革については、四点が挙げられています。第一は国内政治の整備であり、その内容は、士風の作興・奢侈の禁止・民生の保障・人財の登用の四つです。第二は軍令を整えることであり、その内容は、驕兵を整理すること・兵員を増員すること・精兵を訓練することの三つです。第三は藩を豊かにすることです。そのためには、現在の風俗にとらわれてはならないことが指摘されています。実益を取るには、緩急自在に臨機応変に対応することが必要だと語られています。第四は守備を分散することであり、その内容は、屯田兵をおくこと・斥候(敵情偵察)の組織を整えること・海軍を整備すること・火器を鍛えること・食糧を備蓄することの五つです。
 利潤については、適正化をはかることで、必要経費も足りるようになると考えられています。売買制度を整えて便利にすることで、利潤の適正化が全体に及ぶと語られています。
 財政管理については、適切な手段を取るべきであり、一つの方式にとらわれてはならないとされています。
 自然の産物・人工の作品・鉱物資源・米穀貯蔵などは、浪費を止めて生産を広げ、害のあるものは制限し、利のあるものは開発し、将来のことを考慮し、時機を察し、統制と放任により均衡をはかり、制度を立てて適材適所によってこれを実行すべきことが説かれています。
資材・食糧の備えは、平時において詳細に議論しておくべきことが指摘されています。
利益については、害を伴うため、相関的であることが認識されています。
 義と利の関係については、義こそが利なのであり、義を伴わない利は、本当の利ではないと語られています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK