TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:熊沢蕃山『集義和書』の章

 

 熊沢蕃山(1619~1691)は、江戸前期の儒学者です。著書である『集義和書』から、蕃山の経済論を見ていきます。

 

第一節 倹約と吝嗇
 蕃山は、〈倹約は、我身に無欲にして、人にほどこし、吝嗇は、我身に欲ふかくして、人にほどこさず〉と述べています。欲が自身に及ぶか否かによって、倹約と吝嗇の差異を見出しています。

 

第二節 貧と富
 蕃山は、〈世の中の人残らず富候はゞ、天地も其まゝつき候なん。貧賤なればこそ五穀・諸菜を作り、衣服を織出し、材木・薪をきり、塩をやき魚をとり、諸物をあきなひ仕候へ〉と述べています。人間というのは、貧乏だからこそ働くのだという事実が指摘されています。
そのため、〈農・工・商も貧よりおこりて世の中たち申候。たゞ農・工・商のみしかるにあらず。士といへども、貧を常として学問諸芸を厲(はげ)み、才徳達し候なり。生まれながら栄耀なる者は、おほくは不才不徳にして、国家の用にたちがたく候〉と語られています。金に不自由したことがない者は、国家の役には立たないと考えられています。

 

第三節 乱世の大本
 蕃山は、〈天下・国家、飲食衣服備り足て、武具おほく武芸達者にて、誠の道明かにしてまどひなく、君臣相和し、父子相親み、夫婦別あり、兄弟序あり、朋有相ゆづりて争訟なくば、乱を願ふとも得べからず〉と述べています。備えあれば、乱れることはないというのです。
 〈乱世と成ものあるは、何ぞや〉という問いに対しては、〈其大本三あり〉とあり、三つの原因があると答えられています。具体的には、〈一には、大都・小都共に河海の通路よき地に都するときは、驕奢日々に長じてふせぎがたし。商人富て士貧しくなるものなり〉とあります。都市の発達によって生活が贅沢になることが一つ目に挙げられています。次に、〈二には、粟(ぞく)を以て諸物にかふる事次第にうすくなり、金銀銭を用ること専なる時は、諸色次第に高直に成て、天下の金銀商人の手にわたり、大身・小身共に用不測するものなり〉とあります。貨幣の流用によって、諸物の物価高が起こり、商人に権限が移ることの弊害が二つ目に挙げられています。最後は、〈三には、当然の式なき時は、事しげく物多くなるもの也〉とあります。理の当然に叶う易簡の礼式がないときは、物入りが多くなることの弊害が三つ目に挙げられています。
 蕃山は、〈物の盛衰は物の自然也。況や己が利を専にし、衆の苦みをなす者、何ぞ久しかるべき〉と述べています。己の利益を優先していては、繁栄は続かないということです。

 

第四節 『集義和書』考
 熊沢蕃山の『集義和書』には、経済についての考え方が示されています。
 蕃山は、自身の利益に拘泥するのではなく、無私によって考えるべきことを基本としています。貧乏ゆえに世の中が回ることを認識し、乱世を防ぐことを目指しています。そのため乱世の原因について考察し、贅沢・商人の力の増大・礼式の欠如を挙げています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK