TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

日本式経済論:帆足万里『東潜夫論』の章


 帆足万里(1778~1852)は、江戸後期の儒学者であり、理学者です。西欧近世科学を学び、三浦梅園の説を発展させました。著作である『東潜夫論』から、日本の経済論を見ていきます。

 

第一節 経済
 経済について、〈士大夫たる人宜しく数を学びて、田賦の法、金財の出納をも明察し、郡奉行、勘定方をも差引して使ふべし。左もなくては経済に於いて行届かず、毎(つね)に金財のことにて胥吏に制せらるゝなり〉とあります。経済においては、数に強くなり、法および銭や物品の出し入れに通じておくべきことが語られています。そうしないと、役人の掌の上で踊らされることになるというのです。

 

第二節 国政
 万里は、〈今の世、町人を勝手向の役に使ふ國多し。是甚だ宜しからぬことなり。先づ財利の事も國政なり。町人に頼みて國を治むべき理なし〉と述べています。財産と利益も重要な国政であるため、民間人に政務を任せることの危険が指摘されています。
 なぜなら、〈町人は利分を表として私多きものなり。且つ利徳のことには幼少より馴れて、中々以て士人の及ぶ所にあらず。必ず欺かれて盡く國益を盗まるなり〉というわけです。町人は儲けに長けていて、利益を得ることについては侍の及ぶところではなく、国政を間違った方へ導く可能性があるというのです。

 

第三節 賄賂
 賄賂については、〈諸侯の國にては一籃の魚、一筺の果も受けしむべからず。是皆賄賂の類なり。魚果の類、利徳にはならねども、已に其物を受けては人情気の毒に思ふ心出来て、必ず法を枉(まげ)る様になるなり〉とあります。少しの賄賂だと思われるものについても、もらっては情が生まれてしまうため、受け取ってはならないとされてしまいます。
 役人については、〈俗に役人の下方の物を受けるを役徳といふ。役義は元勤めなり。勤めに利徳あるべき理なし。皆賄賂なり。役義を正直に勤むれば昇進もし、加増をも賜はるなり。是こそ真の役徳といふべし〉とあります。役人には、役得というものはなく、それは賄賂に過ぎないというのです。役人は、まじめに働いて出世すべきことが説かれています。〈軽賤より歴(へのぼ)上りし人は徒らに利欲を面(おもて)として志操ある人少なし〉ということです。

 

第四節 学問と武勇と清廉
 万里は、〈治民及び貢賦は其國第一の要務なり。軽賤の人を用ゆべきにあらず。必ず学術ある士人を用ゆべし。是治平の世、学問を用ゆべきわけなり〉と述べています。民を治めることと貢ぎ物と税金は、政治の大事な仕事であり、学のある人が必要だというのです。
 政治においては、戦国と太平によって場合分けがなされています。まず、〈戦國には武勇を面(おもて)とす。武勇なれば人の國をも伐(き)り取りにす。故に武勇の士は少々の過も赦され、臆病なる人扶持にも離れ、人にも比数せられぬなり〉とあります。次に、〈太平の世は領地限り有り費用多ければ、清廉にして盗みせぬ人を第一とすべし。清廉の士は少々の過は赦すべし。貪汚にして官物を盗み、賄賂を納るるものは其刑尤も重かるべし。戦國の陣頭にて逃走する者と同じ〉とあります。戦国では武勇が、太平では清廉が大事だというのです。その時代に必要な人材の過誤は、大目に見る必要があるというのです。逆に、戦国における逃走や太平における貪汚は罪が重いとされています。
 貪汚については、〈今の世、大夫たるもの貪汚にして、官物を盗みし人を罰せぬは其故二つあり。一は結構なる人なりと言はれて自分の悪事を掩(おお)ふにあり。二つは素より其人の賄賂を受けしゆゑなり〉とあります。悪事の隠蔽と、賄賂が、貪汚の例として示されています。

 

第五節 御勤
 万里は、〈俗に精を入れぬ事を御勤めといふ〉と述べています。続けて、〈商売は自分の為に十分出精しても時としては損失あり。況や御勤めにてなさば豈利益あらんや。第一は國體を失ひて、第二大損失あるなり〉と語られています。利益のために動いたとしても、損失は生まれる可能性があります。政治の勤めにおける損失は致命的なため、利益を優先すべきではないというのです。
 勤めについては、〈天下の事は大小に由らず、一己にて出来ぬものなり。第一輔翼の人を求むべし〉とあります。世の中は自分一人では何もできないため、他人の協力が必要だというのです。

 

第六節 『東潜夫論』考
 帆足万里の『東潜夫論』には、経済についての方策が示されています。
 経済においては、数を用いることが重要視されています。また、法、および銭や物品の出し入れに通じておくべきことが示されています。
 財産管理や利益追求などの経済行為は、政府の重要な仕事だと考えられています。そのため、民間人を登用することの危険性が指摘されています。その際、賄賂を厳密に禁止すべきことが語られています。
 政治や経済には学が必要であり、なおかつ戦時においては武勇、平時においては清廉が必要だとされています。その素質が備わっていれば、小さな失敗は大目に見るべきことが語られています。
 政治における経済の勤めを行う際には、利益追求に偏ることを戒め、仲間との協力が必要なことが説かれています。

 

 

 『日本式 経済論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK