『思想遊戯』第一章 桜の季節



 桜の花びらが、静かに舞っている。


 桜の美しさは、彼女に、とても良く似合う。

 彼女が僕の瞳をとらえ、持っていた石を胸の前へかざし、告げた。


 「この石は"虚無"です。」


 不思議な言葉だった。

 彼女が、何を言っているのか分からない。

 彼女は、何を言っているのだろう?

 僕に、何を伝えたいのだろう?


 そして、どうして僕は、彼女の言っていることが分からないのだろう?








 第一節 桜の森の満開の下 へ進む


 思想遊戯 に戻る

 TOP に戻る


コメントする

カテゴリ

ウェブページ