TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

第一部 第七章 津村秀夫『何を破るべきか』の検討


 津村は、〈実は近代精神の超克と同時に現代精神の脱却も必要ではないかと愚考する〉と述べています。
 具体的には、〈我々は日本人の民族的生理に合致した(思想は特有の生理を要求する)日本の古代精神と、その伝統の流れを継承すると同時に、西欧近代精神のたとへばニイチェにしろ、ドストエフスキイにしろ、トルストイにしろ――これを決して軽蔑してはならぬと信ずるのであります〉と語られています。
 津村の述べているところを私なりに解釈すれば、近代や現代の精神のみを重視することは止めようということだと思われます。それは近代や現代の精神を単純に否定することではなく、日本古代の精神を継承しつつ、西欧近代精神における良質な部分は謙虚に学ぶべきだという当たり前の話だと思うのです。




 

 続・近代の超克 へ戻る


 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK