第二部 第四章 対キャピタリズム(資本主義)



 我々が近代の思想と訣別するために、ここでは経済上におけるキャピタリズム(資本主義)を否定し、それに代わる価値観を提示することにします。
 資本主義(capitalism)という言葉は、かなり曖昧に使用されているように思えます。
 資本主義という言葉は、19世紀中ごろからイギリスで使われるようになりました。その背景には、18世紀末に起こったイギリスの産業革命が影響しています。
 『岩波 現代 経済学事典』には、〈資本主義は、資本が私有され、利潤追求が経済活動の主要な要因になり、労働市場が生まれ、商品生産が一般化した社会と考えられている〉と説明されています。〈封建制の経済に代わる経済体制が生まれてきた。これを資本主義という〉とも説明があります。
 ちなみに「資本」については、〈一般的には、私的に所有され、利潤を求めて投下されている富の総体ということができる〉と定義されています。資本は、貨幣資本(お金)と実物資本(機械、工場設備、在庫、商品など)などに分類されます。
 資本主義は、社会主義(socialism)との比較で論じられることが多いようです。社会主義については、〈社会主義は、協同的で自由平等な社会を形成し、私利私欲や他人に支配される不公正と貧困から人々を解放しようとする思想、社会運動、および社会体制の三面から成っている〉と説明されています。〈近世以降は、資本主義経済の矛盾と抑圧を批判し、それらを克服しようとする特徴を強め、資本主義と対概念をなすに至る。socialismという用語は、1827年にオウエン派の機関誌に最初に登場し、フランスの空想的社会主義者たちにもつうずるものとして定着していった〉とも説明されています。
 資本主義を否定すると言っても、安易に社会主義に飛びつくわけにはいきません。ましてや共産主義などは論外です。そのため、資本主義を検討していく中で、社会主義や共産主義にも注意を払いながら、それらに代わる価値観を探っていくことになります。
 そのために、マルクス、ウェーバー、ケインズ、シュンペーター、そして、高橋是清の経済観を参照していくことにします。




 

 続・近代の超克 へ戻る


 論文一覧 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《メタ信仰論シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

 『遊歌論

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本