政治制度論『バーク』

 

 バーク(Edmund Burke, 1729~1797)は、英国のホイッグ党員の政治家であり、思想家でもあります。フランス革命に際し、近代保守主義の先駆となった『フランス革命の省察』(以降『省察』)を著しています。

 

第一節 『省察』の世襲王制
 バークの『省察』には、世襲王制について論じられています。
 バークは、〈王も、彼自身としては退位できましょうが、王政として退位するなど不可能です〉と考えています。〈王位継承は昔も今も変りなく、法による世襲継承でした。ただ以前の系統においてはコモン・ローの原理に従って働く制定法による継承となりましたが、それによって実質が何らかの変更を受けたのではなく、継承の様式が規定され、かつ人物が明記されただけです。コモン・ローと制定法というこれら二種の法は、二つながら同じ効力を有し、等しい権威に由来しているのであって、国家についての共通の同意と原始契約法は、二つながら同じ効力を有し、等しい権威に由来しているのであって、国家についての共通の同意と原始契約――「国家全体ノ共通ノ約束」――から流出し、またそのようなものとして、契約の条項が遵守され、かつは王と人民が同じ一つの国家組織を継承して行く限り、等しく両者を拘束します〉と語られています。
 すなわち、〈我々の自由を世襲の権利として規則正しく永続させ、また聖なるものとして保持すべき筋道乃至方法として、世襲王制以外何ものかがあり得るとは、これまで如何なる経験も教えたことがありません〉と考えられているのです。〈継承の歩みこそイギリス憲法の健全な習わしなのです〉というわけです。
 バークは、〈共和政形態に王政的要素を接ぎ木するよりも、王政にどんな種類であれ共和制を接ぎ木する方がより旨く行く〉と考えているのです。

 

第二節 『省察』の保守と革命
 保守については、〈何らか変更の手段を持たない国家には、自らを保守する手段がありません〉とあります。さらに、〈我が国の人々は、真に愛国的で自由独立な精神にとっては、自分達が所有している者を破壊から守るべく、なすべきことが幾らでもある、と思うに違いありません。私は変更をもまた排する者ではありません。しかしたとえ変更を加えるとしても、それは保守するためでなければなりません〉と語られています。
 革命については、〈権利の有無に拘わらず、思慮ある人や善良な人にとって、革命なるものは文字通り最後の手段となるでしょう〉とあります。その詳細については、〈革命が行われたのは、我が国古来の疑うべからざる法と自由を維持するためであり、また我々にとっては法と自由に対する唯一の保証である、あの古来の政府の基本構造を維持するためでした。もしも貴方が我が憲法の精神を知りたいとお望みならば、また、我が憲法を今日に到るまで保証してくれたあの偉大な時期の支配的政策を知りたいとお望みならば、どうか我が国の歴史、我が国の記録、我が議会の法令や議事録の中に、その精神や政策をお探し戴きたい〉とあります。その上で、〈「革命」の時期において我々は、自分達が所有するものすべてを先祖伝来の遺産として導き出したいと欲しましたが、その願い今も些かも変わりません〉と語られています。〈これまで我々の行ってきたすべての改革は、昔日に照らすという原理の上に立っています。今後あるいはなされるかも知れないすべての改革も、先例や権威や実例との類比の上に注意深く行われることを私は願っています。いやそう確信しているのです〉というわけです。

 

第三節 『省察』の民主政治
 民衆については、〈民衆とは、名声と評判への感覚という地上最大の抑制力に一つに対しても、それほど責任を感じないものなのです〉とあります。
その上で、〈完全な民主政治とはこの世における破廉恥の極みにほかなりません。それはまた、破廉恥の極みであるが故に最も怖れを知らぬものでもあります〉と語られています。
 なぜなら、〈あらゆる処罰は民衆全体を保全するための見せしめなのですから、民衆全体は如何なる人間の手によっても処罰の対象とはなされ得ません。まさにこの理由からして彼らに対しては、王達の意志がそうあり得ないのと同じく、自らの意志を以て正邪の基準であるなどと夢思わせてはならないのです。これは無限に重要な事柄です。彼らには、自らが安全だからといって、王以上に恣意的な如何なる権力を振う資格も無ければ権能もまったく無いのだ、ということを納得させなければなりません〉と考えられているからです。
 バークは、〈私は民主政憲法を最も多く見て最も良く理解した著者達についてまったく読んでいないという訳でもないので、絶対的民主政は絶対的王政に劣らず正統な統治形態には数え難いという彼らの意見に同意せざるを得ません〉と述べています。例えば、〈民主政において、多数者市民は少数者に対して最も残酷な抑圧を加えることができます〉とあります。〈多数者の下で悪に苦しむ人々は、あらゆる外からの慰めを剥奪されるのです。人間種族全体の陰謀に打ち拉がれて、彼らは人類から見捨てられた如くに見えるのです〉というわけです。

 

第四節 『省察』の国家
 バークは、〈国家は、現に生存している者の間の組合たるに止まらず、現存する者、既に逝った者、はたまた将来生を享くべき者の組合となります〉と述べています。

 

第五節 『省察』の政治考察
 バークの『省察』に描かれている政治制度論について考えてみます。
 バークは世襲王制を擁護していますが、その論理には説得力があります。王位継承によって、共通の権威を、つまり国家全体の共通の約束を、王と人民が、同じ国家組織において継承することができるからです。このことが可能であるということは、国家にとって、大きなアドバンテージの一つだと言えるでしょう。
 バークの思想は、保守思想を生みます。変更は、何かを変えるためではなく、何かを保守するため、守り保つためだという保守思想の論理は傾聴に値します。保守思想における革命は、基本構造を維持するために、すなわち先祖伝来の遺産のために行われるものなのです。
 バークの民主政治批判も参考になります。政治体の内部においては、民衆全体は処罰の対象とはならないからです。民衆の暴走は、多数者市民の少数者に対する残酷な抑圧を生むのです。
 バークの国家観も重要です。国家は、現存する者・既に逝った者・将来生を享くべき者の組合だというのです。この認識は、世襲王制における継承によって保たれ、民主政治における正邪の基準で捨て去られるということは、十分考えられることです。少なくとも、その傾向性には注意を払う必要があります。

 

 

 

 政治制度論 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本