TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

政治制度論『ロック』

 

 ロック(John Locke, 1632~1704)は、イギリスの哲学者です。イギリス経験論の代表者です。

 

第一節 『統治論』の社会契約
 ロックの〈自然の状態〉は、〈自然の法〉があり、〈理性こそその法〉とされています。その自然状態において、〈人間は皆、唯一全能でかぎりない知恵を備えた造物主の作品〉だとされています。
 その設定の上で、〈政治社会というものは、それ自体のうちに、所有物を保全する権力と、そのための、社会の人々のすべての犯罪を処罰する権力をもたなければ、存在することも存続することもできない〉と語られています。
 ロックは、〈人がその生来の自由を放棄し、市民社会の拘束を受けるようになる唯一の方法は、他人と合意して一つの共同社会に加入し、結合することであるが、その目的は、それぞれ自分の所有物を安全に享有し、社会外の人に対してより大きな安全性を保つことをつうじて、相互に快適で安全で平和な生活を送ることである〉と考えています。その上で、〈すべての人は、一つの統治のもとで一つの政治体をつくることに他人と同意することによって、その社会の各人が負わねばならない義務、すなわち多数派の決定に従い、それに拘束されるという義務に服することになるのである〉と述べています。
 ただし、ロックは〈暗黙の同意〉と、〈実際の協定や何らかの明白な意志表示によって、ある国家の一員となるという同意〉を明確に区別しています。〈どんな人間にとっても、明文による取り決めとはっきりした約束と契約によって、実際にその国家に加わるほかは、彼がそこの臣民または成員となるみちは全くないのである〉と述べています。

 

第二節 『統治論』の国家形態
 国家の形態については、まず、〈多数派はその権力のすべてを用いて、随時、共同社会のために方をつくったり、かれら自身が任命した役人をつうじてそれらの法を執行させたりする〉のは、〈完全な民主制〉と説明されています。次に、〈立法権を少数の選ばれた人々とその相続人や後継者に委ねる〉のは、〈寡頭制〉とされています。〈一人の人間の手中に委ねる〉のは、〈君主制〉です。
 君主制の内でも、〈その人間とその相続人に委ねられれば世襲君主制〉であり、〈彼一代のみのものであり、かれの死語は後継者を指名する権力だけは多数派の手にもどるようにすれば、それは選挙君主制〉とあります。
 その上で、ロックは、〈共同社会は以上の諸形態を用いて適当と思われるままに、複合し混合した統治の諸形態をつくることができる〉と述べています。〈法をつくる権力がどこに置かれるかに応じて国家の形態がきまってくる〉と考えているのです。
 ロックは、〈コモンウェルスという言葉によって私がつねに意味しているのは、民主制とかその他の統治の形態のことではなく、ラテン人がキヴィタスという言葉で表わした独立の共同社会のことである、と理解してもらわなくてはならない〉と述べています

 

第三節 『統治論』の権力分立論
 ロックは、権力の分立について、〈立法権と行政権とは、しばしば分離されることになる〉と述べています。
 さらに、〈戦争と講話の権力、同盟と条約の権力、さらに、その国家の外のすべての個人や共同社会を相手にいっさいの交渉を行う権力〉として、〈連合権〉を挙げています。〈行政権と連合権は本質的に別個のもの〉と考えられています。行政権は〈社会の国内法を、社会のすべての部分に対し、その社会の内部で執行すること〉であり、連合権は〈公共の安全と利益を、恩恵や損害を受けるかもしれぬ相手との関係で対外的に処理すること〉とされています。
ロックは、〈統治が存続する間はどんな場合でも、立法権が最高の権力である〉と述べているように、各権を平等ではなく立法権を最高の権力に置いていることが分かります。

 

第四節 『統治論』の抵抗権
 有名なロックの抵抗権については、〈国民はその根源的な自由を回復する権威をもち、[自分たちで適当と思うような]新しい立法部を樹立することによって、彼らが社会に身を置く目的である、自分たち自身の安全と保証のために備える権利をもっているからである〉とあります。
 さらに、〈国民は至高の存在として行動する権利をもち、立法権を自分たちの手の中にもち続けるか、あるいは新しい統治の形体を樹立するか、あるいはまた、古い統治の形態のまま立法権を新しい人々の手に委ねるか、自分たちがよいと思うところに従って決定する権利をもつのである〉ともあります

 

第五節 『統治論』の政治考察
 ロックの『統治論』に描かれている政治制度論について考えてみます。
 ロックの自然状態は、キリスト教における人間観が前提とされており、あり得ない理想状態というより、単なる妄想状態です。ホッブズの現実味のある自然状態とは別物というか、劣悪な偽物です。その自然状態を基に論理を組み立てているため、ところどころに歪みが生じています。
 ロックは、人間は明白な同意によって市民社会に加わり、そのとき生来の自由の状態を放棄すると述べています。同意しなかったら、どうなるのでしょうか。
 国家の形態は法権力によるとされています。権力分立については、立法権・行政権・連合権の分立が語られています。連合権は、外交における権利です。
 ロックの抵抗権については、悪用することが可能なので注意が必要です。 
 

 

 

 

 政治制度論 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK