政治制度論『ルソー』

 

 ルソー(Jean-Jacques Rousseau, 1712~1778)は、フランスの啓蒙思想家です。著書である『社会契約論』は、フランス革命に大きな影響を与えました。

 

第一節 『人間不平等起源論』の政治制度
 ルソーの『人間不平等起源論』には、〈政府のさまざまな形態は、その設立のときに個々の人々のあいだに多かれ少なかれ存在した相違から、その起原を引き出している。もしも一人の人間が能力の点でも、徳の点でも、富の点でも、信用の点でもすぐれていたならば、彼だけが為政者に選ばれ、その国家は君主政となった。もしもお互いのあいだでほぼ同等な若干な人たちが、他のすべての人たちにまさっていたならば、彼らはいっしょに選ばれ、人々は貴族政治をもった。財産と才能がそれほど不均等でなく、自然状態から最も隔たっていない人たちは、最高の行政権を共同で管理し、民主政治を形づくった。これらの形態のどれが人々にとって最も有利であったかは、時が証明したのである。ある人たちはただ法律に従うだけにとどまり、他の人たちはやがて主人に服従したのであった。市民たちは自分の自由を守ろうと望んだ。ところが家来たちは、自分たちがもはや享受していない幸福を他の人たちが享受しているのに我慢ができず、隣人たちから自由を取り上げることしか考えなかった。要するに、一方には富と征服が、他方には幸福と徳があったのである〉とあります。

 

第二節 『社会契約論』の社会契約
 ルソーの『社会契約論』では、〈多数決の法も合意によって成立したもので、すくなくとも一回だけは全員の一致を前提にしている〉という考えの上で、社会契約が語られています。〈その本性からして、全員一致の同意を絶対に必要とする法は、ただ一つしかない。それは社会契約である〉とも語られています。
 〈社会契約の解決する基本問題〉としては、〈共同の力をあげて、各構成員の身体と財産を防禦し、保護する結合形態を発見すること。この結合形態によって各構成員は全体に結合するが、しかし自分自身にしか服従することなく、結合前と同様に自由である〉とあります。その上で、社会契約の本質として、〈われわれのだれもが自分の身体とあらゆる力を共同にして、一般意志の最高の指揮のもとにおく。そうしてわれわれは、政治体をなすかぎり、各構成員を全体の不可分の部分として受け入れる〉ことが語られています。
 ここで、有名な一般意志が出てきます。一般意志は特殊意志と共に理解する必要があり、〈特殊意志はその性質から不公平を、一般意志は平等を志向する〉とあります。〈意志は人民全体の意志であるか、単に人民の一部の意志であるか、いずれかである〉ことが示された上で、〈人民の一部の意志である場合、それは特殊意志か、あるいは統治機関の行為にすぎない〉とされ、〈一般意志は常に正しく、常に公共的利益を志向することが明らか〉だと語られています。
 続いて、一般意志と全体意志について説明されます。〈一般意志は共同利益にしか注意しないが、全体意志は私的利益を注意するもので、特殊意志の総和にすぎない。しかし、この特殊意志から、相殺される過剰の面と不足の面を除去すれば、一般意志がその差の合計として残るのである〉とあります。〈一般意志がよく表明されるためには、国家のなかに部分的社会がなく、各市民が自己の意志だけに従って意見を述べることが肝心である〉ともあります。〈一般意志は、常に不動で変わらず、純粋である〉とされています。
 ルソーは、〈意志を一般意志たらしめるのは、投票者を結合する共同利益で、投票者の数ではないことを理解しなければならない〉と述べています。〈一般意志のあらゆる合法的行為は、全市民にひとしく義務を負わせ、恩恵を与える〉とも述べています。その上で、〈社会契約は、契約当事者の生命維持を目的とするものである〉と語っています。〈他人に損害を与えて生命を維持しようとする者は、必要とあらば、他人のためにも生命を与えなければならない。ところが市民は、法が危険に身をさらすことを要求するとき、もはやこの危険を云々する立場にはない。執政体(プランス)が「おまえの死ぬのは、国家のためになる」と言えば、市民は死ななければならない。それまで彼が安全に生活してきたのは、そういう条件下においてのみであり、その生命はもはや単に自然の恵みでなく、国家の条件つきの贈り物であるからである〉というわけです。
 ちなみに、〈国家が設立されたならば、同意はそこに居住しているという事実により成立する。領域内に住んでいるということは、主権に服従していることである〉と考えられています。

 

第三節 『社会契約論』の政治形態
 ルソーは、〈私はどういう行政形態をとろうと、すべて法によって支配される国家を共和国(国家の意)と呼ぶ〉と述べています。その上で、〈法は本来、社会的結合の条件にすぎない〉としています。そのため、ルソーの見方では、〈君主政さえ共和政なのである〉ということになります。
 個別の政体については、〈民主政〉は〈施政者としての市民のほうが多くなる〉政体とされ、〈貴族政〉は〈施政者よりも単なる市民のほうが多い〉政体であり、〈君主政〉は〈政府全体をただ一人の施政者の手に集中〉する政体だとされています。
 ルソーは、〈政府の最良の形態とは何かということについては、いつの時代にも大いに議論されてきたが、その際、いずれの形態もある場合には最良であって、別の場合には最悪になる、という考慮ははらわれなかった〉と述べています。続けて、〈さまざまな国家において、最高施政者の数が市民の数と反比例しなければならないとしたら、一般に民主政は小国に適し、貴族政は中ぐらいの国家に、そして君主政は大国に適するということになる〉と語っています。
民主政については、〈民主政という用語を厳密に解釈すれば、真の民主政はかつて存在したことがなかったし、これからもけっして存在しないであろう。多数者が統治して少数者が統治されるということは、自然の秩序に反している。人民が公共の仕事を処理するためにたえず会合しているとは考えられないが、その処理のために委員会を設けるとすれば、統治の形態を変えなければならないということも、たやすくわかることである〉とあります。また、〈もしも神々からなる人民があるとすれば、この人民は民主政をもって統治を行なうであろう。これほど完璧な政体は人間には適さない〉ともあります。
 貴族政については、〈貴族政には、二つのはっきり区別される法的人格、すなわち、政府と主権者とがある。したがって二つの一般意志があって、一方は市民全体にかかわる一般意志であり、他方は政府の構成員にとってのみ一般意志であるにすぎない。だから、政府はその内部の管理を意のままに規制することはできるけれども、人民に対しては主権者の名においてしか、言い換えれば人民自身の名においてしか、けっして語ることができない。このことをけっして忘れてはならない〉とあります。また、〈貴族政には、自然的なもの、選挙制によるもの、世襲制によるものの三種類がある。第一のものは素朴な人民にしか適さないし、第三の者はあらゆる政府のなかで最悪のものである。第二のものが最小の政府であって、これこそ本来の意味の貴族政である〉ともあります。さらに、〈貴族政においては、執政体が執政体を選び、政府は自分の手で自分を維持する。そして、投票制が最も所を得ているのは、この政体においてである〉と語られています。
 君主政については、〈一個の集合的存在が一個人を代表している他の諸政体とはちょうど反対に、君主政では、一個人が一つの集合的存在を代表している〉とあります。
 単一政体と混合政体については、〈単一政体と混合政体とではいずれがまさっているか。これは政治学者たちが盛んに議論している問題であるが、これにもまた、あらゆる統治形態についてさきに私が行なったのと同じ解答を繰り返さなくてはならない〉とあります。ルソーは、〈絶対的な基準において最もよい政府とは何であるかと、問う人があるとすれば、その人は、あやふやであるばかりか、解決しえない問題を提出していることになる。あるいは、こう言ってよければ、この問題には、さまざまな人民がおかれている絶対的状況と相対的状況との可能なかぎりの組み合わせと、同じ数だけの正しい解答がある、とも言える〉と述べています。

 

第四節 『社会契約論』の政治の堕落
 政治の堕落については、〈国家が解体する場合には、政府の悪弊は、それがどのようなものであれ、≪無政府状態≫という共通の名を帯びる〉とあります。つまり、〈民主政は≪衆愚政治≫に、貴族政は≪寡頭政治≫に堕落する〉のであり、〈王政は≪僭主政治≫に堕落する〉というのです。

 

第五節 『人間不平等起源論』と『社会契約論』の政治考察
 ルソーの『人間不平等起原論』と『社会契約論』に描かれている政治制度論について考えてみます。
 社会契約には、全員一致の同意が必要だとされています。そこには、常に正しく公共的利益を志向する一般意志が掲げられています。ルソーの思想を理解するには、この一般意志を正確につかむことが不可欠です。
 一般意志とは、国家における部分的社会(つまり中間組織)がない状態で、各市民が共同利益について自分の意見を述べることで導かれる意志のことです。そして、愚かなルソーの一般意志は、社会を失敗へと導きます。
なぜなら、公共性とは、いくつもの中間組織の特殊意志の均衡として仄見えてくるものだからです。単なる特殊意志の総和でもなく、特殊意志の過剰と不足を除去するのでもなく、特殊意志のせめぎ合いの中に調和を見出すことが重要なのです。中間組織をなくした砂流の個人の意見は、安易で都合の良い考えに流されるものなのです。そんなものでは、国家や社会をうまく運営することなどできないのです。中間組織には、歴史の蓄積による智恵が蓄えられています。それらを除いた個人の意見など、たかが知れているのです。
 ただし、ルソーの意見として、傾聴に値するものもいくつかあります。例えば、民主政という完璧な政体は、神々からなる人民には合うかもしれないが、人間には適さないという指摘です。他には、投票制が適しているのは、貴族政だという指摘です。
 また、単一政体や混合政体などの政体については、状況の組み合わせの数だけ正しい解答があるという意見も正しいと言えます。ただし、補足が必要です。混合政体よりも単一政体の方がうまく行く状況は、確かにあります。しかし、数ある状況の全体をぼんやりとでも捉えようとしたとき、ほとんどの状況を混合政体で対処することができると思われるのです。単一政体の方が有利な状況においても、混合政体の内の一要素を伸ばして対処する方法を選択する方が、数多くの状況に対処しなければならない国家に適していると思うのです。単一政体で対処できる状況はわずかであり、対処できない状況がほとんどだからです。

 

 

 政治制度論 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《メタ信仰論シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

 『遊歌論

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本