政治制度論『トクヴィル(前編)』

 

 トクヴィル(Charles Alexis Henri Clrel de Tocqueville, 1805~1859)は、フランスの歴史家であり政治家です。著作に『アメリカのデモクラシー』があります。全二巻であり、第一巻は1835年、第二巻は1840年発売です。
 本章では、『アメリカのデモクラシー』の第一巻について論じます。

 

第一節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』のデモクラシー
 トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』から、民衆政治(デモクラシー)についての考え方を見ていきます。
 トクヴィルは、〈今日の人々が長期の観察と真剣な思索によって、平等の漸次的段階的進展こそ人類の過去であり、未来であるという認識に至るならば、それだけでこの進展は至高の主の意志にふさわしい神聖さを帯びることになろう。そのとき、デモクラシーを阻止しようと望むのは神への挑戦と映り、諸国民に許されるのは神意によって与えられた社会状態に適応することだけであろう〉と述べています。〈人と人とを隔てる隔壁が低くなり、所領は細分化し、権力は分掌され、啓蒙が広がって、知識は均一化する。社会状態は民主的になり、ついにデモクラシーが平穏のうちに法制と習俗を支配する〉とも言っています。よって、トクヴィルはデモクラシーの明確な肯定者であり、推進者です。
 デモクラシーという政治制度について、トクヴィルはアメリカという国を特別視しています。〈私はアメリカの中にアメリカを超えるものを見たことを認める。そこにデモクラシーそれ自体の姿、その傾向と性質、その偏見と情熱の形態を求めたのである〉とあり、〈人民主権の教義の価値を正確に評価し、社会の諸事象へのその適用を検討し、その利点と危険を判断しうる国が一つだけあるとすれば、間違いなくそれはアメリカである〉とあります。
 トクヴィルは、〈一見、民主政治は歴史の最初期のものと思われるかもしれない。近くで観察すれば、世の中の発展の最後にしか現れないことは容易に分かる〉と述べています。

 

第二節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の出版
 出版については、〈依然として定期刊行物は、人民に次ぐ諸権力の第一のものである〉とあります。
 トクヴィルは、〈私は、現代人において出版の独立は自由の重大要素、いわばその構成要件であることを確信するに至った。自由のままでいたいと望む国民は何をおいても、この自由を尊重するようにしなければならないのである〉と述べています。ただし、〈だが、政治における結社の無制限の自由を著述の自由とまったく同一視してはならない。この自由は後者に比べて必要性はより小さく、危険性はより大きい。国民がこれに制限を加えても、自らの主人であり続けることは可能である。主人であり続けるために、これを制限しなければならぬときもある〉と語られています。

 

第三節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の民衆
 民衆については、〈民衆の知識をある一定の水準以上に引き上げることは、いずれにせよ不可能である〉と考えられています。さらに、〈あらゆる種類の山師は民衆の気に入る秘訣を申し分なく心得ているものだが、民衆の真の友はたいていの場合それに失敗する〉とあります。続けて、〈そのうえ、民主政治に欠けているのはすぐれた人物を選ぶ能力だけではない。ときにはその意志も好みもないことがある〉と語られています。
 ここには、民衆に対する警戒感が明確に示されています。例えば、〈民主政治の自然の本能が民衆をして卓越した人物を権力から排除せしめる一方、これに劣らず強力なある本能によって後者は自ら政治的経歴から離れていく〉と指摘されています。そのため、〈普通選挙こそよい政治家を選ぶ保障だと考える者が完全な幻想に囚われていることは、私にははっきり証明された〉と語られています。トクヴィルは、〈二段階選挙こそ人民のあらゆる階級に政治的自由の行使を可能にする唯一の手段〉と提案しています。

 

第四節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の平等
 平等については、〈民主主義の諸制度は平等の情念を覚醒し、これに追従するが、決してこれを完全に満足させることはできない〉と考えられています。

 

第五節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の貴族との比較
 民主政と貴族政の比較もあり、〈民主政と貴族政とどちらがより良く社会を治めるかを決めるのは難しい問題である。だが民主政がある者を害し、貴族政が別の者を虐げるのははっきりしている〉とあります。
 金に関しては、〈民主政では主権者が貧しいから、その暮らしをよくしてやらねば主権者の好意は決して得られない。金を使わずにこれを行なうことはまず不可能である〉とあります。さらに、〈一般に、民主政治は為政者に与えるものは少なく、被治者に与えるものは多い。貴族政は逆であり、ここでは国家の金はなかんずく政治の指導階級を利する〉と語られています。他にも、〈貴族制の政府では地位を得る人間は富裕な人々であって、権力しか求めない。民主政体では、政治家は貧しく、蓄財を課題としている。その結果、貴族制の国家では、為政者は買収しにくく、金に対してごく控えめな好みしか示さないが、民主制の国民では逆のことが起こる〉とあります。
 民主政治の利点としては、〈民主政治は国王や貴族団体より誤りを犯しやすいとしても、一度光が射しさえすれば、真理に立ち返る機会もまた大きい。なぜなら、一般に、最大多数の利害に反し、理性に抗するような利害はその中に存在しないからである。だが民主政治は真理を経験から学ぶほかなく、大概の国民は誤謬の帰結に気づく前に滅んでしまうであろう〉とあります。
 立法に関しては、〈民主制の法律は一般に最大多数の利益を目指すものである。というのも、それは国民全体の多数に発し、多数者は錯誤を犯すことはあっても、それ自体に反する利害をもつはずはないからである〉とあります。続けて、〈ところが、貴族制の法律は少数者の手に富と権力とを独占させる傾向がある。貴族はその本性上つねに少数者だからである。そこで一般に、民主制の立法目的は貴族制のそれより人類に有益だと言える〉とあります。
 だたし、続けて〈だが利点はここまでである〉とされ、〈立法者の知識は貴族制の方がはるかにすぐれており、民主制はこれにとうてい太刀打ちできまい。貴族制には自制心があり、決して一時の衝動に引きずられない。長期の計画をもち、しかも好機の到来まで計画が熟するのを待っていられる。貴族制のやり方は賢明である。あらゆる法律の総合的効果を同時に一点に収斂させる術を知っている〉と語られています。〈民主制ではそうはいかない。その法律はほとんどつねに欠陥を有し、また時宜を得ていない。それゆえ民主制がとる手段は貴族制のそれに比べて不完全である。しばしば、意図せずに自分自身の利益を害することもある。だが民主制が目指すところは貴族制の目的より有益である〉というわけです。ですから、〈民主政治の真の利点は、これまで言われたように万人の繁栄を促進するところにではなく、最大多数の福祉に役立つ点にあるにすぎない〉と考えられています。
 貴族制の利点としては、〈貴族制の役人は政府の中だけでなく社会の中にも恒久的な支持基盤をもつ。貴族政体において、役人を同時代の人々のある部分の利害に固く結びつけるこの共通の目標は、また来たるべき世代の利害への同一化を促し、役人はいわば将来の世代の利益に従うことにもなる。現在のために劣らず、未来のためにも働くのである。こうして貴族制の役人は、被治者と彼自身の情熱、さらにはほとんど子孫の情熱とも言うべきものに同時に動かされて一つの地点に向かう〉とあります。

 

第六節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の民主主義
 〈民主主義の観点から見ると、政府は善ではなく必要悪である〉とあります。
トクヴィルは、〈民主政治は国民にもっとも有能な政府を提供するものではない。だがそれは、もっとも有能な政府がしばしばつくり出しえぬものをもたらす。社会全体に倦むことのない活動力、溢れるばかりの力とエネルギーを行き渡らせるのである。こうした活力は民主政治なしに決して存在せず、それこそが、少しでも環境に恵まれれば、驚くべき成果を産む可能性をもっている。この点にこそ民主主義の真の利点がある〉と述べています。
 さらに、〈人間の知的道徳的活動を物質的生活の必要に向かわしめ、社会の福利を生むためにこれを活用することを有用とは思わないか。天賦の才より分別の方が人にもたらすものは大きくはないか。英雄的美徳よりも平和な習性をつくり出すことを目的とはしないのか。犯罪よりは悪習の方がましであり、大罪が減れば、偉大な行為が少なくともよいではないか。輝きに満ちた社会でなくとも、繁栄する社会に生きることで十分ではないか。そして政府の主要な目的は、国家全体に可能な限り最大の力と栄光とを与えることではなく、全体を構成する諸個人一人一人に最大の福祉をもたらし、各人を最大の不幸から免れさせることにあるとは考えないのか。もし諸君が以上のように考えるとするならば、そのときは境遇を平等化し、民主主義の政府を組織すべきである〉と語られています。

 

第七節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の多数
 多数ということについては、〈多数の力が絶対的であるのは民主政治の本質に由来する。民主政体にあっては、多数者の外に抵抗するものは何もないからである〉とあります。
 トクヴィルは、〈多数者の精神的権威は、一つには次のような観念に基づいている。すなわち、一人の人間より多くの人間が集まった方が知識も知恵もあり、選択の結果より選択した議員の数が英知の証だという考え方である。これは平等原理の知性への適用である。この教義は人間の誇りの最後の聖域を攻撃する。だからこそ少数者はこれを簡単には受け容れない。長い時間を経て初めて、少数者はこの教義に慣れる。あらゆる権力と同じく、いやおそらく他のいかなる権力にも増して、多数者の権力が正当視されるには持続が必要なのである。この権力が樹立される初期には、服従は強制によって調達される。人がそれを尊敬しだすのは、その法制の下に長く暮らした後のことである〉と述べています。
 すなわち、〈ある問題について一度多数が形成されるや、その歩みを止めるどころか、せめてこれを遅らせることのできる障害すらほとんど存在しない。多数派が抵抗を受けて、自らが踏みつぶしてきた人々の嘆きに暫し耳を傾ける時間を与えられることもない。この事態の帰結は恐るべきものであり、将来にとって危険である〉と考えられているのです。
 トクヴィルは、〈政治において人民の多数は何事をもなす権利を有するという原理は、不遜で憎むべきものだと思う。にもかかわらず、私は多数の意志にあらゆる権力の起原を認める。これは自己矛盾であろうか〉と述べています。続けて、〈特定の国民における多数にとどまらず、すべての人間の多数が定め、少なくとも採用した普遍の法が存在する。それは正義の法である。すなわち正義は、個々の人民の権利に限界を付すものである〉と語っています。
 アメリカの事例としては、〈アメリカでは多数者が思想に恐るべき枠をはめている。その限界の内側では作家は自由である。だが一歩その外へ出れば、禍が降りかかる。火刑に処されるのを恐れねばならぬわけではないが、ありとあらゆる嫌悪の対象となり、毎日迫害の憂き目を見る。政治の道は断たれる。その道へ彼を導きうる唯一の力に逆らったからである。何を求めても彼は拒絶され、栄誉も与えられない。意見を公にする前には支持者があると信じていたのに、天下に見解を明らかにしてみると、支持する者は誰も目に映らない。彼を非難する者は声高に叫ぶが、彼と同じ考えの者は口に出す勇気がなく、沈黙し、遠ざかっていくからである。彼は譲歩し、やがて日々の圧力に屈し、まるで真実を語ったことを悔いてでもいるかのように、沈黙に返る〉とあります。
 他にも、〈主人は、「私と同じ考えでないなら、死を与えよう」とは言わない。次のように言うのである。「私と違う考えをもつのは自由だ。生命も財産もみな保障する。だが、この日からお前はわれわれの内で異邦人となる政治的権利は保障されるが、お前には意味のないものとなろう。お前が同胞市民に投票を訴えても、決して支持は得られないし、せめて自分を尊重してくれと頼んでも、彼らはなお拒絶の意を示すであろう。お前は人間の一人ではあるが、人間の権利は失う。仲間に近づけば、仲間はお前を汚れたもののように避けて逃げるであろう。お前の無実を信じる者すらお前を捨てるだろう。そうしなければ、彼らもまた人に去られるからである。安心して行くがよい。命は残してやる。だが生きることを死ぬよりつらいものにしてやろう。」かつて絶対王政は専制の名誉を汚した。民主的共和制がその名誉を回復することのないように、また、それが専制を少数の者にとっては一層重苦しいものにしながら、大多数の目からは醜悪な面や低劣な性質を隠してしまうことのないように警戒を怠るまい〉とあります。

 

第八節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の混合政体
 混合政体については、〈混合政体と呼ばれるものを、私はつねに一つの幻想と思ってきた。実際、混合政体というものは、(人がこの言葉に付する意味においては)存在しない。どんな社会にも、他のすべてを支配する一つの行動原理が結局のところ見出されるからである〉とあります。

 

第九節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』の法
 トクヴィルは、デモクラシーの危険性を抑えるために、法律に期待しています。〈法律について特別の研究をした人間は、勉強しているうちに、秩序を好む習慣、形式を好む一定の気持ち、論理に適ったものの考え方に対するある本能的な愛を身につけるものである。これらが自然に彼らを革命精神に反対させ、デモクラシーの向こうみずな情熱に敵対させるのである〉とあります。
 さらに、〈法曹身分こそ、民主主義本来の要素と無理なく混じり合い、首尾よく、また持続的にこれと結びつくことのできる唯一の貴族的要素である。法律家の精神に固有の欠陥を知らぬわけではない。にもかかわらず私は、法律家精神と民主的精神とのこの混合なくして、民主主義が社会を長く統治しうるとは思われないし、人民の権力の増大に比例して法律家の政治への影響力が増さないとすれば、今日、共和政体がその存続を期待しうるとは信じられない〉と語られています。
 トクヴィルは、〈デモクラシーの意志は変わりやすく、担い手は粗野で法律は不完全である。それは認めよう。だが、もし、デモクラシーの支配と一人の人間の重圧との間に中間の道はないということに、いずれならざるをえないとすれば、わざわざ後者に服するよりは前者に向かうべく努めるべきではなかろうか。そして、最後には完全な平等に到達するのが必然だとすれば、専制君主の手で平準化されるよりは、自由によってそうなる方がましではないか〉と述べています。

 

第十節 『アメリカのデモクラシー(第一巻)』のデモクラシー考察
 トクヴィルの『アメリカのデモクラシー(第一巻)』に描かれているデモクラシーについて考えてみます。
 トクヴィルはデモクラシーの欠点を数多く挙げていますが、何故かデモクラシーを平等化の進展とともに肯定しています。歴史の発展の最後において、民主政治が現れるというのです。一種の進歩思想です。
 トクヴィルは、出版を人民に次ぐ第一の権力と見なしています。デモクラシーにおいては、出版権力は人民に影響を与えるため、実質最大の権力を持つことになるのです。
 トクヴィルは、民衆の知識は一定の水準以上にはならず、詐欺師が民衆の支持を受け、まともな人間が民衆の支持を失う傾向があることを指摘しています。民主政治は、優秀な人物を選ぶ能力もなく、意志も好みもないことがあることも指摘しています。
 トクヴィルは、普通選挙ではなく、二段階選挙を推奨しています。この意見には見るべきものがありますが、平等化との整合性はどうなるのでしょうか。トクヴィルは、民主主義では、平等について完全な満足にはいたらないと述べています。それなら、平等化の進展そのものにいかがわしさを感じるべきなのです。トクヴィルの述べる境遇の平等化は、トクヴィルの述べているような良い効果をもたらすとは限らないのです。
 民主政と貴族政の比較では、どちらが良いかは難しい問題だとされています。それなのに、なぜデモクラシーを阻止しようと望むのは神への挑戦となるのか意味不明です。貴族政と民主政には一長一短があるのですから、善いところを伸ばし、悪いところを牽制し合う混合政体を選択すべきだと思われます。しかし、トクヴィルは、社会にはすべてを支配する一つの行動原理が見出されるという理由から、混合政体を幻想と考えています。これは、間違っています。単に、行動原理の基準について、低い階層の設定しか行っていないだけの話です。より高次の階層において行動原理の基準を設ければ、混合政体は十分に可能です。具体的には、行動原理を「平等」ではなく、平等と格差の「調和」におくなどすれば良いだけです。
 トクヴィルは、民主政治は真理に立ち返る機会が大きく、最大多数の利害に反して理性に抗するような利害は存在しないと述べています。これも、間違っています。最大多数の利害は、非理性的な行動を平然と行うことができるものなのです。
 トクヴィルは、民主制の法律は最大多数の利益を目指して人類に有益だと判断していますが、これも当然間違っています。
 トクヴィルは、民主主義は活力を産み、それが民主主義の真の利点だと述べています。この点に関しては、『第二巻』において、トクヴィル自身から否定的な見解が語られています。
 民主政治の本質は、多数の力が絶対的であることです。多数者の精神的権威は、数が英知の証だという考え方からもたらされます。平等原理の知性への適用です。トクヴィルが述べているように、この教義は、人間の誇りの最後の聖域を攻撃するものです。その攻撃による破壊が成功し、多数派は踏みつぶしてきた人々を考慮しなくなります。
 それにも関わらずトクヴィルは、すべての人間の多数が定めた普遍の法・正義の法がり、それが個々の人民の権利に限界を付すと考えています。これは、間違っている上に、危険な考えです。普遍である正義の法など存在しないため、デモクラシーにおいて多数派でないということは、人を死よりも悲惨な境遇へ導くかもしれないのです。
 トクヴィルは、デモクラシーの危険性を抑えるために、法律に期待しています。結論から言えば、アメリカを見れば分かるように、その期待は裏切られました。デモクラシーにおける法律は多数派の手に、もしくは多数派の支持をうまく得られる者の手に、落ちてしまったのです。

 

 

 政治制度論 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本