TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

政治制度論『政治の制度』

 政治とは、複数の人間が生活するための規準を決める活動、および規準に則った統治を意味する言葉です。一般的な国家は、政府によって特定の政治制度を採用しています。政治は私たちみんなの生活に影響しますから、どのような政治制度であるかは非常に重要です。
 現在の日本の政治制度は、民主政体(デモクラシー)だと言われています。民主政体であるデモクラシーのことを日本では、民主主義と呼ぶことが多いです。そして、民主主義(民主政体)は素晴らしいと言われています。しかし、私には民主主義(民主政体)が素晴らしいとは思えなかったのです。ですから、政治制度について、自分の納得のいくように調べてみました。その結果と、それについて私が考えたことを述べていきます。
 予め目指すべき方向を示しておくなら、現代日本で礼賛されている民主主義(民主政体)に批判の目を差し向けます。その代わりに、私が推奨する政体として混合政体が挙げられます。そのため本書の題名は『政治制度論』ですが、その副題は「"民主政体"VS"混合政体"」になります。

 

 政治制度論 へ戻る

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK