政治制度論『政治の制度』

 政治とは、複数の人間が生活するための規準を決める活動、および規準に則った統治を意味する言葉です。一般的な国家は、政府によって特定の政治制度を採用しています。政治は私たちみんなの生活に影響しますから、どのような政治制度であるかは非常に重要です。
 現在の日本の政治制度は、民主政体(デモクラシー)だと言われています。民主政体であるデモクラシーのことを日本では、民主主義と呼ぶことが多いです。そして、民主主義(民主政体)は素晴らしいと言われています。しかし、私には民主主義(民主政体)が素晴らしいとは思えなかったのです。ですから、政治制度について、自分の納得のいくように調べてみました。その結果と、それについて私が考えたことを述べていきます。
 予め目指すべき方向を示しておくなら、現代日本で礼賛されている民主主義(民主政体)に批判の目を差し向けます。その代わりに、私が推奨する政体として混合政体が挙げられます。そのため本書の題名は『政治制度論』ですが、その副題は「"民主政体"VS"混合政体"」になります。

 

 政治制度論 へ戻る

 

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《メタ信仰論シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

 『遊歌集

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本