TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

ある一日本人の言葉


[1]
 私は、精神の偉大さがありえるという儚い仮説に立脚して生きている。


[2]
 真実は、残酷かもしれない。


[3]
 優しい嘘が吐けること。それが、大人であるための、最低限の条件だ。


[4]
 世界は、この世界だ。
 それゆえ、この世界でないことの思考によって思想の深化が可能になる。
 「世界はこの世界だ」と言ったとき、そこには既にこの世界ではない世界が想定されている。


[5]
 問:偉大なる物語とは?
 答:永遠でないものを永遠であれと希う永遠でないものたちの歌。


[6]
 心と心が触れ合い、心が心と触れ合う。
 前半部は客観世界で後半部は主観世界。


[7]
 世界は、正しいことだけで成り立ってはいるわけではない。
 世界は、正しいことと間違っていること、そして、良く分からないことで成り立っている。


[8]
 人間の作品には、人生における特別な期間にしか生み出すことができない類(たぐい)のものがある。それはいくつもの要素の奇跡的な調和であり、その儚さは脆さゆえの美しさを生み出す。


[9]
 独り、共に、我々の道を往く。



 

 

 『ある一日本人の思想戦』 へ戻る

 論文一覧 へ戻る

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK