TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

名言集:坂口安吾(1906~1955)

(1)いのちを人にささげる者を詩人という。唄う必要はないのである。

  『特攻隊に捧ぐ』より

 

(2)他のためにいのちをすてる、戦争は凡人を駆って至極簡単に奇蹟を行わせた。

 『特攻隊に捧ぐ』より

 

(3)強制せられたる結果とは云え、
  凡人も亦かかる崇高な偉業を成就しうるということは、
  大きな希望ではないか。
  大いなる光ではないか。

 『特攻隊に捧ぐ』より

 

(4)美しいものの真実の発芽は必死にまもり育てねばならぬ。
   私は戦争を最も呪う。だが、特攻隊を永遠に讃美する。

 『特攻隊に捧ぐ』より

 

(5)私の卑小さにも拘らず偉大なる魂は実在する。
   私はそれを信じうるだけで幸せだと思う。 

 『特攻隊へ捧ぐ』より

 

(6)終戦後、我々はあらゆる自由を許されたが、
  人はあらゆる自由を許されたとき、
  自らの不可解な限定とその不自由さに気づくであろう。
  人間は永遠に自由では有り得ない。

  『堕落論』より

 

(7)墜ちる道を墜ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。

 『堕落論』より

 

(8)我々の為しうることは、ただ、少しずつ良くなれということで、
  人間の堕落の限界も、実は案外、その程度でしか有り得ない。
  人は無限に墜ちきれるほど堅牢な精神にめぐまれていない。

 『続堕落論』より

 


 
 名言集 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK