名言集:坂口安吾(1906~1955)

(1)いのちを人にささげる者を詩人という。唄う必要はないのである。

  『特攻隊に捧ぐ』より

 

(2)他のためにいのちをすてる、戦争は凡人を駆って至極簡単に奇蹟を行わせた。

 『特攻隊に捧ぐ』より

 

(3)強制せられたる結果とは云え、
  凡人も亦かかる崇高な偉業を成就しうるということは、
  大きな希望ではないか。
  大いなる光ではないか。

 『特攻隊に捧ぐ』より

 

(4)美しいものの真実の発芽は必死にまもり育てねばならぬ。
   私は戦争を最も呪う。だが、特攻隊を永遠に讃美する。

 『特攻隊に捧ぐ』より

 

(5)私の卑小さにも拘らず偉大なる魂は実在する。
   私はそれを信じうるだけで幸せだと思う。 

 『特攻隊へ捧ぐ』より

 

(6)終戦後、我々はあらゆる自由を許されたが、
  人はあらゆる自由を許されたとき、
  自らの不可解な限定とその不自由さに気づくであろう。
  人間は永遠に自由では有り得ない。

  『堕落論』より

 

(7)墜ちる道を墜ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。

 『堕落論』より

 

(8)我々の為しうることは、ただ、少しずつ良くなれということで、
  人間の堕落の限界も、実は案外、その程度でしか有り得ない。
  人は無限に墜ちきれるほど堅牢な精神にめぐまれていない。

 『続堕落論』より

 


 
 名言集 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本