TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

序論『「自由」という言葉』

 日本語には、「自由」という言葉があります。
 しかし、現在日本で使われている「自由」という言葉はひどく曖昧です。現在日本では、「自由」は素晴らしいものだと言われています。学校でも、そう習いました。しかし、私には何が素晴らしいのか、よく分かりませんでした。「自由」を巡る言葉遣いや、人々の振る舞いに対し、常に違和感がありました。
 言葉の意味を知るには、辞書を引いてみるのが第一です。『日本国語大辞典[第二版](小学館)』では、「自由」は次のように定義されています。

(1) 自分の心のままに行動できる状態
(イ) 思いどおりにふるまえて、束縛や障害がないこと。また、そのさま。思うまま。
(ロ) (特に、中古・中世の史文書などで)先例、しかるべき文書、道理などを無視した身勝手な自己主張。多くのその行為に非難の意をこめて使われる。わがまま勝手。
(2) ある物を必要とする欲求。需要。
(3) 便所。はばかり。手水場(ちょうずば)。
(4) (英liberty,freedomの訳語)政治的自由と精神的自由。一般にlibertyは政治的自由をさし、freedomは主に精神的自由をさすが、後者が政治的自由をさすこともある。政治的自由とは、王や政府の権力、社会の圧力からの支配、強制、拘束をうけずに、自己の権利を執行すること。たとえば、思想の自由、集会の自由、信仰の自由、移住・移動の自由、職業選択の自由などの市民的自由をいう。精神の自由とは、他からの拘束をうけずに、自分の意志で行動を選択できること。
(5) 人が行為をすることのできる範囲。法律の範囲内での随意の行為。これによって完全な権利、義務を有することになる。

 辞書で「自由」を見てみると分かるように、「自由」という言葉は、二つの言語の意味が交わっています。「自由」という言葉は、本来は漢語です。その昔、日本に伝わり日本語として定着しました。そのため「自由」は、日本語としての「自由」の意味を持っています。ですが、明治維新に伴い、「自由」は「フリーダム(freedom)」や「リバティ(liberty)」の訳語に割り当てられました。そのため日本語における「自由」は、日本語本来の意味と、「フリーダム」や「リバティ」としての意味が混在することになりました。もちろん、日本語本来の「自由」の意味と、「フリーダム」・「リバティ」の意味が、近しい関係にあれば何も問題はありません。しかし、私には、それぞれの意味するところは、まったく異なっていると思われるのです。
 人格的な唯一創造主「ゴッド(God)」に「神」という訳語を当てたことは、日本の翻訳史上最大の失策であったという意見があります。それに同意しますが、「フリーダム」・「リバティ」に「自由」という訳語を当てたことも、それに匹敵する失策だと思うのです。
 日本語本来の自由は、「フリーダム」・「リバティ」の意味に侵食され、不正確な言葉に成り下がってしまったと思われるのです。ですから、「自由」を考えるときには、三つの段階において考えてみる必要があると思うのです。
 まずは、日本本来の「自由」です。この自由を、第一部で論じます。次に、西欧哲学における「フリーダム」や「リバティ」としての「自由」です。この自由を、第二部で論じます。最後に、日本の「自由」が西欧の「フリーダム」・「リバティ」の訳語として用いられた後の「自由」です。この自由を、第三部で論じます。

<三部構成>
・第一部 日本本来の「自由」
・第二部 西欧哲学の「自由」
・第三部 明治以降の「自由」

 

 第一部『第一章 「自由」の構造』 へ進む

 

 『日本式 自由論』の【目次】 へ戻る
 論文一覧 へ戻る

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK