お勧めの本



 お勧めの本として、初心者・中級者・上級者でそれぞれ10冊を選んでみようと思います。この場合分けは、単純に読みやすさです。内容の重要度で言えばすべて素晴らしく、甲乙はつけがたいというのが正直なところです。ただ、内容が素晴らしくても、読みやすかったり、ある程度の予備知識がないと読みにくかったりしたりします。本の厚さによっても、手に取る心理的な負担は違ってくるでしょう。そのため、読みやすさという観点から、場合分けして、それぞれ10冊ずつ紹介しようと思います。



【初心者編】

 予備知識なしで読むことができる書籍です。読みやすいですが、どれも重要な文献です。


・『論語』孔子

・『孫子』

・『ゴルギアス』プラトン

・『万葉集』

・『方丈記』鴨長明

・『君主論』マキャヴェリ

・『日本の心』小泉八雲(講談社学術文庫の選集)

・『朝の影のなかに(明日の蔭の中で)』ヨハン・ホイジンガ

・『ひらがなでよめばわかる日本語』中西進

・『靖国のこえに耳を澄ませて』打越和子



【中級者編】

 少し難しいかもしれませんが、読んで損はありません。頑張って挑戦してみてください。


・『竹取物語』

・『古今和歌集』

・『五輪書』宮本武蔵

・『痩我慢の説』福沢諭吉

・『先祖の話』柳田国男

・『ドン・キホーテ』セルバンテス

・『ガリヴァー旅行記』スウィフト

・『ロビンソン・クルーソー』ダニエル・デフォー

・『ロボット』チャペック

・『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティ




【上級者編】

 難しかったり、長かったりして、少し読むのを躊躇するかもしれない本です。しかし、頑張って読めば、それに見合う何かを得ることができるでしょう。


・『風姿花伝』世阿弥

・『正法眼蔵』道元

・『葉隠』山本常朝、田代陳基

・『意識と本質』井筒俊彦

・『知性の構造』西部邁

・『倫理とは何か』永井均

・『フランス革命の省察』エドマンド・バーク

・『個人と社会―人と人びと―』オルテガ

・『美徳なき時代』A・マッキンタイア

・『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー






 TOP へ戻る




連絡先(E-mail):nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。

コメントする

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本