『聖魔書』



 聖なる魔書、すなわち、「一なる神」の神話体系。そして、西洋思想の一つの果て。


≪目次≫

  [0] 神概念について

 [1-1] 創世記

  [1-2] 開闢記

   [1-3] 形成記

    [1-4] 原罪記

     [1-5] 律法記

 [2-1] 試練書

  [2-2] 福音書

   [2-3] 叛逆書

 [3-1] 黙示録

  [3-2] 終焉録

   [3-3] 神話録



※ 『旧約聖書』の[創世記]1~3章と[ヨブ記]、『新約聖書』の[四つの福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)]および[ヨハネの黙示録]を知っておくとより楽しめるかと思います。


※ 本論文の内容が分からない場合、下記のASREAD掲載版の方には簡単な解説が記載されています。そちらの方を参照してみるのもよいでしょう。



『聖魔書』目次(ASREAD掲載版)[旧版]≫

  神概念について ―ある越権行為のまえがき―

 [1-1] 創造記 [1-2] 開闢記 [1-3] 形成記

  [1-4] 原罪記 [1-5] 律法記

 [2-1] 試練書 [2-2] 福音書 [2-3] 叛逆書

 [3-1] 黙示録 [3-2] 終焉録 [3-3] 神話録









 論文一覧 へ戻る



連絡先(E-mail):nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《メタ信仰論シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

 『遊歌論

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本