施 光恒さんの『本当に日本人は流されやすいのか (角川新書)』を読んでみました。一種の日本論(日本人論)として読めると思います。

 特に、社会心理学者の北山忍氏などが論じている欧米文化で支配的な「相互独立的自己観」と、日本や東アジアで支配的な「相互協調的自己観」の対比は面白いです。ただ、どこかで似たような分類を聞いたことがある気がして、思い出してみたのですが、西部邁氏の『知性の構造』に類似概念が示されていました。

 西部氏は個人主義を「相互的個人主義」と「原始的個人主義」に分け、集団主義を「伸縮的集団主義」と「硬直的集団主義」に分けています。それらをX軸とY軸に分けて、「文明の四類型」(『知性の構造』の73番目の図)を表現しました。そのとき、日本は「伸縮的集団主義」と「相互的個人主義」によって区分けされて表現されるわけです。ちなみに、「伸縮的集団主義」と「原始的個人主義」がアメリカ、「相互的個人主義」と「硬直的集団主義」がロシア、「原始的個人主義」と「硬直的集団主義」がヨーロッパ(ドイツ、イギリス、東欧諸国、フランスでさらなる分割が示される)といった具合です。

 こういった北山氏や西部氏のように、おおざっぱにでも区分けしてみることで、気づくことが増えてきて有益だと思われます。もちろん、区分けが簡易すぎて見失う細部もあるであろうことには注意が必要でしょうが。

 こういった観点の他にも、施 光恒さんによって興味深い論述が進みます。特に、日本語の特性に基づいた解釈は重要だと思われます。なにせ、未だに〈高度な文化を有した国の中では、日本語は世界でも、最も論理性のない言語の一つである〉(『表現者75』の岸間卓蔵氏の『文芸の土壌問題 近代における日本語の宿命』)などと言ってしまう人がいるくらいですから。質の悪い欧米コンプレックスで日本や日本語を卑下する羽目に陥らないためにも、多角的な視点からの論述を見ることは勉強になります。そういった意味でも、読む価値のある本だと思います。

 小浜逸郎さんの『福沢諭吉 しなやかな日本精神』を読んでみました。良書だと思うのですが、ところどころ疑問が浮かびました。以前にも小浜さんのサイトに質問したことがあったので、今回もサイトへ質問してみることにしました。

https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo/e/be18d67c1e4cf21505decb0588c9784a


**************************************************************************************************************************

 『福沢諭吉 しなやかな日本精神』を読ませていただきました。良書だと思うのですが、いくつかの箇所で疑問が浮かびました。疑問点について、よろしければ教えていただけると助かります。


(1)21頁

《福沢諭吉を西欧型のリベラルな進歩主義の代表と見なすとらえ方も、国粋主義的な保守思想の代表と見なすとらえ方も、いずれも自分の都合のよいところだけを切り取った我田引水に他ならないのです。》


 これらのとらえ方って、それぞれどなたのことなのでしょうか? 丸山真男氏と西部邁氏のことかなと、私の頭には浮かびましたが...。

 また、私の意見ですが、福沢諭吉をリベラルな進歩主義の代表と見なすことも、(「国粋主義的な」という言葉を抜かせば)保守思想の代表と見なすことも可能だと思われます。なぜ、そのような見方が我田引水なのか、具体的に教えていただけないでしょうか?


(2)23頁

《さて、その数行後に、「されども今、広くこの人間世界を見渡すに」とあって、いかに現実の世が貧富、賢愚、身分、権力においてはなはだしい格差に満ち満ちているかというくだりがあります。『学問のすゝめ』はここを出発点として、この格差にまつわるいわれなき尊卑感情を少しでもなくし、多くの人が自主独立の気概をもって人生を歩めるようにするには、「学問」がどうしても必要だ、というように展開されていくのです。》


 「...と云えり」とあるのを見逃しがちだというのはその通りだと思いますが、《いわれなき尊卑感情を少しでもなくし》という見解は、どこの記述を基にしているのか分かりませんでした。

 『学問のすゝめ』には、《そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という》とか、《医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし》といった見解があります。また、《ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるなり》とか、《士農工商おのおのその分を尽くし》とか、《学問をするには分限を知ること肝要なり》といった言葉があります。

 ですから、《いわれなき尊卑感情を少しでもなくし》ということではなく、「職業に尊卑はあり、そこでは学問が重要」ということを主張しているのだと思うのですが、いかがでしょうか?


(3)90頁

《しかし公武合体派の背後には、十分に開明的で優秀な家臣や思想家が存在していたのですから、弱体化しつつある幕府に代わって主導権を握ることも不可能ではなかったはずです。しょせんは、派として結束できるだけの意思統一が育っていなかったのでしょう。こういうところにも、常に周りをうかがいながら空気に迎合してしまう日本人の、主体性のなさと伝統的な政治下手が表れていると感じるのは、筆者だけでしょうか。》


 ここの《常に周りをうかがいながら空気に迎合してしまう日本人の、主体性のなさと伝統的な政治下手》ということの意味が分かりませんでした。当時の日本人への評価のようですので、相対的にマシな国民が例えばどこで、そこのどういった国民性と比較して劣っていたと見なしているのでしょうか?

 明治維新の評価については、トルコのケマル・パシャなどとの対比がけっこう重要だと個人的に思っていたりしますが...。


(4)248~249頁

《福沢が、明治十七年までに経済について論じたものには、『民間経済録』(明治十年)、『通貨論[第一]』(明治十一年)、『民間経済録二編』(明治十三年)、『通貨論[第二]』(明治十五年)、『貧富論[第一]』(明治十七年)などがあります。これ以降、明治二十四年に至るまで、特に経済論らしきものを執筆していません。》


 本書では、松方デフレ期における福沢諭吉の経済思想には、考慮が払われていないという理解でよろしいでしょうか? 具体的に言うと、『時事新報』に連載した社説(の中の経済思想)は考慮されていないのでしょうか?

 また、282頁では《これまで福沢については、政治論、学問論が中心で、経済論はあまり注目されてきませんでした》とありますが、参考文献に藤原昭夫氏の『福沢諭吉の日本経済論』(日本経済評論社)が挙げられていないのは何か理由があるのでしょうか? この著作は、福沢諭吉の経済思想を考える上で必須の文献だと私には思えるので...。


(5)249頁

《総じて福沢の経済思想は、旧社会の儒教道徳に裏付けられた「節倹奨励主義」を打ち破って、「金は天下の回り物」という原則を貫いた斬新なものです。》


 失礼ながら、これは単に江戸期儒者の経済思想をきちんと読んでいないだけだと思われます。具体的には、熊沢蕃山『集義和書』、荻生徂徠『政談』、山田方谷『理財論』など。また、儒者ではないですが、石田梅岩『都鄙問答』、佐藤信淵『経済要略』、本居宣長『秘本玉くしげ』なども、単なる「節倹奨励主義」ではないという観点から重要だと思われます。


(6)269頁

《福沢はまず、通貨の本質について、それは単なる品物の「預り手形」(約束の証書)と同じであると言い切ります。これは最近、経済思想家の三橋貴明氏が強調している、「貨幣は借用証書あるいは債務と債権の記録」という本質規定とまったく同じです。また、その「預り手形」として金銀を用いようが、紙を用いようが、その機能において何ら変わるところがないとも言い切ります。こちらも、最近、同じく経済思想家の中野剛志氏が、貴金属に価値の本源があると錯覚してきた長きにわたる慣習(金属主義)が無意味であって、貨幣はただ価値を明示する印にすぎない(表券主義)と指摘した、その議論とぴったり一致しています。》


 福沢の『通貨論』の記述から判断するなら、金属主義を否定し、表券主義を指摘したと見ることは可能だと思います。しかし、《三橋貴明氏が強調している、「貨幣は借用証書あるいは債務と債権の記録」という本質規定》に福沢が達していたという見解は、かなり微妙なところだと思われます。

 三橋貴明氏の元ネタは、フェリックス・マーティン氏の『21世紀の貨幣論』でしょう。この著作のポイントは、マネーの本質を《交換の手段》ではなく、《通貨の根底にある信用と清算のメカニズム》としてとらえたことです。

 藤原昭夫氏が指摘しているように、《『通貨論』において、福沢は貨幣の本質を、もっぱら「行盃人」のごとく商品交換を媒介して歩く流通手段たる点に求めた》ように思えます。そのため、《債権と債務の記録》というレベルに達しているとは見なせないと思われますが、いかがでしょうか?

**************************************************************************************************************************


 休日でも、やることが沢山でたいへんなのですが、読書は時間を見つけてしています。

 電子書籍よりも、紙の本を重視する意見には一理あると思うのですが、時間の効率的な使い方という観点、および格納場所という観点から、やはり電子書籍は便利です。

 2017年4月に書いた「kindleで本を読んだり」の時点では、300冊でした。現在は600冊を超えました。まあ、四分の一くらいは漫画なのですが(笑)。読みたい本がなくなってきたと言っておきながら、それから1年ちょっとで300冊増えているわけで、我ながらちょっと異常ですな。ちなみに、買ってそのままではなく、ちゃんと読んでますよ(笑)。

 本の読み方は完全に我流なのですが、速読に近い形で読んでいると思います。本って、読めば読むほど、読む速度が速くなります。もちろん、本の密度によりますけどね。ざっと読む本もあれば、じっくり読む本もあります。

 インプットの蓄積はかなりできたので、そろそろアウトプットに移行したいです。定期的にインプットとアウトプットを行き来するのが大切だと思うのです。


 だんだんと暑くなってきました。

 寝る時は暑いけど、起きると少し肌寒いといった感じで、体調には特に気を付けたいところです。

 仕事をしたり、本を読んだり、文章を書いたりするのに、体調はものすごく左右しますから。

 体調を保つことの労力は、それに見合ったリターンがあると見なしておくべきでしょう。

 といった、何の変哲も面白みもない話を適当にしているということで、元気溌剌とはいかないので、注意すべきですな(苦笑)。

暑さとクールビズ - 日記

| コメント(0)

 暑くなってきましたね。

 クールビズの季節です。クールビズは良いことです。

 でも、クールビズの期間でも、逆にしっかりネクタイとか上着とか着るパターンってありますよね。

 その方が、何か礼儀にかなっているみたいな。

 でも、そういうのって、やっぱり微妙な気もします。

 クールビズのときは、やっぱり涼しい恰好で良いのではないでしょうか。

 堂々と薄着になって、快適に過ぎすのが良いのだと思います。
 だって、暑いですしね。

更新頻度 - 日記

| コメント(0)

 今後は少し頑張って、更新頻度を上げていきたいです。

 とは言うものの、忙しいと厳しいです。仕事や私生活を重視した上で、できる範囲で更新していきます。ですので、微妙などうでもよいことを言っているだけの日とかもあると思いますが、まあ、大目にみてください。

 例えば、今日の更新のように(苦笑)。

忙しさと飲み物 - 日記

| コメント(0)

 忙しくなって疲れてくると、購入する飲み物が違ってきます。

 元気があるときは、お茶です。

 少し疲れてくると、コーヒー系に手が伸びます。

 かなり疲れてくると、コーラとかエネルゲンとかに手が伸びます。

 どんな飲み物に手が伸びるかで、自分の疲れ具合が分かります。

 今日はコーラに手が伸びたので、けっこう疲れてます。

 仕事が忙しいのは、ありがたいことなのですが、体調には注意したいものです。

 あと、趣味の時間がなくなるのが痛い・・・。

効率性について - 日記

| コメント(0)

 効率性というものは重要です。とは言っても、何の効率性が重要かを言わないと、意味がないですね。

 例えば、仕事の効率性。効率を上げると、時間を節約できたり、より多くの仕事をこなせたりします。そのため、効率性を上げるのは良いことですが、簡単には上がりません。そこには、仕事のコツというのが絡んできます。仕事のコツについては、体感的に会得せざるをえないものと、言語化して理解できるものがあります。本当は言語化して理解可能なのですが、教えてくれる人がいないと、体感的に会得するしかなかったりします。

 そこで、人から教わるということが求められるわけですが、そこにもテクニックが潜んでいたりするのですよね。特に社会人だと、黙っていても誰かが教えてくれるわけではないので、教わるためのテクニックというものが重要になるわけです。では、そのテクニックをどのように身につけるべきでしょうか?

 ややこしく、難しいことに、そこにもまたテクニックやコツと呼ばれる技術があるわけです。

法事とか - 日記

| コメント(0)

 今週の休みは法事でした。

 こういった儀式は、必要なのかもしれませんが、時間を多くとられてしまったりします。

 儀式については、必要性や効率性という観点からも考えてみるべき問題だと思います。

 主な論点は、やはり携わる人たちの気持ちでしょう。

 それが重要だと見なすなら、することになりますし。

 GW(ゴールデンウィーク)も終わり、社会人な日常が戻ってきました。

 さて、GWが終わっても憂鬱にならないために、心がけておくべきことって、いくつかあると思います。それらの方法がうまくいけば、休み明けも普段通り頑張れるわけです。

 というわけで、私が実践した、あまり参考にならない方法を。

 それは、やすべきことを詰め込んで、普段よりも忙しくするという方法です(ドドーン)。

 例えば、かなり多くの本を読みまくるとか。何らかのテーマの執筆を自身に課すとか。

 そうすると、GW後に相対的に忙しさが減り、普段通りに過ごすことができるのです。

 お勧めですよ。

 コツは、睡眠は大目にとって、疲れは残さないようにしておくことです。睡眠は大目にとって、起きているときに予定を詰め込むのです。

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本


最近のコメント

アイテム

  • ai_03.bmp
  • ai_02.bmp
  • ai_01.bmp
  • yasashisa_06.bmp
  • yasashisa_05.bmp
  • yasashisa_04.bmp
  • yasashisa_03.bmp
  • yasashisa_02.bmp
  • yasashisa_01.bmp
  • monotokoto_06.bmp