『漫画は思想する』

 日本の哲学者・永井均さんの著書に、『マンガは哲学する』という素晴らしい作品があります。まえがきには、〈この本は二兎を追っている。マンガ愛好者には、マンガによる哲学入門書として役立つと同時に、哲学愛好者には、哲学によるマンガ入門書として役立つ、という二兎である〉とあります。取り上げているマンガの選定・評価・構成、すべてにおいて高水準にあり、歴史的傑作と言える作品です。
 私には、この作品に張り合ってマンガ哲学する蛮勇はありません。ですが、私も私なりに、日本のマンガからは実に多くのことを学ばせていただきました。それは哲学でもあり、そして思想でもありました。
 おこがましいことを承知で、私は私なりに、日本のマンガから学んだ思想を紹介してみようと思います。よろしければ、見ていってください。

漫画思想(ASREAD掲載版)
 <01> 漫画思想入門
 <02> 嘘とまっすぐ ―『うしおととら』―
 <03> 彼の戦う理由 ―『からくりサーカス』―
 <04> 常識の裏側 ―『アホガール』―
 <05> 人間の強さと弱さ ―『幽遊白書』―
 <06> 勇気ある者たち ―『ダイの大冒険』―



【旧版】
 ・『幽☆遊☆白書(冨樫義博)』―強さについて―
 ・『幽☆遊☆白書(冨樫義博)』―人間が人間を滅ぼすこと―
 ・『式の前日(穂積)』―護るべき価値について―
 ・『アホガール(1) (ヒロユキ)』―あぶり出される世の中の真実―
 ・『アホガール(2) (ヒロユキ)』―アホの知とアホの愛―
 ・『アホガール(3) (ヒロユキ)』―切ない恋の物語―
 ・『アホガール(4) (ヒロユキ)』―名前の意味するもの―
 ・『アホガール(5) (ヒロユキ)』―言葉の意味と概念の本質―

 論文一覧 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《メタ信仰論シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

 『遊歌集

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本