TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  


 今号『表現者75』で西部邁さんが引退されるそうです。残念ですが、引き際は大事ですから、良いタイミングなのかもしれません。

 というわけで、西部さん最後の座談会『日本文化の本来性とは何か』を見てみましょう。はじめの方は、いつものように西洋など海外との対比が論じられたりしているのですが、後半は佐伯啓思さんと無の思想についての会話が主になっています。無の思想については、『表現者48』の座談会でも論じられていました(そのときにも感想を書いていますので興味のある方は是非)。

 無の思想の議論を結論から言ってしまうと、まったく噛み合っていないまま終わってしまっています。そして、その責任は佐伯さんにあります。

 

<p62>

西部 僕が言いたいのは、「無」というのを一言では表せないのかもしれませんが、僕に教えてくれと頼んでいるわけです。何を以って「無」と言うのかを。

 

 上記のように、西部さんは、佐伯さんが言う「無」が分からないから教えてくれと頼んでいるわけです。それに対し、佐伯さんが分かるような言葉で語っていないのです。ここの座談会の文章から、佐伯さんが西田幾多郎の「絶対無」や日本思想の「無の思想」に親近感をいだいているのは分かるのですが、明晰に理解できていないのでしょう。なぜなら、西部さんの問いにきちんと回答できていないからです。

 

<p63>

佐伯 そういう意味ではなくて、精神的な無のことです。

西部 もちろん、そうだけど、精神だっていきなり降って湧くわけではなく、親から聞いた言葉とか、さまざまなことがからんでいるはずです。何も持たずに、ここにいるというのは、それは宗教者のおとぎ話じゃないんですか。

佐伯 いやあ、どうかな(笑)。僕には、そういうふうには思えないんですけれど。

 

 ここで西部さんが言っていることはもっともなことです。精神には言葉がからんでいますから、そういった意味では「無」いのではなく、むしろ「有」ると言うべきです。

 だから、語る次元がズレているだけなのです。西田哲学での「無」は、ここの前段階にかかわるものなのです。例えば、確かに精神にはさまざまなことがからんでいるのですが、その精神が西部邁(読んでいるあなたの名前に置き換えてみてください)という人物であることに根拠は「無」いわけです。根拠が無いのですが、親とか言葉とかとからむ前に、何故か、この精神は西部邁という人物と紐づいているわけです。根拠が無いはずのものが有るので、それは無の場所と呼ばれるわけです。

 こういった西田哲学の論理構造は、その哲学的水準に達していれば(日本思想に馴染んでいると理解しやすいとは言えますが)洋の東西を問わずに理解可能なものなのです。しかし、座談会の誰もこのことに理解が及んでいないのです。

 

<p71>

西部 (略)すると、人間が言葉の動物であり、同時にそこに時間とか生涯が入ると、物語る動物であるというように考えたときに、やはりどうしても、佐伯大先生から「無」と言われると、結局は佐伯さんだって物語を作って死ぬんじゃないかと反論をしたくなるんです。

 

 だから、この反論はもっともなのです。ここで西部さんが論じている次元においては、「無」ではなく「有」るのですから。だから、この次元ではそうなのだけれど、それとは違う次元で「無」を論じているのだと説明しなければならないのです。

 ちなみに、さらにややこしいことに、ここの西部さんの反論に対し、哲学的な「無の場所」と、日本的な「無心」の双方向から再反論することができます。しかし、話が長くなりますので、「無心」の論理は省略します(興味のある方は『表現者48の方の感想を参照してください)。

 

 また、「編集後記」には、次のようにあります。

 

 なお『表現者』を若い世代がいかに引き継ぎ、真正保守の立場を貫きつつ、さらなる歩みをどのように展開するか、今皆で検討中です。

 

 西部さんが抜けた後にどうなるかですが、かなり厳しいのではないかと思われます。

 今号で、あまりにヒドイ論稿があり、読んでいて気持ち悪くなったくらいです。それは、岸間卓蔵さんの寄稿『文芸の土壌問題 近代における日本語の宿命』です。こんなものを載せるレベルなら、先は暗いと思います。この論稿を簡単にまとめるなら、論理性の欠片もない人物が、上から目線で日本語の悪口を言っているだけ、というものになります。

 

<p141>

 論理とは、人と人とがなるべく齟齬なく話すためのルールである。本来、客観的なのが言語の特徴だが、それをどこまで突きつめるかで、言語の論理性が変わってくる。日本語の発達段階では、徹底的に議論することがなかった。従って、高度な文化を有した国の中では、日本語は世界でも、最も論理性のない言語の一つである。

 

 すごい見解ですね。ただし、この著者が根拠も示さずに勝手に言っているだけです。今更、日本語に論理性が無いといった低レベルな文章を見せられるとうんざりします。敗戦コンプレックスが残っていたひと昔前には、こういった意見が見られましたが。例えば、1987年の中島文雄『日本語の構造』とかですね。

 しかし、最近の日本語論では、しっかりした論理に基づいて日本語の特徴が論じられており、日本語は論理的ではないといった愚論が一蹴されています。例えば、2015年の松尾義之『日本語の科学が世界を変える』など。

 

<p148>

 というよりも、ある概念に対する議論をするなど、今の今までほとんどこの島国では行われて来なかった。それは日本語の文法を見ても明らかで、インド・ヨーロッパ語のように主語-動詞という作りでもなければ、ヘブライ語やアラビア語のように動詞が最初に来るわけでもない。主語がないことが多ければ、動詞は修飾語の後に位置するという具合だ。

 

 上記の意見も、すさまじく馬鹿げています。文法の「主語-動詞という作り」が、なぜ議論の質を保証できるのか意味不明です。岸間卓蔵さんの中では筋の通った意見になっているつもりなのかもしれませんが、読者に最低限の知性があれば、支離滅裂であることが理解できるでしょう。

 ラテン語がどうの、ヘブライ語がどうのと書かれているため、一見すると高尚な文章に見えますが、その実体は愚かで傲慢な文章です。論理性の欠片も無い論理批判という、世にも珍しい駄文を見たいという奇特な方は、読んでみると面白いかもしれません。しかし、こんなレベルのものを載せるとは...。この著者は論外ですが、載せることを決めた編集者の責任でもありますね。

 

 


 最近買った本は、以下のとおり。

・『経済と国民 フリードリヒ・リストに学ぶ (朝日新書)』 中野剛志
・『社会学の力 -- 最重要概念・命題集』
・『日本二千六百年史 新書版』大川 周明
・『メタ倫理学入門: 道徳のそもそもを考える』佐藤 岳詩

 どれも面白そうです。
 この休みに読めるところまで読んでいきたいと思います。


 お盆ですね。
 長期休暇は、やはり読みたい本を読むのです。

 ということで、次の本を買ってみました。

・『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)
・日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ (平凡社ライブラリー)
・日本残酷物語〈2〉忘れられた土地 (平凡社ライブラリー)
・日本残酷物語〈3〉―鎖国の悲劇 (平凡社ライブラリー)
・日本残酷物語 (4) (平凡社ライブラリー)
・日本残酷物語〈5〉近代の暗黒 (平凡社ライブラリー)
・ジョージ・F・ケナン回顧録I (中公文庫)
・ジョージ・F・ケナン回顧録II (中公文庫)
・ジョージ・F・ケナン回顧録III (中公文庫)

 長編ですね。じっくり読んでいきたいです。



 経済成長について、どう考えるべきかということで、『経済成長主義への決別』と『表現者73』を参照し、論稿を書いてみました。興味のある方がおられましたらご覧ください。



≪読書感想文≫ 佐伯啓思『経済成長主義への決別』

経済成長についてどう考えればよいのか  ―佐伯啓思と藤井聡の考え方を参考にして―


 本論稿は、一応ASREADにも投稿したのですが、現在の運営状況では載るかも不透明ですし、載るとしても掲載時期が遅くなるかもしれないので、ここで一旦公開しておきます。

 自分の意見を表明する場を求めて、何か新しい動きをはじめるべきなのかもしれません。

 日々の仕事と生活が忙しくて、なかなか動けませんが(笑)。


 ASREADに、【≪木下元文の読書感想文≫ 中野剛志『富国と強兵 地政経済学序説』】が掲載されました。旬な本なので、無理を言ってすぐにアップしてもらいました。素晴らしかった点と、気になった点を合わせて述べているので、興味のある方は読んでみてください。
 この読書感想文はシリーズとして、不定期で書いていきたいと思います。予定は未定ですが。


 貴重な休みを一日費やし、バリー・ストラウド『君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか―哲学的懐疑論の意義』を読みました。485ページもあり、値段も高めですが、後悔はしていません(笑)。
 かといって、人様へお勧めできるかというと、しないですね(苦笑)。哲学というものに、どっぷりとはまり込んでみたいという人には良書だと思いますが、そうでない人にとっては微妙な本ですし。
 難しい用語とかも出て来ますが、その用語の説明もきちんとなされています。でも、カント哲学を少しくらい理解していないとつらいかもしれませんね。

 


 今日は、哲学者の永井均さんの『存在と時間 ――哲学探究1』を買いました。

 読む価値のある本が手元にあるというのは、嬉しいものです。

 これから、じっくりと読んでいきます。


 ただし、この本を他人にお勧めするかというと、そんなことはしません。

 いじわるしているとか、そういうことではなく、確率を考えているからです。


 皆さんも、自分が読む価値があると思う本を読むべきです。

 少なくとも、私はそう思います。



 今号の特集は<「戦争」のできない国民>です。
 個人的に秀逸だと感じた記事を紹介します。

・「憲法をとるか、国防をとるか?」佐伯啓思

→ 戦後日本が変則的な事態の上にあることの指摘は重要です。

・「無秩序化する世界、沈む日本」柴山桂太

→ 現状認識の精度が高いレベルにあります。

・「軍事とはいまも生命の駆け引きである」東谷暁

→ 「ルトワックのパラドックス」は、パラドックスではなく現実だという指摘は重要です。
  何でもパラドックスとか言って、奇抜性を狙って注目を集めようとするような人には注意した方がよいと思いますね。

・「日本の外交論壇の知的不毛性」伊藤貫

→ 高いレベルというより、正確なレベルの論理性が示されている記事です。

・「誤解された思想家たち 法然房源空」小浜逸郎

→ 最後の一文がなければ、もっと良かったと思います。もったいないですね。


 全部の記事を読むのも大変なので、参考までに。



 久しぶりに時間がとれる休日なので、読書です。

 本日は、

(1)『西田幾多郎キーワード論集』

(2)『時間と絶対と相対と』入不二基義

(3)『人工知能は人間を超えるか』松尾豊

(4)『ヨブ記講演』内村鑑三

(5)『ヨブへの答え』ユング

(6)『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』田中森一

(7)『祈りの海』グレッグ・イーガン

 を回し読みです。

 一つの本をずっと読むのではなく、いくつかの本を少しずつ読むと、飽きがこなくて効率的に読めたりします。個人差があるでしょうけどね。



 今号の特集は、「沖縄 戦後ニッポンの鏡」です。

 沖縄を考える上で、「鼎談 ついに臨界に達した沖縄問題」における西部邁さんの見解は重要です。対談中で西部さんは、次のような問いを出しています。


 いまからでも遅くはないから格別の御高配を、これから何であるかについて考える。それをせねばいけない理由は、要するに総力戦を戦ってくれた唯一の住民であるからです。
 ところが問題は、沖縄はいまや平和の島になっているわけです。僕はあの戦さを自慢する沖縄人に会ったことがない。本心はどうなんですか。自慢しているの? 自分達が犠牲を被ったことを歎くだけで、戦ったことに胸を張る沖縄人はどれくらいいるの?


 その答えも、ある意味において出ています。さらに、西部さんの言葉を引用しましょう。


 沖縄に五回しか行っていないのに、初対面の方々に会う度にいま言ったような話を執拗にやって、全員に沈黙をもって応じられる。イエスとも言ってくれないが、ノーとも言わない。


 これで、論じるに十分な材料はすでにそろっています。ここからは、個人的な見解によって歩むべき方向が変わるのでしょう。

 私の意見を述べておくなら、格別の御高配は、その根拠の故に、今の沖縄の人たちには受け取る価値がないのではないかという疑惑を持っています。その疑惑を払拭するためには、西部さんの問いに、沖縄の人たちがどう応えるかにかかっているのです。

 ここで、イエスでもノーでもないということで、いろいろな理屈をこねくり回すことができます。しかし、それがどれほどもっともらしくとも、イエスと言えないことによる疚しさが透けて見えてしまうのです。

 イエスと言える人間が、沖縄に限らず何人いるのか。それが沖縄に対してどう向き合うのか、どう真剣に向き合うのかに決定的に重要になるでしょう。なぜなら、イエスという答えは、日本人による国防強化に向かうからです。

 柴山桂太さんは、「日本の「半独立」が基地を永続化させる」で次のように述べています。


 結局、日本が「半独立」から抜けだして国防強化に向かわない限り、真の意味での安全保障は確立されないし、沖縄と本土の間で広がる溝を埋めることもできないのだ。


 また、東谷暁さんの「日本人にとっての「ソラリス」」の次の発言にも触れておきます。


 いつかは沖縄が日本と一体になってくれるだろうと思っている人には残念なことに、地政学的にフロンティアに置かれる沖縄は、本土とは微妙なところで心理的に融け合うことはない。また、沖縄など日本から切り離したいと思う人にとっても、これまた残念なことに、いつまでも歴史・文化的繋がりのゆえに日本に親密につきまとうだろう。


 たしかにそうなのですが、それにも関わらず、私は沖縄の人たちを同じ日本人と見なすことにしています。それ故に、沖縄の人たちがもし失望するようなことを言うのなら、他の日本人が言ったときと同じように、特別な配慮などせずに、発言に見合った対応をとることになります。軽蔑すべきときは軽蔑し、敬意を表すべきときは表す、ということです。



最近のコメント


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK