『続・近代の超克』

 大東亜戦争の最中、「近代の超克」という座談会が開かれました。
 そこで提起された問題意識について、戦後の知識人は満足に応えてきませんでした。「近代の超克」に対し、否定的な評価を下す論者にいたっては、ありありと愚劣さを晒しているというのが実情です。
 「近代の超克」の問題意識を引き継ぐことは、非常に重要なことだと私には思われます。ですから、私なりに勝手に論じることにしました。勝手な一個人による、勝手な引き継ぎ作業、ここに開陳。


近代を超克する(ASREAD版) (別バージョン)
 
(1)「近代の超克」の問題意識を受け継ぐ
 (2)「近代の超克」論文を検討する[前編]
 (3)「近代の超克」論文を検討する[中編]
 (4)「近代の超克」論文を検討する[後編]
 (5)「近代の超克」座談会を検討する
 (6)「近代の終焉」論文を検討する
 (7)近代を超克するということ
 (8)対デモクラシー[1] ヘロドトスとトゥキュディデス
 (9)対デモクラシー[2] プラトンとアリストテレス
 (10)対デモクラシー[3] ポリュビオスとキケロ
 (11)対デモクラシー[4] マキャヴェリ
 (12)対デモクラシー[5] ホッブズとロック
 (13)対デモクラシー[6] ルソー
 (14)対デモクラシー[7] モンテスキューとバジェット
 (15)対デモクラシー[8] バークとトクヴィル
 (16)対デモクラシー[9] ミルとデューイ
 (17)対デモクラシー[10] デモクラシーを超克する
 (18)対リベラリズム[1]西欧の自由
 (19)対リベラリズム[2]西欧古代
 (20)対リベラリズム[3]キリスト教における自由意志
 (21)対リベラリズム[4]ホッブズとロックとルソー
 (22)対リベラリズム[5]アダム・スミス
 (23)対リベラリズム[6]カントとヘーゲル
 (24)対リベラリズム[7]ミル
 (25)対リベラリズム[8]フロムとバーリン
 (26)対リベラリズム[9]ハイエク
 (27)対リベラリズム[10]リベラリズムを超克する
 (28)対キャピタリズム[1]マルクス
 (29)対キャピタリズム[2]マックス・ウェーバー
 (30)対キャピタリズム[3]ケインズとシュンペーター
 (31)対キャピタリズム[4]キャピタリズムを超克する
 (32)近代を超克した後に



【目次(旧版)】

[序論]
 「近代の超克」について

[第一部 「近代の超克」の検討 ]
 第一章 亀井勝一郎『現代精神に関する覚書』の検討
 第二章 西谷啓治『「近代の超克」私論』の検討
 第三章 諸井三郎『吾々の立場から』の検討
 第四章 吉満義彦『近代超克の神学的根拠』の検討
 第五章 林房雄『勤王の心』の検討
 第六章 下村寅太郎『近代の超克の方向』の検討
 第七章 津村秀夫『何を破るべきか』の検討
 第八章 三好達治『略記』の検討
 第九章 菊池正士『科学の超克について』の検討
 第十章 中村光夫『「近代」への疑惑』の検討
 第十一章 河上徹太郎『「近代の超克」結語』の検討

 第十二章 座談会の検討

 第十三章 竹内好『近代の超克』の検討

 第十四章 保田与重郎『近代の終焉』の検討

[第二部 「近代を超克すること」についての考察 ]

 第一章 近代を超克するということ

 第二章 対デモクラシー(民主主義、民衆政治)

 第三章 対リベラリズム(自由主義)

 第四章 対キャピタリズム(資本主義)
  第一節 マルクス検討
  第二節 ウェーバー検討
  第三節 ケインズ検討
  第四節 シュンペーター検討
  第五節 高橋是清の検討

 第五章  対近代の思想(進歩主義)

[終論]
 「近代の超克」後の世界において




 論文一覧 へ戻る

連絡先(E-mail):nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本