休日に勉強

| コメント(0)

 今日も講座に参加。

 休みの日にこそ、自分が選んだ勉強をすべきなのです。

 その方が、身に付きますしね。



 映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見てみました。

 話題作です。クイーンは良い歌が多いですね。

 個人的に点数をつけると80点です。

 やはり、世代がずれているのと、ロック的な感性にあまり共感を覚えない体質なので(笑)。

 性的に奔放な生活で、エイズになっても、あまり感動はしないですよね?



忘年会の季節ですね

| コメント(0)

 忘年会の季節です。

 忘年会がいっぱいです。

 飲み過ぎには注意しましょう。

 と、自分にも言い聞かせてみる(笑)

手帳を買いました。

| コメント(0)

 1年の終わりが見えてきたということで、手帳を買いました。

 手帳は高橋の「No.431 デスクダイアリー カジュアル 1」です。

 「見開き1ヵ月ブロックタイプ」と「見開き1週間レフト式」がやはり使いやすいです。

 手帳に関しては、やっぱり紙が良いです。電子は電子で良いのですが、紙は紙でやっぱり良いのです。良いところを使い分けるのが便利です。

 手帳を買うと、一年がたったのだと感慨深くなりますね。


12月です。

| コメント(0)

 もう12月です。2018年も終わりそうです。

 来年は2019年です。当たり前ですが...。

 早いです。ただ何となく過ごしていると、光陰矢の如しなので、意識的に何かをすべきなのです。なので、しましょう。何かを。


 今日は、M-1グランプリでした。面白かったです。

 決勝に残った3組は文句なしに面白かったです。

 でも、やっぱり和牛に優勝してほしかったです...。あと、4位はミキではなく、かまいたちだと思います。

 全般的に今年は審査員が辛かったですね。笑神籤をスポーツ選手が引くのもいらない演出だったと思います。

 ずっと真剣に見ていたので、かなり疲れました(苦笑)。笑いに全力をつくす芸人に敬意を表したいと思います。

 映画『未来のミライ』の感想です。細田守監督による長編オリジナル作品第5作です。

 この映画って、見る人の見る時期によって大きく評価が変わると思います。

 私の点数は、85点。かなり高めです。

 点数が高くなる時期なわけですな(笑)。

 一緒に見にいった人は、「くんちゃん、むかつく」とのことでした(笑)。

 福山雅治さんの、ひいじいじが格好良すぎました。ミライちゃんは、題名にもなっているのに影が薄かったですね(苦笑)。



 今回は、映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』です。

 大ヒットしていましたね。実は、過去の作品を見ていなかったのですが、何か映画を見ようと思って、ヒットしていたので見てみたという...。

 点数は70点です。

 やっぱり、過去作を知らないので個人的にあまり高評価になりにくいというのはあります。また、いろいろと人間模様を詰め込み過ぎだった気がします。ごちゃごちゃしすぎ。

 ミスチルの主題歌は最高。

映画『響 -HIBIKI-』

| コメント(0)

 今回は、映画『響 -HIBIKI-』です。

 原作漫画は一巻だけ読んでいる状態で映画を見ました。

 天才をどう描写するかということに興味があったので。

 世間の評価は微妙なようですが...。

 私の評価は70点で。まあまあ、といったところです。ストーリー的に言えば、異常な行動と天才を結びつけているだけで、お粗末として言いようがないというのはありますけどね。

 主人公の響役の平手友梨奈さんの演技は、すごかったと思います。アイドルとかかなり疎いので、この人については詳しくないのですが、原作の雰囲気(一巻だけ読んだ感じでは)をうまく再現できていたと思います。

 整合性とはとりあえず無視して、とっぴな行動とかは面白かったです。また、明らかに天才の描写は失敗しているのですが、逆に凡才の登場人物の描写には見るところがあった気がします。


 今週末はM-1ですね。楽しみです。

 審査員に塙さんがいますね。

 ナイツ 塙宣之インタビュー というのを見つけたのですが、めちゃくちゃタメになります。この人はやっぱり凄いです。下品なネタとかありますが、それは根が上品だからこそ大きな笑いになるというのが分かります。こういった天才の文章を読むのは大好きです。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

最近のコメント

アイテム

  • IMG_1199.JPG
  • IMG_1205.JPG
  • IMG_2956[1].JPG
  • IMG_2952[1].JPG
  • IMG_2950[1].JPG
  • IMG_2690[1].JPG
  • IMG_2683[1].JPG
  • IMG_2674[1].JPG
  • IMG_2672[1].JPG
  • IMG_2662[1].JPG