『ある少年の述懐』

 

 僕は、世の中に「子供」と「大人」という言葉があることを知っていた。だって、みんなが「子供」や「大人」という言葉を使っていたからだ。
 だから僕は、「大人」と「子供」が違うものだと思っていた。
 僕は、「子供」は不完全で、「大人」は完全なんだと思っていた。だって、そうじゃないか? 子供は大人から、あれをしちゃいけないとか、これをしないさいとかいろいろと言われるんだ。大人は子供へ、あれをしちゃいけないとか、これをしなさいとか言うんだ。
 「大人」が完全な人間で、「子供」が不完全な人間なのだとしたら、これはもっともなことじゃないか? そうだろう?
 でも、違ったんだ。「大人」は完全じゃなかった。本当に、まったく、決定的に、「大人」は完全じゃなかった・・・。
 はじめは僕が不完全だから、大人の言うことが理解できないのかと思った。でも、大人は、前に言ったときと違うことを言うんだ。もちろん、前は前に言ったことが正しくて、今は今言ったことが正しいってことも考えられるよ。だから僕は、なんで前に言ったときと違うことを言うのか大人に聞いてみたんだ。そうすると、大人は怒りだすんだ。それで、分かった。
 何が分かったかって?

 一つ目、記憶力は大人よりも子供の方が優れていること。
 二つ目、大人はそのときどきで、自分の都合の良い言葉を吐くということ。
 三つ目、大人は完全ではないということ。

 だから僕は、僕が大人になっても、決して「子供」を子供扱いしないと決めた。
 もちろん、知識の差は考慮しなきゃいけないよ。でもそれは、大人同士でも言えることでしかないよね? 何らかの話をするとき、相手がその分野についてどの程度の知識を備えているかを判断して、話す内容を調整するのはまった当たり前のことだ。その上で、何が大切なことなのかを真剣に考えることが大事なんだ。
 その大事なことにおいて、子供とか大人とかは、割とどうでもいい問題なんだよ。
 僕は、こう考えている。

 「子供」は大人が思っているほど子供ではなく、
 「大人」は子供が思っているほど大人なんかじゃない。

 どうだい? 合っているかな?


※ 本論文は、私が子供の頃に漠然と思っていたことを、大人になった私が論理的な肉付けをほどこしてまとめたものです。ぶっちゃけ、こんなようなことを考えている子供って、大人からは疎まれますよね(笑)

 

 

 哲学ごっこ へ戻る

 論文一覧 へ戻る

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《メタ信仰論シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

 『遊歌集

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本