徒然

| コメント(0)

 今更ですが、中野剛志さんの『反官反民』を読んでいます。

 色々と素晴らしい文言があるのですが、次の意見なんか、絶妙ですねぇ。

 

 論理的表現を産み出すことの苦労を知らない者だけが、論理的な文章を非感情的と読み間違えるのである。

 

 いいこというなぁ。

 本書は、中野さんの論理が光っていますが、いくつか納得できない点もあるので、どこかで意見の相違を論じてみたいと思います。

 こういう風に、論理的な相違を明らかにし、それを公開し、議論を進めたいと思うような本って、たとえどれだけ批判的に分析することになっても、それだけで良書なのだと思います。

コメントする

カテゴリ

ウェブページ