戦略的に考えてみよう(7)

| コメント(0)


 朝日新聞は、2014年8月5日と6日の朝刊に特集「慰安婦問題を考える」を掲載しました。これを受けて、産経新聞は朝日新聞への攻撃を強めています。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140809/plc14080907000002-n1.htm


 この問題については、朝日新聞は卑劣だとしか言いようがないので、産経新聞には徹底的に追求してほしいものです。
 ですが、産経新聞も同じような卑劣をしているのではないかという疑惑をもたれる可能性があります。
 私は産経新聞社からの訂正依頼について戦略的に考えるで、次のように書いています。


 仮に、私が移民国家化を企んでいるとしましょう。その場合、私なら事実を曲げて報じるなどという下策を採用することはありえません。あくまでも事実を恣意的に利用して、読者が移民反対に向かわないように誘導する作戦を取るでしょう。その上で、私は事実を曲げるような人間ではないと言い張るでしょう。


 産経新聞には、特に慰安婦問題などでは朝日新聞の非を明らかにしてほしいものです。そのためには、産経新聞自身はまともだと思われていることが重要なのではないですか?
 お前も同類だろと言われるようでは、目も当てられませんよ?


コメントする