書く利のない義

| コメント(0)

 昨日、久しぶりに大量に本を買いました。一万円くらい。物理的に重いよ。


 書くつもりのなかった論稿について、ちょっと思うところがあって、参考となる本を買ったのです。

 ひたすらに読みまくる。読みまくるほどに、自分の内部に炎が燃え上がって来るのを感じる。

 ただし、そこには利はないのです。

 決定的に利はないなぁ。びっくりするくらい。

 でも、義はあるみたいだ。

 だから、書くとしたら、それは利のない義のため。


 それは、公式には誰も同意してくれない戦い。

 それなら、自分だけが分かっていればよいという話になるのでは?

 ある意味で、それはそうだと思う。

 でも・・・。


コメントする