TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

ASREADに記事が掲載されました。

| コメント(2) | トラックバック(0)

  ASREADに、【秀逸な『永遠の0』論のご紹介】が掲載されました。

 「永遠の今と永遠の無」の章のところの記述が抜けています。

 正しくは、以下の引用が入ります。


西田幾多郎『永遠の今の自己限定』より


 真に永遠の今というべきものはプラトンの考えた如き永遠不変の意味ではなくして、その各(おのおの)の点に於て無限の過去無限の未来を消すことのでき、それに於て何処でも何時でも時が始まると考えることのできる絶対無の自覚という如きものでなければならない。

 良心の声に従うというのは単に理性的となることではなく純なる情意の要求に従うことでなければならない、唯、考えられた自己を棄てることである、私欲を離れることである、無にして自己自身を限定するものとなることである、永遠の今の自己限定の内容は広義に於て良心の声として現れるのである。


西田幾多郎『場所的論理と宗教的世界観』より


 死とは、自己が永遠の無に入ることである。


 

 修正依頼はかけているので、そのうち追記が入るとは思いますが。

 ここらへんの論文は、『西田幾多郎キーワード論集 (エッセンシャル・ニシダ)』などがよくまとまってい記載されていますね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nihonshiki.sakura.ne.jp/blog/mt-tb.cgi/1247

コメント(2)

私も週末に読了しました。善の研究は途中で留まって了っているのですが、この本はいい指南書になりそうです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、モトが2014年11月 2日 15:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「信頼というファクターによって人を見るということ」です。

次のブログ記事は「何かを書くということ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


  にほんブログ村 人気ブログランキング に参加しています。1日1クリックお願いします!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ         

  

Access Counter
TOP 概要 自己紹介 論文 小説 日記 本の感想 LINK