フランス紙襲撃テロ事件と言論の自由について

| コメント(0)

 「シャルリー・エブド」の風刺画による殺害事件をきっかけにして、大規模な追悼行進やデモが行われています。

 ここで重要な点は、やはり「言論の自由」についてですね。


 私ははっきり言ってしまいますが、「自由」そのものを価値とする思想は欠陥品なのですよ。

 ですから、「言論の自由」そのものを価値として掲げることに無理があるわけです。

 「言論の自由」を掲げているやつらって、その裏で言論弾圧していたりするわけですよ。


 今回の事件って、あきらかに超えちゃいけない一線を超えたことが大きい要因なわけです。

 風刺画の問題では、その絵を文章で説明し、その内容が侮辱に当たるか否かということを、さまざまな文化的価値を考慮しながら論じないとダメなのですよ。

 当たり前の話ですが、今回の「シャルリー・エブド」の風刺画はイスラム教的な価値観からすると、侮辱表現であり、許し難いものなわけですね。

 まずは、そこを押さえて論じないと、なかなか意味のある言論はできないでしょうね。


コメントする

カテゴリ

ウェブページ