ASREADに記事が掲載されました。

| コメント(0)

 ASREADに【家族と国家のおはなし】が掲載されました。

 天才劇作家カレル・チャペックの最後の戯曲を参照し、家族と国家の問題に踏み込んでいます。

 世間的な評価は分かりませんが、個人的にはかなり深い論点を示せたと思います。

 また、よろしければ、以下の参考記事も合わせてお読みください。


参考記事
『永遠のゼロ』を私はこう見る(小浜逸郎氏の記事)
倫理観の相克と融合 ―小浜逸郎氏の記事に応える―(上記記事への応答)
【世代論特集】世代間で受け継いで行くもの
ナショナリズム論(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)




コメントする

カテゴリ

ウェブページ