『保守主義への挑戦状』

 保守主義(conservatism)について論じています。

【目次】

[序論]
 保守主義に対して

 [第一部 保守について]
 保守について説明し、問題点について述べていきます。

 保守の思想
 保守の名称
 保守の自由
 保守の発生
 保守の原理

 [第二部 保守の名著]
 保守思想を参照するためには、保守の名著を読むことが手っ取り早い方法です。

 バーク『フランス革命の省察(1790)』
 トクヴィル『アメリカのデモクラシー(1835,1840)』
 小泉八雲『ある保守主義者(1896)』
 チェスタトン『正統とは何か(1908)』
 森鴎外『妄想(1911)』
 エリオット『伝統と個人の才能(1919)』
 オルテガ『大衆の反逆(1929)』
 オークショット『保守的であるということ(1962)』

 [第三部 現代の保守派との対峙]
 現代の保守派の意見について検討していきます。

 西部邁『日本の保守思想(1991,2012)』
 中野剛志『反官反民』
 中野剛志『保守とは何だろうか』

 [終論]
 非「保守主義」者であることについて

 

 

 

 論文一覧 へ戻る

連絡先(E-mail):nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。

【主要コンテンツ】

《日本式シリーズ》

 『日本式 正道論

 『日本式 自由論

 『日本式 言葉論

 『日本式 経済論

 『日本式 基督論

《思想深化シリーズ》

 『謳われぬ詩と詠われる歌

 『公正考察

 『続・近代の超克

 『思考の落とし穴

 『人の間において

《思想小説》

 『思想遊戯

《信仰書シリーズ》

 『聖魔書

 『夢幻典

《その他》

 『思想初心者の館

 『ある一日本人の思想戦

 『漫画思想

 『ASREAD掲載原稿一覧

 『天邪鬼辞典

 『お勧めの本