地道な作業

| コメント(0)

 地道な作業が大切です。


 日本には、西行(さいぎょう)[1118~1190]という有名な歌人の僧侶がいました。

 彼の作品に、『山家集』というものがあります。

 岩波文庫からは、1928年に『山家集』が出ています。

 そして、2013年に『西行全歌集』が出ており、その中に『山家集』も掲載されています。

 かなりの年月が経過しており、やっぱり最新の方が読みやすかったりするのです。

 例えば、以下のような感じですね。


1928年版:かぐら歌に草とりかふはいたけれど猶其駒になることはうし

2013年版:神楽歌に草取り飼ふはいたけれど猶その駒になることは憂し


 というわけで、過去作品も、1928年版から2013年版に変更したりしました。

 具体的には、『日本式 正道論』『仏道』と、『日本式 言葉論』『心』です。

 こういった細かい作業を、長期休暇などにしていくわけです。

 見方によっては、病的ですね(笑)。


 ただ、こういった地道な作業が、言論をしていく上での武器になっていくわけです。


 

コメントする

カテゴリ

ウェブページ